ひとこと

  •  いよいよお盆休みもお終い。なんか残念。あの楽しかった夏の日は、もう終わり。また日常生活が始まるわけだけれど…ううむ、発表会とクラシックコンサートの準備が…。生活はいつもの日常生活に戻るけれど、その中で、着々と発表会とクラシックコンサートの準備に備えていかねば…。がんばろーっと。

お知らせ

  • ●F門下&Y門下合同発表会は、2017年9月9日(土)に行われます。●13時開場、13時30分開演です。●場所は、神奈川県の鶴見区民文化センターサルビアホールの音楽ホールです。JR京浜東北線鶴見駅、あるいは京急鶴見駅のすぐそばのホールです。●私は、後半(第2部)の2番目に二重唱「私は貞淑な人妻」を歌い、9番目で「おお祖国よ(ダニロ登場の歌)」[マキシムの歌です]を歌って、11番目に二重唱「愛のワルツ」[メリー・ウィドウ・ワルツです]を歌う予定です。●私自身は発表会の後半~終盤にかけて歌いますが、今回のホールは小さい(100席程度)のため、ゆっくり来られると、立ち見、あるいは入場制限がかかる怖れがあります。一応、入場には整理券が必要という建前になっていますが、出演者の知り合いなら、整理券がなくても入場できますので「メリーウィドウの人を応援に来ました」と言えば、よっぽど混雑していない限り入場できるはずです。●なお、リアルに私の知り合いの方は、おっしゃっていただければ、入場整理券を差し上げますので、ご連絡ください。●どなた様も応援よろしくお願いします。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 様式うんぬんには…こだわれないだろうなあ | トップページ | サクラが死にかけてました(涙) »

2014年10月 3日 (金)

例の動画の話題で、ちょっぴり盛り上がりました

 フルートのレッスンに行ってきました…よ。

 ああ、眠い眠い、それにしても眠い。あんまり眠いけれど、頑張ってレッスンに行ってきました。以前、笛先生に習っていた時は、フルート吹きながら、寝ちゃった事があるけれど、今回の眠さは、それに近い感じで、フルートを吹きながら、時折「ここはどこ? 私は誰?」状態になっておりました。

 とにかく、レッスンそのものは、遅刻。先生をたっぷり待たせてしまいました(すんません)。当然、姉様はサッサとおかえりです。なので、先生と二人きりでロングトーン練習をやりましたが、まあ、そんな感じです。

 さっそく、エルステ・ユーブンゲンの5番です。当然、暗譜は出来ておりません。なので、最初は一人で吹いて、次に先生と一緒に吹いて、吹き終わったところで「次回はきちんと練習してくるように」と約束させられました。

 6番もひとまず吹きました。で、5番と6番を吹き終えたところで「今日は音が良くないね。鳴らそう鳴らそうとしすぎだよ。もっと響きで吹かないとね」と言わました。実は私、今回は優しくフルートを響かせようと、かなり意識してゆっくりめに優しく吹いたのですが、その結果が「鳴らし過ぎ」ですから、なんかもうよく分かりません。

 とにかく、今回の私の音はダメダメだったみたいです。まあ、秋のアレルギーの季節だし、色々ダメでも仕方ないわな。

 プチ・エチュードは6番。こちらはさすがに合格しました。ミスブローをゼロにはできませんでしたが、まあまあの出来だったようです。

 今回、この6番を吹きながら思った事は『ブレス記号は“息を吸う”記号であって、ここでは息を吐かない。休符は音をやめる記号だけれど、息に関して言えば、“吐き出していい”記号じゃないかな?

 つまり、ブレス記号だけの箇所は、息を吸うだけで、すぐさま次のフレーズに取り掛からないといけませんが、休符は、肺の中にたまった空気を吐き出すことが許されている記号なんじゃないかと…思いました。(合ってますか?)

 6番が合格なので、先生が7番を模範演奏してくださいました。なんか、難しい。八分音符が、通常のものと三連符とが、なんか混ざっているっぽい(いやん)。

 さて、今回の雑談は、この画像について(笑)。いや(笑)と書いたけれど、とても笑い事じゃ済まないんだな、これが。

 動画の中に解説もあったので、それを見ると分かりますが、この事件は、2014年カール・ニルセン国際フルートコンクールでの出来事だったそうです。フルート奏者は、日本の大田幸江さん。結果は2位だったそうです。

 H先生と、この動画をネタに話をしました。

 「演奏中に蝶が顔にとまるなんて、よくあるんですか?」

 「いや、まずないね。でも、虫を吸い込んでしまったとかは、よくあるよ」

 「虫ですか? むせませんか?」

 「虫と言っても、蚊とか、そういうヤツ。クチの中に入って、なんかイヤな感じはするね」

 「そんな時は演奏を止めますか?」

 「いや、止めるほどじゃないよ。でも、あの蝶のヤツは、止めても良かったと思うし、止めたからと言って、アレはコンクールでは減点にはならないよ。ところで、結果はどうだったの?」

 「2位だったそうです」

 「え? 2位だったの…(以下自粛)。とにかく、失格にならなかったのはよかったね。あれで失格だと、蝶のせいって事になって、悔やんでも悔やみきれないだろうね」

 しかし、これからネットで『フルート 大田幸江』とか検索かけると、いつもこの動画がヒットするようになるんだろうね。これで腐らずに、むしろ蝶を持ちネタにして、自分を売り込んでみたらいいんじゃないかしら? なにしろ、これで“顔と名前”を覚えてもらえたわけですからね。後は自分の頑張りだ! ファイト。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

« 様式うんぬんには…こだわれないだろうなあ | トップページ | サクラが死にかけてました(涙) »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

この動画の件はここで初めて知りました。
最近ほとんど会話がなくなってしまったかみさんに聞いたら、かなりTVで放送されてらしいです。話そうとしていて忘れたとか。

屋外ではなくてホール内で演奏しているところで、蝶が飛んでいて、かつ演奏者の顔にとまる、というのは日本国内では信じられないというか想像できません。

ただ演奏が曲の途中から始まって突然切れてしまうので、別の演奏を聴きなおしてしまいました。
Pierre Sancan Sonatine 2nd mvt, Pahud-Flute
https://www.youtube.com/watch?v=xVVLh53ZDiQ

比較のコメントはとてもここでは書けません。Emmanuel Pahud(b.1970-)以前と以降で笛吹きの世界というか世代が変わった、ような話が佐渡裕の「題名のない音楽会」で紹介されていました。Pahudも40才過ぎてしまいましたが、その次というと最近フルートのコンクールもリサイタルも聴かなくなってしまい、よくわかりません。

失礼しました。

tetsuさん

 いわゆる“口直し”ってヤツですね。分かります。やはり、音楽は最初から最後まで通して聴くもので、途中から始めて、途中で終わるようなのは、勘弁ですね。

 比較のコメントは…比較するのが間違っているんですよ。かたや世界のトッププロ、かたやこれからデビューしようとするプロの卵さんですよ。大目に見てあげてください。

>Emmanuel Pahud(b.1970-)以前と以降で笛吹きの世界というか世代が変わった、ような話が

 確かに、それ以前の笛吹きさんとは雰囲気が違いますよね。そういう意味では世代が変わったんでしょう。それはフルート曲の(現代曲による)レパートリーの拡大とも関係していると思ってます。

こんばんは。

補足です

> かたや世界のトッププロ

演奏の比較にどのような意味があるのか、は別の問題かとおもいます。
ただコンクールの画像、ということで、Pahudは神戸のコンクールでたまたま聴いていて、そのときとの比較でした。
当時のプログラムの日本語カタカナ表記はポー、写真は正面向いていなくてこれはこれで衝撃でした。
その後BPO入らなければよかったのに、と元師匠と話したことがあります。生活が安定するのは確かでしょうが。
当時はブイブイ言わさず、もっと軽く吹いていたような記憶があります。
昔話すぎですが、でも演奏はキョーレツでした。

失礼しました。

tetsuさん

>Pahudは神戸のコンクールでたまたま聴いていて、そのときとの比較でした。

 あ、今現在の功成り名を成した後のパユじゃなくて、コンテスタント時代のパユとの比較でしたか、了解。

>当時はブイブイ言わさず、もっと軽く吹いていたような記憶があります。

 へえー、パユのフルートって、“ねじ伏せるような演奏”というイメージが私にはありますが、昔はそうではなかった…って、今も昔も、パユは生で聞いたことがないので、偉そうな事はいえませんね(恥)。

 パユは生で聞いてみたいですよ。CDやネット音源だと、本当の音色なんて分からないものなあ…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 様式うんぬんには…こだわれないだろうなあ | トップページ | サクラが死にかけてました(涙) »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん