ひとこと

  •  サクラ…終わっちゃいましたね。で、サクラが終わると同時に、私の花粉症も治まってしまいました。サクラが終わるのは残念だけれど、花粉症が終わるのは嬉しい私でした。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 学歴が低いと結婚できないの? | トップページ | 伴奏者さんを“ピアニストさん”と呼ばないと、失礼なんでしょうか? »

2014年9月22日 (月)

iPod Classicがカタログから消えました!

 この秋、アップル社から、iPhone6とApple Watchが新発売される事になりました。めでたい事です。そして、来るモノがあれば去るモノもあるわけで、ひっそりと“iPod Classic”がアップル社のカタログから消えました。つまり、後継機種が販売されない限り、iPod Classic は店頭在庫がなくなり次第、販売停止となるわけです。

 つまり、iPod Classic が入手不可能となるわけです。ガビーンっ!

 皆さんは、携帯音楽プレイヤーとして、何をお使いですか? 私は iPod Classic を使っています。だって、手のひらサイズだし、大容量だし、何よりも私は音楽を自宅パソコンの iTunes で管理していますので、iPod Classic だと、色々と都合がいいわけです。

 私が iPod を使い始めたのは、iPod がUSBに対応し始めた第4世代からです。最初に買ったのは、当時最大容量を誇っていた40GBの白黒液晶タイプでした。次に60GBのカラー iPod に買い替え、次にビデオ再生可能な80GBの第5世代に乗り換え、次に160GBの第6世代、つまりiPod Classicに乗り換えました。最初に購入したiPod Classicはバッテリーがヘタってしまったので、現代使っているのは二台目の iPod Classic です。もう、iPod を使い始めてから、10年は経ったと思います。

 今では、iPod Classic の無い生活は、私にはちょっと考えられません。それなのに、この世から iPod Classic が消えてしまいます。私、ちょっとしたパニックになってしまいました。

 おそらく、Apple社的には、iPod の役割が終わった、製品寿命を終えた、と判断したのでしょうね。

 私が思うに、今の時代、携帯音楽プレイヤーとして、iPod Classic を使っている人って、おそらく、そんなにいないんでしょうね。

 iPod Classic って、iPhone とほぼ同じ大きさなんですよね。iPhone なら、電話もできるし、アプリも使えるし、音楽も聞けるのに、iPod Classic は音楽しか聞けないんです。

 一方、同じ iPod でも、生き残っている iPod shuffle や iPod nano は音楽しか聞けないけれど、iPhone や iPod Classic よりも小型軽量だし、iPod Touch は電話こそ出来ない Wi-Fi専用機(つまり回線業者との契約が不要)だけれど、後は iPhone とほぼ同じです。

 確かに、こんな状況じゃあ、iPod Classic は、存在価値が薄いよね。

 それでも今まで、なんとか iPod Classic が生き残っていたのは、容量にアドバンテージがあったからでしょう。だって、iPod Classic の記憶容量は、160GBなんだよ。一方、iPhone は、直近の iPhone5s でも最大容量は64GBで、容量的には全く勝負にならなかったわけだ。

 ところが、最新の iPhone6 で、iPhone の最大容量は128GBになりました。現行の iPod Classic は確かに160GBで、iPhone6 の128GBよりも大きいです。しかし、部品供給の都合もあったのかもしれないけれど、一時、iPod Classic の160GBタイプがカタログから消え、120GBタイプが最大容量だった時期もあるわけで、それを考えると、ついに iPhone の記憶容量が iPod Classic に追いついた…とも言えます。

 そうなると、iPhone に対して、最大容量でしかアドバンテージの無かった iPod Classic は、消え去るしかないのは…理屈ではよく分かります。

 でも、でも、寂しいです。

 私は、今使っている iPod Classic を、当分は使っていくでしょう。と言うのも、携帯電話は iPhone を使っている私ですが、人柱にはなりたくないので、まだ当分は iPhone5s を使っていくつもりだからです。しかし、いつまでも iPhone5s を使っていけるわけもありません。やがては iPhone6 PLUS あたりに乗り換えるかな? 乗り換えれば、当然128GBタイプのものにするだろうから、その段階で、iPod Classic とは、さようならって事になるんだろうなあ…って思ってます。

 iPod が無くなる。かつて、一世を風靡した[カセットテープ型の]ウォークマンが消えたように、iPod が消えていきます。そして、時代は確実に移り変わっていくのでした。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« 学歴が低いと結婚できないの? | トップページ | 伴奏者さんを“ピアニストさん”と呼ばないと、失礼なんでしょうか? »

その他」カテゴリの記事

コメント

あー・・・ついになくなるんですか・・・
160Gの容量は圧倒的でしたけども、これも時代ですかねえ・・・

椎茸さん

 そうなんです、無くなっちゃうんです。なので、やっと今は、iPhoneの最大容量が120GBになったばかりですが、できれば160GB、いや、アプリ分も入れれば、もっともっとなわけで、200GBとかそれ以上とかの容量になって欲しいなあって思います。

 音楽を持ち運ぶ事を考えれば、容量なんて、いくらあっても足りないくらいですからね。

 そういう発想をしちゃう私は、だから、オッサンなんだよなあ。きっと若い子は「音楽なんて、クラウドに置いとけばいいじゃん」とか考えるから、そんなに大きな容量を必要としないんだろうね。だいたい、使いもしないメモリを搭載していると、値段ばかりがかかってしょうがないから、売れないし…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 学歴が低いと結婚できないの? | トップページ | 伴奏者さんを“ピアニストさん”と呼ばないと、失礼なんでしょうか? »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん