お知らせ

  •  こちらのブログは2019年8月14日に終了しました。現在は引っ越しをし、こちらで活動しています。ブックマーク等の変更をお願いします。また、こちらのブログにコメントをされてもお返事しかねますので、コメントは新しい現在のブログにしていただきますように、お願いします。

« フルートの音色を磨きたければ、まずは腹筋を鍛えること | トップページ | なぜ秋田の人は、学力が高いのに、大学に進学しないの? »

2014年9月27日 (土)

サクラの睡眠スタイルが変わったようです(笑)

 サクラ…我が家の古参金魚兼巨大金魚です。丹頂という種類の金魚で、私の握りこぶしよりも大きな図体をしていますが、至って元気で、巨大魚だけれど、さほど太っていなくて、まあいい感じの金魚さんです。

 ただ、図体はデカイのに、気の弱い女の子なので、歴代のオスたちに、あれこれとアタックされて、結構カラダはボロボロ、メンタル弱めなんですね。

 割りとつい最近まで、サクラが休息(つまり睡眠)を取る時は、金魚フィルタのポンプの管に下腹を密着させて、上向きになって寝ていました。おそらくポンプ管の影に隠れているつもり…だったんだろうと思います。魚の本性として、身を隠して休息をしたい…わけです。でも、ウチの水槽は、ドジョウが身をひそめる場所は用意していますし、小型魚が隠れる場所も用意してありますが、サクラのような巨大魚が隠れられるような場所は…さすがにありません(笑)。で、サクラなりに色々と考えて、ポンプ管の裏側に身を隠しているつもりになっていたのでしょう。

 実際には、全く隠れられていませんが、それしかないなら、それはそれで仕方のない事なんだと思います。とにかく、ポンプの管を発射台に見立てると、まるでこれから発射予定のロケットのようでした。

 それが最近は、ロケットのものまねは止めて、普通に水平状態で休むようになりました。ただ、普通に水中に漂っているのではなく、水面近く…と言うか、水上に背中を出して休むようになりました。

 やっと、ポンプ管の裏には隠れられない事を悟ったようです。ただ、水中に漂っていたり、水底に沈んで休んでいると、他の子たちとぶつかってしまう(ちょっかいを出されてしまう)ので、水面近くで漂っているんだろうと思われます。もっとも、尾ビレ、腹ビレが長くて、カラダは水面にあっても、ヒレは水底まで届いているので、邪魔は邪魔のようですが…。

 まあ、金魚的に、上向いたまま寝るのは疲れるでしょうから、たとえ水面近くで、背中が完全に水上に出ていたとしても、水平に近い姿勢で休める方がいいんじゃないかって思います。

 それにしても、今年の夏は暑かったですね。他の三匹はともかく、サクラはだいぶ体力を奪われたようで、毎日が色々とシンドそうです。

 頑張れ、サクラ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« フルートの音色を磨きたければ、まずは腹筋を鍛えること | トップページ | なぜ秋田の人は、学力が高いのに、大学に進学しないの? »

コメント

はじめまして。

金魚って自分で育てるから愛着がだんだんと
湧いてきますよね。


私も何匹もかっていました。


どれも可愛かったですよ。

また訪問しますね。

無料情報で、お小遣い稼げる.comさん、変わったハンドルネームですね。

 金魚は可愛いですね。ほんと、可愛いと思いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フルートの音色を磨きたければ、まずは腹筋を鍛えること | トップページ | なぜ秋田の人は、学力が高いのに、大学に進学しないの? »

フォト
無料ブログはココログ