ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« カラオケも捨てたものじゃない | トップページ | 登場人物が二人もいるんです »

2014年10月28日 (火)

息のスピードをあげて歌おう!

 クラシックコンサート後、始めての声楽のレッスンに行ってきました。

 先生に本番の音源CDを渡して、コンサートの感想を話しました。先生からは「いかがでしたか? アマチュアの方は、たいてい、練習以上の力を本番では発揮するんですよねえ…」とおっしゃるので、「いきなり歌い出しの歌詞を間違えました」とか「上がる予定のない音を、ついうっかり上がってしまいました」とか「二重唱の声のバランスが悪すぎました」とか答えました。

 「譜面台を使わずに暗譜で歌われたのですか?」って尋ねられました。はい、暗譜です…ってか、あそこの舞台では、歌の人はたいてい暗譜ですからね。二重唱の声のバランスが悪い…と話した時は、ちょっと考えこまれたようです。まあ、これは考えたところで簡単に解決できる問題ではないのですがねえ…。

 さて、それはともかく、レッスンです。

 今回のレッスンでは“ノドを開ける”というのを、かなりしつこくやりました。とにかく、ノドを開けるんです。クチの先ばかりではなく、ノドの奥をガッと開けるんです。特に上行音形の場合、次の音に移る前に、次の音のためにノドを事前に開けておくというのを散々やりました。もちろん、一度開けたノドは下降音形であっても頑張って狭める事はしません。

 また、ノドを開けるにしても『下に開ける』のと『上に開ける』の二方向の開け方があるわけだけれど、これも片方だけに偏らずに、両方開けられるように何度も練習をしました。しかし、両方一度に開けるというのは、なかなか難しいです。やはり、私的にはまず下を開けて、そこからグルンと回しながら上に持って行って開ける…というのがやりやすいのですが、これは果たして正しいやり方なのだろうか? まあ、ノドを開けるのだって、筋肉の運動だから、慣れれば簡単にできるようになるのだろうけれど、未だに腹筋を入れるのが苦手な私だから、そう簡単にできるようにはならないだろうなあ…。(先は遠い)

 さて、歌のレッスンです。「どちらからやりますか?」と尋ねられたので、最初は、ドゥランテ作曲の「Danza, fanciulla gentile/踊れ、優しい娘よ」をお願いしました。この曲をきちんと歌える…というわけでもなく、あくまでも比較すれば、ガスタルトンよりもドゥランテの方が、多少なりとも譜読みが進んでいる…と言った程度の話ですが、ひとまず、こちらにしました。。

 まずは通して歌ってみました。自宅練習でもきちんと歌えてませんが、レッスンではもっと歌えていません。理由は練習不足、つまり『歌い慣れていない』『速さに対応しきれていない』『クチが回らずに歌詞が言えていない』などがあって、あっちこっちガタガタな歌となってしまいました。

 先生曰く「息のスピードが足りない」のだそうです。この曲は、声の大きさとか、力強さとかは特に必要なく、息のスピードが必要な曲なんだそうです。それも画一的な速さではなく、曲想に応じた速い息が必要との事です。

 具体的に言えば…

 歌い出しはトップスピードの息で歌います。

 Sottile al suon で、ギアをローに入れて、ゆったりとした息で歌います。

 Senti il vago でギアをセカンドに入れて、やや速めの息で歌います。

 guido suon で再びギアをローに入れて、ゆったりと…

 と、まあ、こんな感じで息の速度を曲想に合わせながら切り替えて歌っていくのだそうです。まあ、息の速度の切り替えなんて、この曲に限った事ではないのかもしれないけれど、この曲では、特に顕著だという事なんだと思います。

 しかし、今まで息のスピードを意識的に切り替えながら歌ったことなんて無かったから、実に新鮮な気分です。それに、息のスピードを変えるだけで、こんな歌い方って変わるんだなあって思いました。

 それにしても、この曲のテンポは速いです。あんまり、速くて、まだまだ、その速さに対応しきれていません。時折、音程が乱れるのですが、テンポをゆっくりにして歌えば、案外きちんと歌えているものです。しかし、テンポを上げた途端に、音程がグチャグチャになる…わけです(汗)。まあ、練習ではゆっくりと歌い、次第にテンポを上げて、最終的には正規のテンポでも音程の乱れなく歌えるようになれば良い…ってわけです。

 でもこの曲、結構気に入りました。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« カラオケも捨てたものじゃない | トップページ | 登場人物が二人もいるんです »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カラオケも捨てたものじゃない | トップページ | 登場人物が二人もいるんです »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん