ひとこと

  •  お相撲さんは格闘家であり、その素手は強力な武器であるわけだから、土俵以外の場所では、たとえ素手であったとしても他人を殴ってはいけないわけだし、ましてやその手に器物を掴んで凶器を使用してしまったら、言い訳はできないし、そもそもやり過ぎだし、卑怯ですらあると、私は思う。今回の件は、日馬富士にも同情すべき点は多々あると思うし、魔が差したのかもしれないが、鉄拳制裁はアウトだと思う。武道や格闘技は、暴力とは違うわけだが、角界の範たる横綱が暴力を行使しちゃあ言い訳できないよなあ。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« YouTube関係で便利なサイト(お世話になってます) | トップページ | ホノカ、少し良くなった? »

2014年11月 7日 (金)

ちょっと良い事を思いついたんだけれど、どなたかプロデュースされる方、いらっしゃいませんかね?

 今回は先生の都合でレッスンがありませんでしたので、例によって、フルートエッセイでお茶を濁したいと思います。

 フルートをやっている人間は、時折忘れてしまうのですが、フルートって、実にマイナーでニッチな楽器なんですね。

 確かにフルート人口というのは、我が国日本では、楽器愛好者の中では多い方です。人口的には、ピアノ・ギター・ヴァイオリンの次ぐらいに来ますが、ヴァイオリンとの間には広くて深い川が流れています。

 また、フルートは嗜む人間が多い割には、活躍できる場がそれほど多くありません。まず、ロックやJ-POP、演歌とは縁のない楽器です。いわゆるポップスなどでは、フルートは登場しますが、多くはサックス奏者がフルートを吹くことが多くて、フルート専業の人の出番はあまりありません。ジャズのフルートも、サックス奏者が兼ねるケースが多く、フルート専業の人は、とてもとても数少ないです。オーケストラや吹奏楽団には席がありますが、それでも各団体で1~2名もいれば十分、それ以上いても控えになります。

 おそらく、フルートって、極めて需要と供給のバランスが悪い楽器(つまり、競争の激しい楽器)なんだろうと思います。これがコントラバスとかファゴットだったら、引く手数多の人気者になれるんでしょうがねえ…。

 これは元々、フルートが活躍する(クラシック音楽を含む)洋楽の世界では、フルートって、それほど重要でもなければ、人気もほどほどの楽器なんだ…という事なんだろうと思います。そして、我が国日本では、本場ヨーロッパでは思いもつかないほどに、フルート大人気って事なんだろうと思います。

 考えてみれば、日本人って、太古の昔から、笛好きだよね。古典とか読むと、ほんと、昔から日本人は笛を吹いて遊んでます。おそらく、我々のDNAの中に笛を愛する感情が最初から組み込まれているのではないでしょうか?

 それに加えて、フルートって金属製でピカピカしているじゃないですか? これがヒカリモノ大好き女子に愛されるんですね。なので、日本の笛吹きさんの大多数が女性なのも、そんな事が原因なんだろうなあって思います。

 さて、それほど日本人に愛されているフルートですが、洋楽の性質上、どうしてもマイナーでニッチにならざるをえないのが現状です。

 フルート教室でフルートを習って、年1回の発表会を楽しみにしている人、多いですね。それに物足りず、アマオケや吹奏楽に潜り込めた人はラッキーですが、そこに行けなかった人たちは、フルートアンサンブルという、楽しい世界に行くわけですが、この世界が、またマイナーでニッチだったりするんです。

 「フルートとそれを取り囲む世界がマイナーでニッチでもいいじゃん」

 まあ、確かにその通りなんだけれど、私はなんとなく、フルートとフルート奏者が、もう少し知名度をあげて、一般の方々に愛されるようになって、もっと活躍できる場が広がるといいなあ…って思います。だって、フルート人口がいくら多いとは言え、せいぜい50万人かそこらなんだそうです。日本の総人口は1億2千万人だそうだから、フルート奏者なんて、2400人に1人って割合です。いやあ、少ない少ない。

 そのためには、何をどうすればいいのか考えたけれど、私が個人でできる事って、たぶん、ほとんどありません。まあ、このブログを読んだ声楽オンリーの人が、フルートにも興味関心を持ってくれるようになる…程度かな? とにかく、私の影響力って、無さ過ぎなんだよ(笑)。

 そこでアレコレ考えたんだけれど、フルートアイドルって、どんなもんでしょうね。歌って、踊って、フルートも吹いちゃうアイドルグループって、どうよ? そういうアイドルって、今までいなかったら、かなり斬新だし、結構受けるんじゃないかな?

 もちろん、主軸は“フルート”ではなく“アイドル”ね。アイドルがフルートを吹いているのが良いのであって、フルート吹きがアイドルになっちゃダメだと思う。少なくとも、音大卒業しちゃったような人はダメね。まだティーンで、フルートも吹くけれど、歌やダンスの方がメインです…って感じの子たちのグループですよ、それを作って売り出す。ほんと、どーですかね?

 自分たちの持ち歌の間奏を吹いちゃう程度でいいんですよ。そういうグループがあったら、面白くない? フルートだけじゃバリエーションがないなら、フルートにサックス、クラリネット、トランペットなど、手持ちOKな楽器の子も加えて、パイパーズとか名乗ってみたりしてね。

 こんなグループだったら、アイドル好きな男子はもちろん、吹奏楽女子もファンに取り込めるんじゃないの? うまくいけば、きっと某大手楽器店もバックアップしてくれるだろうし。

 そうやって、フルートを、もっと陽の当たる場所に出す事で、マイナーでニッチな楽器から、メジャーで多くの人が楽しめる楽器になっていくと思うんだよね。

 どうでしょうか? フルートアイドル、ダメですか?

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

« YouTube関係で便利なサイト(お世話になってます) | トップページ | ホノカ、少し良くなった? »

フルートのエッセイ」カテゴリの記事

コメント

AKB48のお嬢様方が、
フルート、サックス、クラリネット、等々を抱えて、
吹いたり、歌ったり、踊ったりしたら?

最初は聞くに堪えない酷い演奏かもしれないけれど、
だんだん上達してきて、なかなかいいかも?

で、それに触発されて、ファンの男子女子が、
フルート、サックス、クラリネットを始めて、
一大ブームになったりして?

てな感じでしょうか?
♪ヽ(´▽`)/ ♪♪(~▽~@)♪♪ρ( ^o^)b_♪♪ヽ(*´▽)ノ♪へ(*^▽^)/★*☆♪

フルートにギターでデュオ・・・Utubeにも色々アップされてまして良いですね
ちょっとギターのハードルが高いかな?

>歌って、踊って、フルートも吹いちゃうアイドルグループ

そうですねっ、それでパーッとかっこいいアンサンブルなんかやってくれちゃったりするとフルート人気一気急上昇となるやもしれませんねっ。
ていっても、フルートって音が鳴るしくみ?がとてもとても繊細な楽器ですからねえ・・・・。とはいっても若いみそらの高校生くらいのブラスバンド程度の技術では、とてもフルートの深い音は鳴らせないでしょうし。

横笛は理想の音色とホンキで向かい合うととたんにどうしても精神的にストイックにならざるをえないと思うんです。楽しくかっこよく、とストイックは両立させるのは難しいですよ。なかなか難度高いですよ。まず、演奏中の顔がなんともなりません。いくらニコニコしても楽器が口元を塞いでいたら伝わらないです。かといって、はげしく動くと暗部シュアがずれてしまうし。やっぱりフルートはお行儀のいいマジメな楽器なんだと思います。だから日本人の気質に合ってるのではないでしょうかねえ。

operazanokaijinnokaijinさん

 そうそう、AKBの皆さんが楽器を持って歌い踊るんですよ。絶対に受けると思うんですよ。

>最初は聞くに堪えない酷い演奏かもしれないけれど、

 いいんですよ、それで。アイドルとは完成品ではないのですから。成長する姿をファンが見守ることができるのがアイドルなんですから、最初は下手くそでいいんです。で、上達したら、次の下手くそ新人と交代していくんです。そうして、フルートの吹ける芸能人が増えていくことが、フルート人口をさらに増やしていくんですって。

河童さん

 ギターは…ちょっと違うかも。ギターが入ると、バンドっぽくなっちゃうでしょ? バンドっぽくなったら、人気出ませんよ。だって、踊れないもの。やっぱり、アイドルは踊ってナンボでしょ? だから、楽器は持っても、手持ちサイズの楽器がいいと思いますよ。そういう点ではフルートはなかなか良いと思ってます。

 でも、アイドル抜きにしたら、フルート+ギターはいいですね。以前習っていた笛先生が、よくギタリストさんと二人っきりのコンサートをやってましたし、よく聞きに行きましたが、ギターとフルートって、あれで案外、相性いいんですよね。ただし、一挙に音楽はブラジルっぽくなりますが(笑)。

だりあさん

>若いみそらの高校生くらいのブラスバンド程度の技術では、とてもフルートの深い音は鳴らせないでしょうし。

 別にそれはいいんじゃないでしょうか? 誰も若いアイドルちゃんに深い音は求めませんって、そういうのは、しっとりした大人のフルーティストさんに任せましょう。若い子は、元気いっぱいで若さに任せてフルートを吹き飛ばせばいいんですよ。

 あくまでも、アイドルが担当するのは、入り口です。

>やっぱりフルートはお行儀のいいマジメな楽器なんだと思います。

 それには同意します。居住まい正してシラフで吹くのが横笛ですよね。紫煙の中、酒をくらいながら演奏するってタイプの楽器じゃないですね。でも、そういうフルートの真面目な部分、私は大好きですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« YouTube関係で便利なサイト(お世話になってます) | トップページ | ホノカ、少し良くなった? »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん