ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 公私ともに忙しくて、人生が無理やりに充実しているような気がする[2014年4月の落ち穂拾い] | トップページ | そう言えば、フルートの調整に行ってない… »

2014年5月 1日 (木)

伊集院光氏は、よく分かってらっしゃる!

 伊集院光氏が、ディズニー映画『アナと雪の女王』ついて「毒にも薬にもならない映画」と評されたそうです。私は日刊スポーツのウェブ記事で、その事を知りました。

 引用先の記事はすぐにでも削除されてしまうでしょうから、かい摘んで記事の内容を紹介しますと、伊集院光氏が、4月28日のTBSラジオ「月曜JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力」という、ご自身の番組の中で、以下のような事を言ったんだそうです。

 何を言ったのかと言えば「(『アナと雪の女王』は)毒にも薬にもならない映画」だとか、「誰もストーリーを褒めていない」だとか、「悪いところが一切ない。良いところも一切ない」とかね。その他、CG表現がいかにも教科書どおりの作り方だというニュアンスの事も言ってます。

 どんな文脈で言ったのかまでは分かりかねますが、ここで切り取られた言葉だけから判断すると…「伊集院氏はよく分かってらっしゃるなあ…」と私、思いました。と同時に「これが日本の(モノがよく分かっている)オヤジの典型的な感想なんだな」とも思いました。

 日本人、とりわけオヤジというモノは、ミュージカル音痴と言うか、ミュージカルの楽しみ方を知らないんだもんなあ。

 「アナと雪の女王」は、たまたま映像の部分がアニメーションであるというだけで、実はごく普通の良質なミュージカルです。だから、ストーリーが毒にも薬にもならないのは当たり前。だってミュージカルでは、ストーリーは歌のジャマをしちゃいけないんです。ストーリーが自己主張をしちゃいけないんです。ストーリーは陳腐でアリアリのモノでいいんです。あくまでも、歌の背景であり、歌の舞台なんですから。その「毒にも薬にもならないストーリー」に力のある楽曲が乗っかった時に感動が生まれるんです。それがミュージカルでしょ?

 伊集院氏は「アナと雪の女王」を“目で見て”楽しんだのだと思います。それなら、このような感想になるのも当然です。でも、この映画で大切な事は“耳で聞いて”楽しむ事です。そこにこの映画の美点があるんです。あくまでも、ストーリーやCGは二次的なモノであって、これらは歌に奉仕するためにあるんです。

 別に伊集院氏を攻めているわけじゃないです。おそらく彼は日本のオヤジたち、それも色々な事をしっかりわきまえているオヤジたちの典型的な意見を言っただけなんだと思います。彼は、日本のオヤジたちのオピニオン・リーダーの一人なんだと思います。

 だいたい日本のオヤジたちって、まず音楽を好まないからね。ましてや、ディズニー映画となればファンタジーの世界だし、ミュージカルなんて夢々しいし、非日常的だし。これら全部、オヤジさんたちが苦手とするモノでしょ? 良いとか悪いとかではなく、オヤジさんたちに取って、ミュージカルとは、苦手で受け入れがたいものなんです。だから「アナと雪の女王」がヒットすればするほど、なぜヒットしているのか、分からないわけです。だって「アナと雪の女王」ってミュージカルなんだもの。彼らオヤジには理解できないモノなんだもの。理解できない以上、どこがどう素晴らしのかなんて、分かるわけないんだもの。

 私の知人でも「アナと雪の女王」を見に行って「あんな映画のどこがおもしろいだか、さっぱり分からない」とか「子どもだましで、くだらない」とか「始まって10分で寝た!」とか威張っているのは、大抵オヤジさんたちです。そしてそれがオヤジさんなんてす。

 まあ、そういう意味では、私はオヤジとしては異端な存在なんでしょうね。だいたい、音楽好きだし、歌を歌うし、フルート吹くし。まともなオヤジさんたちからすれば、ほんと理解できない趣味をしているオヤジだもんな、私(笑)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« 公私ともに忙しくて、人生が無理やりに充実しているような気がする[2014年4月の落ち穂拾い] | トップページ | そう言えば、フルートの調整に行ってない… »

歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 公私ともに忙しくて、人生が無理やりに充実しているような気がする[2014年4月の落ち穂拾い] | トップページ | そう言えば、フルートの調整に行ってない… »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん