ひとこと

  •  もうすぐ選挙ですね。選挙は、それぞれがご自分の思想信条に従って投票すれば良いことですが、その際に、枝葉の小さな問題に捕らわれて、大切な事を見失わないようにしないといけません。選挙は人気投票でもなければ、誰かを懲らしめるための手段でもありません。我々の子どもたちに、日本という国を安心安全に譲り渡すために、今何をしなければいけないのか、そしてそれを目指しているのは誰なのか、そこらへんを見極めていくことが大切なのです。問題は今ではなく、未来なのです。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 合唱的上手さと独唱的上手さ | トップページ | チビが星になりました »

2014年7月25日 (金)

フルートは雨で濡らしちゃいけません

 フルートのレッスンに行ってきました。

 今回のレッスンは…疲労困憊でドロドロの状態で行きました。あんまり疲れていたので、それが外見にも現れていたのでしょうか? 先生もさすがに心配してくださったくらいです。

 でも、疲れていると、フルートを吹く際に無駄な力が入らなくて、返って良かったようです…って、お前は打倒大リーグボール3号の伴宙太かっての!

 とにかく、ロングトーンも脱力脱力していたので、ばっちり決まって気持ちよかったですよ。

 エルステ・ユーブンゲンの1番は、合格。実は一カ所暗譜間違いをしていたのですが、そこは不問にしてくれました。

 H先生のレッスンでは、普通は譜面台に置いた楽譜を見ながらフルートを吹いて良いのですが、暗譜で吹くことになっているエルステ・ユーブンゲンの場合は、譜面台ではなく、鏡(それも姿見)の前で自分の姿を見ながら吹くことになっています。まあ、私の場合、自宅で歌の練習の時に姿見を使って練習しているわけですし、フルートもたまに姿見を見ながら吹いているので、姿見に映る自分の姿を見ながらフルートを吹いたところで、別にどうということもないのですが、鏡に慣れない人がやったら…平常心じゃいられないだろうなあ。

 ちなみに、私が今学んでいるエルステ・ユーブンゲンですが、これ、実は初歩のエチュードのようです。フルートを始めたばかりの初心者用のエチュードの用です。難易度的には、アルテの1巻の前半程度の難易度で、最初の方の曲は初見でも、後ろの方の曲でも、ちょっと真面目に練習しておけば、簡単にクリアできる程度に簡単なエチュードです。

 で、アルテ1巻を終えた今、それをやっています。先生には先生なりの思惑があるのでしょうね。技巧的に難しい事はプチ・エチュードで、技巧とはちょっと違う事を学ぶために、わざと平易なエルステ・ユーブンゲンを使っているんじゃないかなって思ってます。

 技巧とはちょっと違う事…例えば、音色とか、フォームとか、暗譜力とかね。頑張りますよ。

 さて、プチ・エチュードは4番ですが、こちらも合格しました。ただし先生から「指の練習が足りない!」と言われましたが(汗)。

 なので、次回までの宿題は、エルステ・ユーブンゲンの2番と3番の暗譜と、プチ・エチュードの5番です。

 今回の雑談は…フルートは雨で濡らしちゃいけないって話です。

 話の最初は、吹奏楽部の野球応援の話から始まり、バブルの頃にあった先生の仕事の話に飛びました。あの頃は景気が良くて、ホテルの開業セレモニーなどによく呼ばれてコンサートをしたんだそうです。

 で、とあるホテルの開業セレモニーが、そのホテルの屋上であったんだそうです。ホテルの屋上なので、ピアノが無くて、代わりに電子ピアノが置いてあったんだそうです。電子ピアノって音量が小さいので、マイクで拡声したそうですが、ついでにフルートも拡声しようとしたので、断ったそうです。H先生的には「フルートの音をマイクに通すなんて、ありえないでしょ」って事のようです。

 まあ、それはともかく…そのホテルの屋上のコンサートですが、演奏中に雨が降り出したんだそうです。雨は降ったものの、先生はプロ根性を出して、最後までコンサートをやりつづけたそうですが、使っていた18Kのゴールドフルートが、雨でずぶ濡れになってしまったのだそうです。まあ、フルートそのものは18Kですから、多少雨に濡れても平気ですが、問題はフルートのタンポでした。先生のフルートは、伝統的なスタイルのフルートですから、タンポの調整は紙を使って行っているのですが、フルートが濡れてしまったために、タンポとその紙が濡れてしまい、シワシワになって、全部ダメになってしまったのだそうです。

 タンポを全部取り替えて、調整をし直したのだそうです。

 「それ以来、戸外でフルートを吹く仕事は、絶対に受けない事にしたんだよ」って事らしいです。ですから、H先生的には、野球応援でフルートを吹くなんてのは「自殺行為だよ」って事らしいです。

 まあ、あれだけカンカン照りで外気に触れっぱなしだと、フルートに限らず、楽器たち、調整が狂うよね。で、そんな調子の狂った楽器でコンクールに出演するんだもん、良い成績なんて取れるはずないよな。

 だからと言って、野球応援をしないわけにもいかず、あちらを立てればこちらが立たず、こちらを立てればあちらが立たず状態なので、おそらく、全国の多くの吹奏楽部の悩みなんだろうと思います。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

« 合唱的上手さと独唱的上手さ | トップページ | チビが星になりました »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 合唱的上手さと独唱的上手さ | トップページ | チビが星になりました »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん