ひとこと

  •  結局、選手は使い捨てなのか…と言われても仕方ないのが、先日福岡県で行われた「プリンセス駅伝 in 宗像・福津」でのスタッフの対応です。岩谷産業の選手が、足を骨折して、途中から四つ這いになって、膝を血だらけにしながらたすきをつないだ…って奴で、一部では美談になってますし、あれで感動した人も大勢いるようですが、私はあれはとんでもない話だと思ってます。選手は右脛骨を骨折して立てなくなって、それで四つ這いだそうですが、脛骨ってスネの骨で太い骨です。これが折れた段階でレースは棄権でしょ? 実際、レースの様子を見ていた監督は、すぐに棄権を申し出たそうだけれど、それが途中でうやむやになってしまって現場の審判に届かず、結局、レースは続行されたそうです。おかしくねえ? 監督の申し出がうやむやになってしまう運営って、絶対におかしいよね。それって監督がいる理由がないよね。だいたい、選手が自分から棄権することはないし、たとえ監督の意思が確認できなくても、足の骨折って四つ這いでしか前進できない選手がいた段階で、その場でドクターストップでいいじゃないの? それとも駅伝のレースって、ドクター無しで運営しているわけ? 駅伝じゃあ、そんなに選手の安全って軽いんだなって思いました。才能ある選手は、駅伝には近寄っちゃダメだよ。潰されてお終いになりかねないわな。
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ホノカが威張ってます | トップページ | そもそもフルートに名曲があるのか! »

2014年9月14日 (日)

老後の心配について心配してみた[2014年9月第2週・通算19週]

体重:112.6kg[-0.2kg:+1.4kg]
体脂肪率:32.1%[+0.8%:+0.9%]
BMI:35.5[-0.1:-0.6]
体脂肪質量:36.1kg[+0.8kg:+1.5kg]
腹囲:110.0cm[+2.0cm:+-0.0cm]
     [先週との差:2014年当初との差]

 先日、テレビで老人の生活について取り上げていたので、ちょっとばかり自分の老後の生活が心配になりました。で、そばにいた妻に「貯金って、どれくらいある?」と聞いたら「全く無い!」と実に清々しい答えでした。あちゃ~。

 まあ、私が現役で働いているうちは、日々の生活は給料でまかなえるし、特に多額のお金が必要な事もないだろうから、それに備えて貯金をしている必要もないのかもしれない。そんな貯金をする余裕があったら、バンバン使って日本経済を廻していく方が大切(完全にキリギリス的発想:笑)だし、もしも急に多額のお金が必要になったら、職場や銀行にでも相談して借金をすればいいわけだから、貯金については、そんなに心配しなくてもいいんだと思う。

 問題は、現役引退後だね。

 とりあえず、住む家はあるし、服もそれなりに持っているから、そんなに困ることはないでしょう。つまり“衣食住”のうち“衣”と“住”はOK。問題は“食”の部分ね。つまり、日々の“食”をまかなうだけの経済力の心配だな。

 まあ正直、日々の生活は年金でどうにかなると思う。確かに年金の支給額なんて、今の年収と比べると少ないけれど、それでも現役時代の半額程度はもらえるわけだし、妻も妻で年金をもらうから、二人合わせれば、それなりの収入になるわけで、それだけあれば生きていくのに支障はないはず。

 だって、借金は無いし、家も墓も持っているし、息子も当然独立しているわけだし、贅沢を言わなければ大丈夫。歌やフルートは今まで通りに習う事は金銭的に厳しくなるかもしれないけれど、まあそこはどうにかしよう。それに、どうしても習い事を続けたくなったら、チョコチョコ働いて、先生への謝礼分ぐらいは稼ぎましょう。それとも、どこぞの施設の顧問とか相談役とかになって、顧問料でもいただきましょうか(笑)。

 まあ、老後の貯金は無いけれど、退職金をいただけるだろうから、まとまった金としては、それを老後の貯金代わりに使えば良い。病気になっても、引退後の老人なら、各種福祉サービスがあるから、そんなに医療費もかからないだろうし、なるべく公的サービスを受けるようにすれば、それなりに生活できるだろうしね。

 問題は夫婦のどちらかが先に死んじゃった後の話だね。

 私が先に死んじゃっても、遺族年金というのがあるから、妻が受け取る私の分の年金が無くなってしまう事はないけれど、遺族年金って、生きてもらう分の3/4程度しかもらえないから、妻の年金収入は減ってしまう。まあ、私がいないから、支出も減るし気疲れもなくなって、生活は楽になるかもしれないけれど、収入が減ってしまうのは事実。それ以前に一人暮らしは寂しいだろうから、息子のところに転がり込むのが良いし、それが現実的な解決策だろうね。ま、私が死んだら、息子と仲良くやってほしいものだ。

 妻が先に死んじゃったら…私の場合、後妻を貰えばよい(笑)。いやあ、だって、金はそこそこあるよ。でも、身の回りのあれこれの世話をしてくれる人がいなくて困るわけだから、再婚すればいいだけの話でしょ。

 でも、しょぼくれたジジイの所に来てくれる女性がいなかったら、老人ホームに入るのもいいのかな? それに、老人ホームで彼女を作れば、後妻をもらわなくても、寂しくないものね。まあ、私の場合、息子よりも彼女だな(笑)。

 と言うわけで、ひと通り老後の心配をしてみたけれど、あんまり心配する必要はなさそうだと分かって安心しました。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« ホノカが威張ってます | トップページ | そもそもフルートに名曲があるのか! »

ダイエット&エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホノカが威張ってます | トップページ | そもそもフルートに名曲があるのか! »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん