ひとこと

  •  いよいよお盆休みもお終い。なんか残念。あの楽しかった夏の日は、もう終わり。また日常生活が始まるわけだけれど…ううむ、発表会とクラシックコンサートの準備が…。生活はいつもの日常生活に戻るけれど、その中で、着々と発表会とクラシックコンサートの準備に備えていかねば…。がんばろーっと。

お知らせ

  • ●F門下&Y門下合同発表会は、2017年9月9日(土)に行われます。●13時開場、13時30分開演です。●場所は、神奈川県の鶴見区民文化センターサルビアホールの音楽ホールです。JR京浜東北線鶴見駅、あるいは京急鶴見駅のすぐそばのホールです。●私は、後半(第2部)の2番目に二重唱「私は貞淑な人妻」を歌い、9番目で「おお祖国よ(ダニロ登場の歌)」[マキシムの歌です]を歌って、11番目に二重唱「愛のワルツ」[メリー・ウィドウ・ワルツです]を歌う予定です。●私自身は発表会の後半~終盤にかけて歌いますが、今回のホールは小さい(100席程度)のため、ゆっくり来られると、立ち見、あるいは入場制限がかかる怖れがあります。一応、入場には整理券が必要という建前になっていますが、出演者の知り合いなら、整理券がなくても入場できますので「メリーウィドウの人を応援に来ました」と言えば、よっぽど混雑していない限り入場できるはずです。●なお、リアルに私の知り合いの方は、おっしゃっていただければ、入場整理券を差し上げますので、ご連絡ください。●どなた様も応援よろしくお願いします。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 登場人物が二人もいるんです | トップページ | 現実はなかなかエグい?[2014年10月の落ち穂拾い] »

2014年10月30日 (木)

何も考えずとも、グリーンランプが点灯するようになっていました

 さて、フルートのレッスンに行ってきました。この一週間、忙しかったけれど、それなりに練習をしてレッスンに臨みました。

 いつもは、お教室に入るとすぐにフルートを組み立てて、レッスン開始ですが、今回は私がお教室に着いた時、先生はコーヒーを召し上がっていたので、しばらく一人でフルートを吹いていました。せっかく一人の時間があったので、チューナーを取り出して、ピヤ~って吹いてみました。

 いやあ、何も考えずに吹いても、きちんとチューナーのグリーンランプが点灯しますね。うれしい、うれしい。フルートを始めたばかりの頃は、いくら頑張っても正しい音が出せずに、チューナーのグリーンランプなんて夢のまた夢だったのに、今じゃあ、ピヤっと吹いても、ドンピシャリだもんね。私も上達したものです。

 ロングトーン練習は先生と行いました。高音域に入ったところで先生から「無理に鳴らそうとしないように」と注意を受けました。フルートが鳴りづらいからと言って、力づくで鳴らしてしまうと音色が壊れるので、鳴りづらかったら、鳴りやすいところを探して吹きなさい…ってことです。

 力づくは、フルートにも女性にも嫌われるわけだ(爆)。

 で、エルステ・ユーブンゲンは5番です。練習はしてますが、まだまだ暗譜には至っていません。ですから、いつもどおり、先生の前で楽譜をガン見しながら吹きました。吹き終えたところで、楽譜から遠ざけられて「一緒に吹いてあげるから、音を探しながらついてきなさい」と言われて、暗譜と言うよりも、音を探しながら吹きました。4段目ぐらいまではなんとかついていけたのですが…結局、最後までたどり着けませんでした。次回までには頑張って暗譜してくるぞ。

 6番も楽譜ガン見で吹きました。

 「簡単な曲を吹くのって、楽しいでしょ?」

 確かに楽しいかも。何しろ、純粋に自分の音に酔えますからね(ナルシーかい:笑)。

 プチ・エチュードは7番です。音符の音程間違いが二箇所。休符の長さ間違いが一箇所。転んじゃったところ多数…でした。全般的に練習不足かな? しっかり吹き込んでおかないとね。

 さて、前回、行方不明になったパピヨンちゃんの話をしましたが、結論から言えば、その後、すぐに見つかったそうです。

 先生のオタクのパピヨンちゃんは座敷犬です。首輪もしていなければ鎖にもつながれていません。先生のお屋敷の中を自由に動き回っているのだそうです。動き回ると言っても、建物の中ばかりに籠っているわけではなく、庭に出てよく遊ぶんだそうです。でも、決してお屋敷の敷地からは出ないワンちゃんだったんだそうです。

 で、ある日、先生のお屋敷の庭に大きなバイクが乗り付けてきたんだそうです。パピヨンというのはワンコですが、チキンなワンコなので、バイクに驚いてお庭から飛び出してしまって、戻れなくなってしまったようなんですね。

 ビックリして、お庭から飛び出したのはいいけれど、戻り方を知らないパピヨンちゃんは仕方なく自宅周辺をウロウロしていたのだそうです。家の人は、パピヨンちゃんが外に出てしまったとは、すぐには気づきませんでした。パピヨンちゃんが自宅周辺をウロウロしているうちに、そばを車が通りかかったんだそうです。その車のドライバーさんが、パピヨンちゃんを見て、これは野良犬ではなく、どこかの家の飼い犬が逃げ出したに違いないと思って、パピヨンちゃんを抱っこして車に載せて、最寄りの獣医さんに預けたのだそうです。

 預けられた獣医さんは、H先生の自宅近くの獣医さんでしたが、そこはかかりつけではなかったので、パピヨンちゃんを見ても、飼い主の見当がつかず、結局、動物保護センターに送られてしまったのだそうです。

 一方、先生の方でも、パピヨンちゃんがいなくなってしまった事に気づき、近所を探しますが、すでに保護された後なので見つかるはずもなく、警察とかかりつけの獣医さんに届けたのだそうです。で、かかりつけの獣医さんが、動物保護センターに問い合わせたところ、該当するワンコちゃんが保護されているというので、慌てて迎えに行ったんだそうです。

 動物保護センターで見つけられた時のパピヨンちゃんは、もうかわいそうなくらいに恐怖で身震いしていたのだそうです。まあ、チキンなハートのワンちゃんだからね…。

 何はともあれ、すぐに見つかって、よかったですね。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

« 登場人物が二人もいるんです | トップページ | 現実はなかなかエグい?[2014年10月の落ち穂拾い] »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 登場人物が二人もいるんです | トップページ | 現実はなかなかエグい?[2014年10月の落ち穂拾い] »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん