ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« さあ、これで秋のクラシックコンサートに邁進できる準備ができたぞ | トップページ | 氷プカプカ »

2014年8月22日 (金)

高音を弱音で歌うことは、テノールの魅力の一つです

 声楽レッスンの続きです。

 「さて、それでは…」という事で、いよいよ秋のクラシックコンサートに向けての準備が始まりました。

 「まずは、パリ…」
 「“パリを離れて”は、まだ音取りが済んでません」
 「じゃあ仕方がないですね、Come againにしましょう」

 と言うわけで、ダウランド作曲「Come again/来たれ、今いちど」になりました。それにしても「…音取りが済んでません」とは、我ながら大胆不敵と言うか、ちゃんとレッスン前に音取りぐらいしておけよ…って気もします。

 「Come again/来たれ、今いちど」は、元々世俗曲という事もあり、歌うには簡単な曲ですので、とにかく1音1音丁寧に声を回して歌うことが肝心だと言われました。また、響きを上に持って行くこと。子音の音程に注意する事。子音を捨てずに最後までしっかり歌うこと。これらの注意を受けました。

 また先生ご自身もちょっと手間取りましたが、変拍子を自然に乗り越えて歌えるようになるために、この曲をしっかりとカラダに入れてしまうように言われましたが…この件に関しては、自分のカラダに入れるのは当然として、そうでなくても、ピアノを聞いているとリズムが分かるので、よくピアノを聞いて歌えば大丈夫そうです。

 先生曰く「1番は良いのだけれど、2番3番がダメです」との事ですが、これは歌い込みの量の違いに起因するのでしょうね。練習では、ついつい1番ばかり歌ってしまいがちなので、今後は2番や3番にも気を配りながら歌うようにします。もっと、私が歌っている3番の歌詞って、本当は8番の歌詞なんですけれどね。つまり、本来の1番2番を歌った後、3~7番を飛ばして、最後の8番を歌っているんですけど…まあ、そんな事はどうでもいい事ですね。とにかくたくさん歌って、クチで覚えないとね。

 それにしても、英語はイタリア語やドイツ語と違って、スペルと発音が一致しないので、歌う上では色々と厄介な言語ですね。

 次は、トスティ作曲の「Ideale/理想」です。この曲は今回が初レッスンです。

 「この曲は、歌も難しいけれど、私もチャレンジなんです」と先生がおっしゃいました。どうもこの曲、ピアノも難しいようです。

 三連符と八分音符の歌い分けをきちんと意識する事が大切です。ピアノは三連符のリズムを刻んでいるので、そこに載ったり載らなかったりしないといけません。とは言え、拍頭はきちんと合わせないといけませんが。

 歌がピアノに合わせるのではなく、この手の曲の場合、ピアノが歌に合わせるものです。だから、歌はピアノが合わせやすいように、考えて歌ってあげないといけません…との事です。具体的に言えば、ブレスの位置とか、フレーズの切り方とか、そういうところでピアノと息を合わせていくのです。そのためにも、歌手はしっかりと自分のリズムで歌い通す事が必要なんです。なまじ日和ってしまうと、ピアノが合わせづらいんだそうです。

 この曲には、高音のフレーズの箇所に、しばしばpやppがあります。こういう箇所は、しっかりと弱音で歌いましょうって事です。と言うのも、高音を弱音で歌えるのがテノールの魅力なんだそうです。同じ音をバリトンが歌うなら、弱音で歌うのは、とても厳しいんだそうです(音域の上限近くだったり上限越えていたりするわけだからね)。上の音に余裕のあるテノールだからこそ、軽く柔らかく高音を歌えるわけで、それを利用しない手はないし、作曲家もそれを期待しているわけです。

 ついつい弱音を忘れて歌ってしまいがちだけれど、頑張って弱音に挑戦してみましょう。

 それと、この歌、二箇所でテノール特有のバリエーションを加えて歌うことにしました。それに関してはOKだけれど、そうなると、最初のバリエーションで高音Aを使う事になるので、しっかりとノドの準備をして、Aを歌ってくださいとの事です。具体的に言うなら、Aの前の音で(声色が変わってしまうけれど)しっかりとノドの下方を開き、そのままポルタメントでノドの上方を開けながらAに持っていくというテクニックです。ノドを上下にしっかり開けば、Aは私に出せない音ではないそうですから、やり方さえ間違えなければミスらない音なんだそうですし、そのやり方通りにやってミスったら、そりゃあ歌手の責任じゃないそうです(じゃあ、誰の責任なんでしょうね)。

 2番目のバリエーションでは、フレーズ全体を1オクターブ上げて歌うのですが、それもなるべく弱音でたっぷりと歌うのが効果的なんだそうです。歌の難易度はかなり上がりますが、そうやって歌うとカッコいいので、そうしたいと思います。

 この曲を知らない人のために、YouTube画像を貼ります。

 これくらい、軽く軽く歌えたらいいなあって思います。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« さあ、これで秋のクラシックコンサートに邁進できる準備ができたぞ | トップページ | 氷プカプカ »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さあ、これで秋のクラシックコンサートに邁進できる準備ができたぞ | トップページ | 氷プカプカ »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん