ひとこと

  •  結局、選手は使い捨てなのか…と言われても仕方ないのが、先日福岡県で行われた「プリンセス駅伝 in 宗像・福津」でのスタッフの対応です。岩谷産業の選手が、足を骨折して、途中から四つ這いになって、膝を血だらけにしながらたすきをつないだ…って奴で、一部では美談になってますし、あれで感動した人も大勢いるようですが、私はあれはとんでもない話だと思ってます。選手は右脛骨を骨折して立てなくなって、それで四つ這いだそうですが、脛骨ってスネの骨で太い骨です。これが折れた段階でレースは棄権でしょ? 実際、レースの様子を見ていた監督は、すぐに棄権を申し出たそうだけれど、それが途中でうやむやになってしまって現場の審判に届かず、結局、レースは続行されたそうです。おかしくねえ? 監督の申し出がうやむやになってしまう運営って、絶対におかしいよね。それって監督がいる理由がないよね。だいたい、選手が自分から棄権することはないし、たとえ監督の意思が確認できなくても、足の骨折って四つ這いでしか前進できない選手がいた段階で、その場でドクターストップでいいじゃないの? それとも駅伝のレースって、ドクター無しで運営しているわけ? 駅伝じゃあ、そんなに選手の安全って軽いんだなって思いました。才能ある選手は、駅伝には近寄っちゃダメだよ。潰されてお終いになりかねないわな。
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« パリ・オペラ座のライブ・ビューイングで「清教徒」を見てきました | トップページ | ラズがうれしそうに埋もれるんです »

2014年5月16日 (金)

フルーティストは、心肺が強い

 フルートのレッスンに行ってきました。

 ゴールデンウィーク後、始めてのレッスンだったので、さぞかしたっぷり練習をしてきたでしょうと思われるかもしれませんが、全然そんな事はありません。なにしろ、平日は忙しいですが、休日は休日で忙しいからです。

 …実は、ここだけの話だけれど、さすがにヤバイと思って、レッスンの前日は練習しました(汗)…が、やはり付焼刃じゃ通用しません。

 宿題に出されていた、アルテの15課の10章のCes-durの2番「アルペジオ基本練習」をやってみましたが…指が違うと叱られました。Ces-durの高音のド(Ces)の時、左手薬指ではなく中指を使うのですが、これをうっかり薬指で練習してしまったので、ダメダメでした。それに、注意されても、その場で直せないから、そこもダメだね。とにかく、運指を直してらっしゃいという事でした。

 3番のトリルは合格。4番の「Ces-durのスケールとアルペジオ」は勘弁してもらいました。だって、練習してないんだもの。

 で、ガリボルディのプチ・エチュードは3番です。1月の中旬あたりからずっと3番です。もう四ヶ月も3番やってます、長いなあ~。

 今回もたくさん注意を受けましたが、大きなものは二つ。一つは「六拍子のリズムが感じられない(感じられるように吹きなさい)」と「装飾音符まわりの吹き方」です。

 最初の、六拍子が感じられないとは、強拍と弱拍の区別がなくて、ただ“ベタ~”と吹いているだけでつまらないって事です。しっかり、音楽が脈打つように演奏しないとね。

 装飾音符まわりの吹き方とは、私、装飾音符があると、装飾音符のリズム的に釣られると言うか、例えば、全部四分音符で“ミレド”というフレーズがあったとします。で、このフレーズのミにファが装飾音符で付いたとします。正しい吹き方は、ファはごく短小に吹き、ミは(本来の長さ-装飾音符ファ)の分であり、レとドは普通に吹くわけです。つまり感覚的には「ファは極短小に、ミは普通からやや短め、レとドは普通から少々長め」…という感じで正しいわけですが、私の場合、ファを極短小に吹いたら、そのままミも同じ程度に極短小に吹き、それに釣られてレとドも短めに吹いてしまい、全体的に前のめりに吹いてしまいます。

 これが正しいはずはないね。なので、注意を受けます。自分では正しいつもりで吹いていても、ついつい釣られて、ミを短く吹いてしまいます。なので、今回は、そこのところを徹底的に注意されました。

 後はいつもの「中音のレとミbは左人指し指を上げる」を何度も何度も注意を受けました。

 しばらくフルートの練習のできない時期があったわけですから、今はまだまだリハビリみたいなモノなんです。

 さて、今回の雑談は…先生の健脚自慢でした。とにかく、先生は山登りが趣味なので、足腰が強い強い。数々の武勇伝を聞かせていただきました。でも、最近は年を取って、足腰が弱くなったなあと感じる事があるんだそうです。

 とにかく、筋肉が弱くなった…と感じているんだそうです。でも、心臓は相変わらず強いし、呼吸機能も十分なんだそうです。だから、いくら歩いても、カラダは全然平気なのに、足がふらつくようになったんだそうです。「これが老化ってモンなんだろうね」と嘆いていましたが、そんなふらつく足だって、先生がふらつく状況って、私程度の一般人では、とてもとても、ふらつくどこか、歩けないほどの長距離や急登坂の話ですから。もう、レベルが違いすぎるので、本人の嘆きに全然同情できない私でした。

 「そんだけ、スタスタ歩けるのに、何を嘆いているんだろ?」って感じですよ。まったく(笑)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

« パリ・オペラ座のライブ・ビューイングで「清教徒」を見てきました | トップページ | ラズがうれしそうに埋もれるんです »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パリ・オペラ座のライブ・ビューイングで「清教徒」を見てきました | トップページ | ラズがうれしそうに埋もれるんです »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん