ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« すとんが薦める初心者向けオペラ その1「道化師」 | トップページ | すとんが薦める初心者向けオペラ その3「愛の妙薬」 »

2014年8月11日 (月)

すとんが薦める初心者向けオペラ その2「椿姫」

 本日紹介するオペラは「椿姫」です。実は、昨日の「道化師」と、どちらを先に紹介しようかと悩んだほどのオペラです。

 「椿姫」もストーリーがしっかりとしたオペラです。それも恋愛ものです、悲恋ものです。ある意味「道化師」が男性向けのオペラだとしたら、「椿姫」は女性向けのオペラかもしれません。

 ストーリーは…大雑把に言ってしまうと以下の通り。

 恋愛の旬を過ぎてしまった年増の高級娼婦であるヴィオレッタは、ある日、田舎貴族の若者であるアルフレッドに求愛されます。二人の歳の差や、病魔に侵された我が身などを考えて、彼のことを忘れようとしたヴィオレッタだったけれど、彼の熱意に負け、娼婦をやめて田舎に家を買って二人暮らしを始めます。

 しかしアルフレッドはボンボンで世間知らずなため、ヴィオレッタの貯金を切り崩して田舎暮らしをしている事に気づかず、やがてヴィオレッタの貯金が底をつき、金策せざるをえない状況になってしまいます。そこへ、田舎からアルフレッドの父親であるジェルモンがやってきて、アルフレッドが留守の時に「息子が田舎で娼婦と暮らしているというのは世間体が悪く、近く控えているアルフレッドの妹の結婚にも支障が生じる可能性があるので、別れてほしい」と頼むわけです。元々、裏社会の身の上であったヴィオレッタは、泣く泣く承諾し、アルフレッドに手紙を残して、パリに戻り、元の高級娼婦に戻ります。

 ヴィオレッタに捨てられたと勘違いしたアルフレッドは、パリの社交界に急いでやってきて、人々の面前でヴィオレッタを大いに侮辱します。そこにジェロモンが現れて叱責され恥じ入ります。その後、決闘やらなんやかんやあって(笑)、ヴィオレッタは病状が悪化して、死の床に伏しています。残った財産のすべてを貧しい人々に寄付をし、後はあの世に旅立つばかりというところで、アルフレッドが登場。思わぬ再会に喜ぶ二人だったけれど、そこでヴィオレッタの命の炎は燃え尽きてしまい、最愛の人の腕の中で死んでしまうのでした。

 …ね、悲恋ものでしょ? このストーリーの上に、ヴェルディの珠玉の音楽が載るんですよ。素晴らしくないわけないじゃないですか!

 で、お薦めのDVDなんですが…今入手できるモノの中から選ぶとすると、やはりグルベローヴァのこのディスクでしょうね。

 本来ならば、ストラータス主演の映画版の「椿姫」をお薦めしたいのですが、残念ながら廃盤なんですよ(涙)。また舞台ならば、ナタリー・デセイの「椿姫」をお薦めしたいのですが、レコード会社の契約の都合なんでしょうね、輸入盤ならあるのですが、日本語盤が無いんですよ。

 私としては是非デセイの「椿姫」をご覧になっていただきたいです。もしも、興味のある方がいらっしゃったら…まず、この「椿姫ができるまで」という映画をご覧になってください。この映画は、デセイが演じる「椿姫」のメイキングを映画化したものです。メイキングだけで一本の映画になってしまうくらいにデセイのオペラ歌手としての魅力が詰まっている作品です。

 で、この映画を見た後に、実際に上演された「椿姫」がこれなんです。

 これ、いいですよ。ただし、日本語の字幕はありません。イタリア語に堪能か、英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語の読み書きに不自由なければ楽しめます。うむ、ハードル高いですね。とても初心者には薦められないチョイスですが…いいですよ、これ。

 というわけで、「椿姫」と言えば、このアリアって事で、デセイの歌う「花から花へ」です。ライブならではの“演奏の傷”が数箇所ありますが、それであっても、実に素晴らしい歌唱だと思いますし、役に没入して歌う“歌う女優”としての特性がよく分かるビデオだと思います。そう、オペラって、こんな感じなんですよ。

 ね、すごいでしょ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« すとんが薦める初心者向けオペラ その1「道化師」 | トップページ | すとんが薦める初心者向けオペラ その3「愛の妙薬」 »

歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« すとんが薦める初心者向けオペラ その1「道化師」 | トップページ | すとんが薦める初心者向けオペラ その3「愛の妙薬」 »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん