ひとこと

  •  ポケモンGOの仕様が大きく変わって戸惑ってます。たぶん改良されたのだろうと思うのだけれど、どう楽しめば良いのか、正直戸惑っています。年寄りは変化が苦手なんだよねえ。ああ、以前のゲームシステムが懐かしい…。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« すとんが薦める初心者向けオペラ その9「ウエスト・サイド物語」 | トップページ | さあ、これで秋のクラシックコンサートに邁進できる準備ができたぞ »

2014年8月20日 (水)

私が吹奏楽部の合宿に行っている間に、H先生は門下のフルート合宿を行っていたわけで…

 時は、お盆前に戻りますが、フルートのレッスンに行ってきました。

 例の山籠りでバッチリ練習してから臨んだレッスンでした。先生に「練習、してきた?」と尋ねられたので「バッチリです!」と答えたほどです。

 とにかく、たっぷり練習してきたので、今回のレッスンは自信があります。自信があると、フルートもよく鳴る…なんていい気分でいたら、先生に「フルート鳴らし過ぎ、そんなに鳴らしちゃダメだよ」と言われてしまいました(ショボン)。

 ロングトーン練習は(鳴らし過ぎでしたが)バッチリです。

 で、エルステ・ユーブンゲンの2番は余裕で合格…のはずでしたが、先生曰く「大甘で合格だな…」とポツリ。なんでも、指は合っているけれど、ブレスが全然違うとの事でした。いやあ、確かにそうなんですね。指はなんとか暗譜しましたが、指の暗譜のために、ブレスの暗記は後回しになり、結果として、かなりいい加減になってしまいました。反省。でもとにかく、2番は合格です。

 で、3番を楽譜を見ながら悠々と吹いて「まだ暗譜してません」と言ったら、先生がずっこけました。当然、3番も暗譜しているだろうと思ったようですが…私を見くびってもらっては困りますね、2曲も同時に暗譜できるわけじゃないですか(笑)。

 なので、次回は3番を暗譜して、4番を練習してくる事になりました。頑張るよ。

 プチ・エチュードは5番です。こちらもたっぷり練習してきましたが…まだちょっと危ない箇所があるのですが、そこは甘くみてもらって、こちらも合格をいただきました。やったね。で、次は6番なんですが…いきなり難易度が上がってませんか! 先生の模範演奏を録音して聞いてますが、とても私に吹けるような気がしません(涙)。でも、やるしかないのですが…できるかな?

 さて、今回の雑談は、お互いの合宿のおみやげ話をそれぞれに披露しました。それにしても、先生が主催している門下の合同合宿は、実に楽しそうです。ああ、私も参加したいなあ。毎年、仕事が重なって、門下の合同合宿に出席できない私なのだけれど、話を聞くたびに楽しそうです。宿泊する施設も上等だし、食事も美味しそうだし、フルート三昧だし、先生の指導もたっぷりあるし…いいなあ。ほんと、そっちに参加したかったな。

 「今の仕事を引退するまでは、そちらの合宿には参加できそうもないのですが…」と言ったら「それまで私はやってないよ。私は元気なうちに引退するんだからね」と言われてしまいました。いや、実際、H先生はそろそろ引退を考えているようだし、それも無理ない話なのですが、せっかく良い先生と巡りあえて、ご指導いただけているのだから、まだまだ教える事は辞めないでいて欲しいなあと思ってますが…なかなかそうもいかないようです。

 H先生がお元気なうちは先生に習い続けるとして、その次の事もぼんやりと考える…のは、ちょっとイヤだな。ずっとH先生に習い続けたいものだなあ。でも、出会いがあれば、別れもあるのが人生さ。ならば、今のうちに多くのことをH先生から習っておかないとね。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

« すとんが薦める初心者向けオペラ その9「ウエスト・サイド物語」 | トップページ | さあ、これで秋のクラシックコンサートに邁進できる準備ができたぞ »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« すとんが薦める初心者向けオペラ その9「ウエスト・サイド物語」 | トップページ | さあ、これで秋のクラシックコンサートに邁進できる準備ができたぞ »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん