ひとこと

  •  いよいよお盆休みもお終い。なんか残念。あの楽しかった夏の日は、もう終わり。また日常生活が始まるわけだけれど…ううむ、発表会とクラシックコンサートの準備が…。生活はいつもの日常生活に戻るけれど、その中で、着々と発表会とクラシックコンサートの準備に備えていかねば…。がんばろーっと。

お知らせ

  • ●F門下&Y門下合同発表会は、2017年9月9日(土)に行われます。●13時開場、13時30分開演です。●場所は、神奈川県の鶴見区民文化センターサルビアホールの音楽ホールです。JR京浜東北線鶴見駅、あるいは京急鶴見駅のすぐそばのホールです。●私は、後半(第2部)の2番目に二重唱「私は貞淑な人妻」を歌い、9番目で「おお祖国よ(ダニロ登場の歌)」[マキシムの歌です]を歌って、11番目に二重唱「愛のワルツ」[メリー・ウィドウ・ワルツです]を歌う予定です。●私自身は発表会の後半~終盤にかけて歌いますが、今回のホールは小さい(100席程度)のため、ゆっくり来られると、立ち見、あるいは入場制限がかかる怖れがあります。一応、入場には整理券が必要という建前になっていますが、出演者の知り合いなら、整理券がなくても入場できますので「メリーウィドウの人を応援に来ました」と言えば、よっぽど混雑していない限り入場できるはずです。●なお、リアルに私の知り合いの方は、おっしゃっていただければ、入場整理券を差し上げますので、ご連絡ください。●どなた様も応援よろしくお願いします。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« チビが正直、ヤバいかもしれない(涙) | トップページ | アルテを学び終えて、思うこと »

2014年7月20日 (日)

一生懸命練習に励んだところで、上達するわけじゃあない…らしいです

 今週も体重を計りませんでした…っていうか、体重を計る元気がなかったんですね。腰は痛いし、仕事は忙しいし、休日なんてほとんどないし(プンスカ!)。きっと体重、増えている…と思います。ああ、怖い、体重計が怖い怖い。

 さて、今週のエッセイです。

 生まれつきの才能がなければ、いくら練習しても楽器は上達しない…と、アメリカのミシガン州立大学のザック・ハンブリック教授(心理学)は、そう言うらしいのです。

 元記事はこちらですが、かいつまんで説明すると…チェスと楽器は、どんなに努力をしても、生まれつきの才能がなければ、上達に限界がある…そうなんです。つまり『下手の横好き』って奴になってしまうよ、という話なんです。

 ハンブリック教授によれば、練習をする事で上達する人は、全体の1/3しかいないのだそうです。残りの2/3(つまり凡人)は、知識とか才能とか何歳で始めたかで、どれくらい上達できるかが分かってしまうそうです。

 つまり、練習してあるレベルまで上達する人がいる一方、練習しなくてもそのレベルにすぐに到達してしまう人いるわけだし、いくら練習してもそのレベルに到達できない人もいるって事です。

 努力は必ずしも報われるわけではない…というわけです。

 この記事を読んだ私の感想は…ちょっと安心しました。

 だってね、私はさあ、歌もフルートもそこそこやっているじゃないですか? クラシック声楽が7年、フルートが6年ですよ。普通、これだけの期間、コツコツマジメに取り組んでいれば、今の私どころじゃないほどに上達していても全く不思議じゃないです。なのに、私の上達しないこと、実に見事なもんです。

 私、練習は大好きですよ。だから、この6~7年間、割とマジメにコツコツと練習してきたわけです。でも、あんまり上達していない。練習だけはマジメにコツコツとやってきたのに、その練習が全然報われていない? それはきっと私には才能がないからだと、薄々感じていたわけだけれど、それを他人にはっきりと言葉にして示されると、納得と安心できるんですね。

 そうか、私は才能が無かったんだ。だから、あれだけ練習しても、ちっとも上達しなかったわけだし、これから、たくさんたくさん練習しても、たいして上達しないんだなって思うと、気持ちが楽になりました。

 だってね、私にとって、歌もフルートも道楽だもん。楽しくやりたいんです、苦しいのはイヤなんです。練習は大好きだから、練習をコツコツやっていきたいけれど、それでちょっとでも上達できれば嬉しいんです。上達できないと…さすがに悲しくなりますが、それはあくまでも他人と比較して劣等感にさいなまれるからイヤなだけです。最初から自分に才能が無いと分かっていれば、他人と比べて仕方ないわけで、安心して、ゆっくりゆっくり楽しんでいけばいいだけなんです。

 これが仕事ならば、やった分だけの成果って奴が上げられなければいけませんし、それができないなら、無能と罵られても仕方ないです。でも趣味だし、道楽なんです。ある意味、結果ではなく過程を楽しんでいるわけだし、下手の横好きだし、大家の義太夫なんですわ。

 だから『下手くそを楽しもう』というか『下手から上手になる過程をゆっくり楽しんでみよう』って思っているわけです。

 私の考え方って、変かな?

P.S. たしかに私には歌の才能とフルートの才能はないけれど、声は持っているんだよな。声の強さというか、ノドの強さというか、これも一種の才能だよね。ならば私は音楽的には無才能ってわけじゃないわけだ。声という楽器に関しては、そこそこのモノを持っているんだろうと思われます。あとは、それをコントロールする技量をゆっくり身につけていけばいいわけだ。こんな小さな才能しかないけれど、才能ゼロってわけじゃないんだから、自分に与えられたこの才能を大切に育てていきましょう。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« チビが正直、ヤバいかもしれない(涙) | トップページ | アルテを学び終えて、思うこと »

ダイエット&エッセイ」カテゴリの記事

コメント

まあ、音楽を趣味にしてる人たちの99パーセントは、へたの横好きか、またはそれに類する方たち、だと思います。ちょっと音感がよい人に「〇〇さんは△△、お上手ですね、すごーい」、という褒め言葉があったとしても、プロの奏でる音楽は、アマチュアの「お上手ですね」程度とは、品質がちがいますものね。お料理でも、たとえばキャベツサラダ、家庭の主婦の作るキャベツサラダはいくらお料理上手な主婦でもフレンチシェフの作るものにはかないませんもの。使ってるお材料の品質が違いますもの。アートってのは、きっとそういうものなんでしょうね。

だりあさん

 いわゆる“名乗りだけプロ”という方は除き、プロとして活躍し続けられる人(H先生流に言えば“プロの水準を維持している人”)って、アマチュアとは別世界にいるわけで、たまにアマチュアの人で「プロを超える」とか「プロ並の力量をもったアマチュアを目指す」とか言って頑張っている人がいますが、そういう人ってチャンチャラ可笑しいです。たぶん、我彼の違いが分かっていない人なんだろうと思います。

 才能が有れば有るなりに、無ければ無いなりに、人って、生きていけばいいんだと思います。才能があることが幸せな事とは限りませんからね。才能に振り回されるとか、才能によって生き方が制限される事だってあるわけだしね。

 それに天職を趣味にしてはいけないわけで、そういう点でも、音楽をアマチュアとして楽しんでいくなら、才能はほどほどで良いわけで、無くてもさほど困らないのではないかと思います。

こんばんは。

今プロで活躍されている方々も始めたときはアマチュアだったし、何かをきっかけにプロになったはずです。
元師匠は、「冷蔵庫が空っぽでも、電気がつかなくてもフルートが吹ければ幸せ。」とおっしゃっていました。ここまでの度胸というか集中力のないこちらは愕然とするだけで何も言えませんでした。

問題意識を持って、かつ集中して練習できる、というのも才能とおもいます。
こちらは自分を追い込むこともなく楽しめれば十分、と思っているのは確かですが。

tetsuさん

>今プロで活躍されている方々も始めたときはアマチュアだったし、何かをきっかけにプロになったはずです

 幼い頃からプロを目指して頑張ってきた人ってたくさんいると思います。プロになるなら、最初っからプロを目指して訓練をしてこないと難しいそうです。そして、実際問題として、プロを目指してきた人の大半はプロになれず、ほんの一握りの人たちだけがプロとして生き残って活躍できるというのが現実問題みたいです。

 知り合いの指揮者の話では、その人は元々歌手を目指して頑張ってきたそうですが、音大に入って級友たちの声を聞いた時に、自分には“プロとしての声がない”事に気づいて指揮者に転向したんだそうです。また別の歌手は、元々チェロ奏者を目指していましたが、日々の練習に耐えきれず、自分には弦楽器奏者に必要な“生真面目さ”がない事に気づいて声楽に転向したそうです。またあるピアニストは(テクニック的は十分だったそうですが)自分の音に華が無い事に気づき、すっぱり音楽を辞めて趣味で楽しむ事にしたんだそうです。

 たぶん“何かをきっかけにプロになった”のではなく“何かをきっかけに挫折せざるをえなかった”人たちが落ちこぼれただけで、何の気づきもなく、あらゆる障害を乗り越えてしまった人たちだけがプロになれた…んだと思います。それゆえに、彼らの演奏は、素人とは次元が違うんだと思います。

 そもそも、人間の種類が違うんじゃないかって、私は思いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チビが正直、ヤバいかもしれない(涙) | トップページ | アルテを学び終えて、思うこと »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん