ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« やっぱり回復しない声…発表会 その1 | トップページ | ダメなものは、徹底的にダメなんです…発表会 その3 »

2014年5月29日 (木)

声はすぐに無くなってしまう…発表会 その2

 シュウマイ弁当を片手に、ちょっぴり型崩れしたスーツケースを引きずった私が会場入りしたのは、ほぼ予定の時刻どおりでございました。楽屋に一番乗りですよ、立派なもんです。ちなみに、楽屋は男女別でして、先生方もピアニストさんもゲスト歌手の皆さんたちも、我々と一緒に楽屋を使います。そういうところは、分け隔てがなくて、仲がよくて良いのだけれど(ゲスト歌手の方は、プロ歌手ですが、Y先生のお弟子さんなので、身内扱いでもいいんですけれど…)ピアニストさんは外部の方なので、落ち着かなかったんじゃないかしら?

 さて、楽屋に自分のスペースを確保して、楽屋周辺の位置関係やらホールロビーやらを観察して、ホールの中に入ると、すでにNさんが一人で歌っておりました。そうそう「早めに会場入りをして、動きの確認をしましょう」って連絡したんだっけ?

 朝のリハーサル前の30分ほどの時間は(誰でも)自由にステージを使っていいという事になっていたので、演技をするために、実際の現場であれこれ確認しないといけない事も多いので、Nさんを誘っておいたんだっけ?

 なにしろ、事前の打ち合わせなんて、無いに等しい状態ですからね(笑)。

 実際に、ステージに立って見た感じ、今回のステージは思った以上に狭いことが分かりました。奥行きはそれなりにあるけれど、舞台のほぼ中央にピアノ(ミニグランドです)があるので、奥の方は使えないものとして考えてみると、案外、動けるスペースが少ない事に気づいたので、若干の動きを訂正する事にしました。

 まだリハーサル前で、ピアニストさんは舞台にいないので、お互いにアカペラで歌いながら、立ち位置の確認をしました。ひとまず通してみたところで、返しをしようと思ったら、舞台袖から我々をジーと見ているお姉様方の存在に気づきました。

 「舞台を使われますか?」「待っているんです!」

 我々に遠慮する必要なんて全く無いのに…別に舞台は私たちの占有物ではないし、同時に二組三組が使っても全く問題ないと思うのですが、どうもお姉様がたは、舞台を占有したいようだし、こちらは一通りやったので、譲ることにしました(Nさんは、なんか納得していなかったようです)。まあ、当日にアレコレやって、慌てても仕方ないので、こちらは“まな板の鯉”ですね(笑)。

 ちなみに、そのお姉様がた、棒立ちデュエットでした。だったら、私たちを退かしてまでやることではないじゃんって思ったけれど、問題はそこじゃないんですよね。本番前の不安を何とかして取り除きたい、そのために舞台を使って事前練習がしたい…そういう事なんですね。

 今日は誰もが不安で、誰もがナーバスになってますから。

 そうこうしているうちに、舞台のフリータイムが終了し、リハーサルが始まりました。リハーサルは一人12分ずつです。本番が一人10分ですから、本番通りに通して、先生のアドヴァイスをもらえば、それでお終いって程度の時間です。

 私の前は、F先生の門下のお姉様方のリハーサルでした。それぞれの先生は、ご自分の生徒さんのリハーサルの時にフラっと現れてきます。ちなみに、F先生の門下生は全員女性です。Y門下は男性がほとんど、それもバリトンばかりで、テノールは私だけ、女性の生徒さんはNさんだけです。やはり、生徒さんからすれば、先生は同じ声種の人の方が良いのかもしれません。

 私のリハーサルの番になりました。ピアニストさんに軽く挨拶をして、ひとまずベッリーニから歌ってみました。この時は、ちゃんと歌えました。それもおそらく、最近にしては最高の歌唱ができたんじゃないでしょうか? 先生からは「もっと、声を遠くに飛ばして」とアドヴァイスをいただきました。

 レハールの方は…やっぱり高音はカラダが開かないですね。しかし、高音以外の箇所は、まあまあ人に聞かせられるレベルの歌が歌えたかな?って思いました。あとはカラダが開きさえすれば、どうにかなると思いました。

 で、リハーサルなんかで声をたくさん歌って減らしたくなかったので、Nさんを呼んで、早めに二重唱のリハーサルをしました。歌いながら、相手との距離を試してみたりとか、色々やってみました。先生からは「目で演技をしなさい」と言われました。歌っている人が演技をするのは、当然だけれど、歌っていない方が「今は私、関係ありませんから~」という態度を取ってはいけないんだそうです。歌っていない方は、歌のジャマにならないように、しっかりと演技をしないといけないんだそうです。

 「歌っている方は、歌うのに一生懸命なんだから、むしろ演技はしなくてもいいよ。歌っていない方が、一生懸命に演技をしないと」って言われたので、とりあえず、ネモリーノは「アディーナ、好き好き(はぁと)」という目線で演技をする事にして、リハーサルを終えました。

 リハーサルでは、なるべく声を消耗しないように気をつけていたようですが、二重唱は相手もいますので、思わず、ついつい歌ってしまって、声をだいぶ減らしてしまいました。

 で、二重唱のリハーサルの後、その続きでNさんがソロ曲のリハーサルをしたので、そこまで見物してから、お昼御飯を食べる事にしました。早めにお昼を食べて、お腹をこなしておかないと、歌に差し支えますからね。

 お弁当は、本来は楽屋で食べるべきですが、妻と二人で食べたかったので、ホールロビーで食べました。そこにNさんがやってきて「本番前に、もう一度、動きの確認をしたいんですけれど…」と申し込まれました。不安なんでしょうね…。『今更、何をしても変わらないよ』と心で思ってみたものの、そんな冷たい事を言っては可哀相なので「いいけど、御飯を食べてからにしませんか」と返事をしました。だって、そうでしょ?

 まあ、本音で言えば、リハーサル後は、自分の出番まで“無言の行”をしたかった私です。少なくともリハーサルで無駄遣いしてしまった声を回復させないといけません。でも、なかなかそういうわけにはいきません。Nさんの食事が終わったところで、ロビーの片隅で、アカペラで歌いながら、最後の動きの確認をしました。「ああ、声、もったいないなあ…」って思いながら、練習につきあいました。動きの確認を終えたところで、自分でも分かるくらいに声がスッカラカンになってしまいました。

 そんなこんなのうち、やがて会場時間が迫ってきました。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« やっぱり回復しない声…発表会 その1 | トップページ | ダメなものは、徹底的にダメなんです…発表会 その3 »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱり回復しない声…発表会 その1 | トップページ | ダメなものは、徹底的にダメなんです…発表会 その3 »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん