ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 母が転院しました[2014年6月第4週・通算15週] | トップページ | モノマネと演奏 »

2014年6月23日 (月)

ヴォルフと楽譜

 先日、おぷーさんから教えていただいた、ドイツの作曲家であるヒューゴ・ヴォルフの歌曲に興味を持ち、少しずつ聞き始めているところです。もちろん、私が「興味を持ち、少しずつ聞き始めている」というのは、いつの日か自分でも“歌いたい”、という前提があるからです。

 なので、音源を仕入れながら、楽譜の手配をしようとしました。

 楽譜は…ドイツ系の作曲家ですから、ショット社(ここがオリジナルを発売した会社ですね)か、大手のペータース社やベーレンライター社あたりの楽譜を入手すれば良いのでしょうが、私、ドイツ語苦手だし、入手の容易さから考えても、日本の楽譜出版社のモノを利用するのが良いかなと思って(だって歌詞の現代語訳や解説が付いてるでしょ?)、ググってみたところ、日本では全音がヴォルフの楽譜を販売しているようです。

 全音のヴォルフの楽譜が、いわゆるアンソロジー形式(名曲集って奴だね)で、高声用と中声用が、それぞれ全2巻で発売されています。

 やったね。早速、高声用を購入しよう…と思ったところで「???」となりました。というのも、よく見てみると、全音のヴォルフ歌曲集は、高声用と中声用で、ちょっと中身が違うらしいのです。

 まず、高声用が原調版のようで、要するに“高声用がオリジナル”なんです。まあ、これ自体は、よくある事で、あちらの作曲家の歌曲集って、日本に持ってきた時、音域の関係なのでしょうか? たいていオリジナル(つまり原調版は)高声版として発売され、オリジナルを数度低く転調したものを(日本人向けに)中声用とか低声用として発売するんですね。

 これは、日本の歌手は、ヨーロッパの歌手よりも高い音が苦手…と言うか、高い音が回避されている楽譜の方が売れる…とか、まあ、そんなオトナの事情があるんだろうなあって思います。

 それは商売上の事だから、いいんです。

 でも、私個人は、自分の声にあった楽譜で歌いたいし、できれば作曲家が作曲した原調で歌いたいと思ってます、とりわけ、ヴォルフのように近代の作曲家の場合は、なおさらね。

 だから、私は迷わず『高声用』の楽譜をポチしようとしたんですが、その手が止まったんです。と言うのも、その全音の楽譜には“ヴォルフ歌曲選集 1(高声用=原調版/女声用選曲)”なんて書いてあったからです。

 女声用選曲? 慌てて中声用を見たら“ヴォルフ歌曲選集 1(中声用/男声用選曲)”って書かれいるじゃありませんか? つまり、全音のヴォルフ歌曲集の場合、高声用と中声用では、掲載されている曲が違うんです。実際、曲目リストを見たら、共通する曲もあったけれど、やっぱりかなり違ってました。

 一応、歌曲と言うのは、男視点であれ、女視点であれ、男言葉で書かれていても、女言葉で書かれていても、どの曲も、男女問わず歌ってよい…というのが普通ですが、ヴォルフの場合は、近代歌曲という事もあって、男性が歌う曲と、女性が歌う曲の区別があるみたいです。ならば、私は男性だから、男声用に選曲された楽譜を購入するべきだろうけれど、男声用は中声なんだよね。わざわざ低く移調してあるんだよね。中声版の楽譜は、歌うのが楽なのはいいけれど、なんか華がなくていけないし、何より勉強にならないわな。できれば、高声用で歌いたいものですが…日本だと、高声用は女声用の選曲なんだよね。

 つまり、私のような人間(男声だけれど高声用の楽譜で歌いたい人)は、輸入楽譜でも買ってくださいって事なんだろうな。

 しかし、輸入楽譜は、やっぱり高いし、日本語訳もなければ、曲の解説もないからなあ。その手の情報をネットで探すと言っても…ヴォルフってマイナーな作曲家だから、ロクな情報がネットに転がっていないんだよね。ああ、なじみのない作曲家だからこそ、日本の楽譜で購入したいんだよなあ。

 なんかなあ、割り切れないなあ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 母が転院しました[2014年6月第4週・通算15週] | トップページ | モノマネと演奏 »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

写りの悪いのもあるけど、結構楽譜がタダでダウンロードできるサイトを載せますね。
メリケの詩の曲集のです。
ヴォルフで検索掛けると結構出てきます。
http://imslp.org/wiki/M%C3%B6rike-Lieder_(Wolf,_Hugo)

おぷーさん

 サンクスです。このサイト、便利ですよね。

 私もここで、よく楽譜を検索して眺めて「これはいい!」と思ったものは、改めて購入するようにしています。購入したものも、あまり印刷の状態が良くなかったりしますが、楽譜の権利を持っている人にお支払いをするというのは、大切な事だと思っていますので、あまりその点に文句を言うつもりはありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 母が転院しました[2014年6月第4週・通算15週] | トップページ | モノマネと演奏 »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん