ひとこと

  •  なんかねー、最近、あれこれツイてないんです。あまりに小ネタ過ぎてブログに書くほどでもないのだけれど、なんかプチ不幸な日々が続いてます。なんかなー。

お知らせ

  • ●クラシックコンサートのお知らせをします。●10月8日(日)、茅ヶ崎市青少年会館ホールで行われます。今年のコンサートは、第1部ジュニア、第2部器楽、第3部声楽と、3部に分けて行われます。第3部の開演は15時20分となっています。●私は、第3部の10番として、トスティ作曲「Tristezza/悲しみ」とレオンカヴァッロ作曲「Mattinata/マッティナータ(朝の歌)」を歌い、次の11番目で、妻と一緒にレハール作曲「メリー・ウィドウ」より「A Dutiful Wife/従順な妻」の二重唱を歌います。私の登場時刻は、およそ16時30分前後になる予定ですが、あくまでも予定であって、これより早くなることもあるし、遅くなることもあります。●入場料は無料の千客万来系のコンサートです。ただし、例年までは市民文化会館で行われていましたが、今年は工事中となって、古い公民館系のホールで行われます。●会場的には、古くて小さい上に設備的にも??がつくような会場で「ここで歌うのはヤだな」という理由で、多くの方々が参加を取りやめたというほどの会場です。私も、練習で使用するならともかく、ここに人を招待して…となると、躊躇せざるをえません。なので、会場までお越しいただく事は望んでいませんが、もしよかったと、どこか遠くの空から、無事に歌えることを祈っていただくと感謝です。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« アルテを学び終えて、思うこと | トップページ | 無責任に楽器を薦めないでほしい »

2014年7月22日 (火)

今年も野球応援に行ってきて、思う事

 私は某ガッコのしがない吹奏楽部の顧問などをやっております。とは言え、別に指導などをしているわけではなく、外部に出張った場合の責任を取る役割を主に担っております。まあいわゆる“ジジイ仕事”って奴ですね。なので、吹奏楽部が野球部のいわゆる“甲子園予選”の応援として出かける時は、引率責任者として私も同行するわけです。

 自分たちのコンクールが間近に迫っているというのに、野球部の応援をしにいかなければならないとは、結構厳しいものがあります。野球部が勝ち進むのはうれしいですが、その度毎に自分たちの練習時間が削られていくのは、複雑な思いがあります。特に今年の野球部はうれしい事に3回戦まで駒を進めたので、吹奏楽部もそれにつきあったわけです。いやあ、大変だった。

 個人的には、ぎっくり腰が良くなっても、野球の応援に出かけると、決まって腰が悪化してしまうのがつらかったです。応援に行くたびに腰が悪化していくのは、仕事とは言え、ほんと厳しかったですよ。まあ、これは野球のせいではないと思うのですが…長時間同じ姿勢でバスに乗り続けなければいけない上に、野球の応援って、暑かったり寒かったりして、カラダに負担がかかりますし、球場のベンチって背もたれがないから、上半身の重みが全部腰に来るから、本当に厳しいんですよ(涙)。

 野球応援は、私の腰にも厳しかったのですが、生徒たちにも、生徒たちの楽器にも厳しかったのです。

 だって、ガンガンに晴れ渡った炎天下の日の演奏なんて、金管楽器なんて、ヤケドするんじゃないかってくらいに熱くなるわけで、絶対に楽器の調整が狂うよね…。いや、楽器どころか、ばたばたと生徒が熱中症で倒れたし…。また、雨が大降りの中、ビショビショにカラダも楽器も濡れたままでの演奏なんて、絶対に良くないでしょ。楽器は調整が狂うどころの話じゃないです、木管楽器はタンポがダメになっちゃうし、生徒たちも風邪ひいちゃいます(実際、あの後、風邪ひいて寝込んだ生徒もおりました)。まあ、雷が鳴っている時に、雷が金管楽器の上に落ちなかったのは、不幸中の幸いだと私は思ってます(そんな事があったら新聞沙汰だよね)。

 もうコンクールまで、時間もないので、生徒たちの楽器も、このままの状態で臨まざるを得ないのですが…こんな調子っ外れの楽器で、どこまでコンクールで戦えるのか心配ですよ。

 なぜ、野球応援では吹奏楽が付き物なのでしょうか? どうして野球予選と吹奏楽のコンクールは期日が近いのでしょうか? おそらく、野球文化と吹奏楽体質って奴の相乗効果なんでしょうが、なんか、色々と考えさせられます。

 ウチの場合、部員が少ないとか、楽器が足りないとかの事情がすべて悪いのかもしれませんが、理想としては、コンクールに出場する生徒と、野球応援で演奏する生徒や楽器は分けたいのが本音です。また野球応援も、金管+打楽器主体で、木管の生徒の参加は見送らせたいくらいです。いやいや、いっそ、吹奏楽は現役の生徒たちは温存して、卒業生たちに外注したいくらいです。

 野球部が勝ち進むのは、本来はうれしい事のはずなのに、吹奏楽部の顧問としては、それを正直言って、素直に喜べなかったりします。

 それくらい、野球応援って、吹奏楽部には酷でツライ事だと思います。

P.S. とは言え、野球応援ってのはツライばかりでもありません。相手校の吹奏楽の応援を研究することもできるんですね。特に吹奏楽強豪校との試合では、我彼の違いはどこにあるのか、じっくりと観察し、それを自分たちにフィードバックできる良さもあります。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

« アルテを学び終えて、思うこと | トップページ | 無責任に楽器を薦めないでほしい »

吹奏楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アルテを学び終えて、思うこと | トップページ | 無責任に楽器を薦めないでほしい »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん