ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« フルートの練習をしないと…こうなりますよ | トップページ | 消費増税に伴う便乗値上げとレッスン代について »

2014年4月24日 (木)

英語の字幕はやっぱりキツい

 発表会が迫っていますので、少ない練習時間からなんとか時間を捻出して、声楽の練習を続けている私です。

 歌う曲は三曲。ドニゼッティ作曲「愛の妙薬」より二重唱「Una parola o Adina/そよ風に聞けば」と、ベッリーニ作曲「Ma rendi pur contento/喜ばせてあげて」と、レハール作曲「ほほえみの国」より「Dein ist mein ganzes Herz/君は我が心のすべて」です。
 ドニゼッティの二重唱は、以前にも歌った事があるので、まあなんとかなるでしょ。ベッリーニの歌曲は、歌曲だから、曲そのものに向き合えば、それでなんとかなります。問題は、レハールですね。

 この曲はオペレッタの中の曲なので、当然、この曲が入っているオペレッタ「ほほえみの国」を知らないと話になりません。このオペレッタがどんなオペレッタであって、私が練習しているこの曲は、劇中では、誰が誰に向かって、どんなシチュエーションで歌っているかが分かっていないといけません。

 でも「ほほえみの国」ってオペレッタ、日本では実にマイナーなんだよね。実は私も、オペレッタそのものは良く知りません。

 テレビ放送も無いし、DVDも日本語字幕付きは、昔はあったみたいだけれど、現在は廃盤になり、日本語字幕のものはございません。となると、高値がついている日本語字幕付きのDVDを中古で買うか、日本語字幕無しの輸入盤DVDを買うかの二者選択となるわけです。で、中古品が17000円から。一方、輸入盤なら新品が1000円で買えます。字幕以外はほぼ一緒ですから、字幕の有無だけで、値段が17倍も違うのは、さすがに違いすぎますでしょ? なので「まあ、英語の字幕で見ればいいか」と判断して、輸入盤の「ほほえみの国」を購入した私でした。

 で、その輸入盤を英語字幕で見たわけですが…いやあ、自分を過信しちゃいけませんね。確かに、この程度の英語なら、英語を日常的に読み書きに使っていた20代の頃の私だったら、なんて事もなかったかもしれません。しかし、日本語どっぷりの生活を長らく続けた、ぼけ始めたジイサンである私には、少々キツかった(涙)。

 いや、少々ではありません。かなりキツかったです。

 一応、私が、中国の皇子のスーであり、スーには妹のミーがいて、第一幕の段階では、スーはウィーンに滞在してる外交官である事は分かりました。で、ヒロインは、ウィーンの貴族の娘のリーザです。あと、いわゆるバリトンさんの役が、リーザの幼なじみでウィーンの貴族の御曹司であるグスタフとなっています。で、このグスタフはリーザに惚れていて、オペレッタが始まって早々に彼女にプロボーズをするのだけれど、リーザはグスタフには全然興味がなくて、グスタフを振っちゃいます。と言うのも、実はリーザはスーに片思いなんです。一方、スーの方はリーザに強い関心があるわけでもなくて、なんとなく二人は平行線なんですが、そんなある日の事、中国に革命が起こって、スーが国に帰らなければいけなくなった時も、スーは妹と二人だけで帰ろうとしますが、それを知ったリーザはスーの反対を押し切って、押しかけ女房的にスーと一緒に中国に旅立ちました。ちなみに、ここまでが第1幕。

 なんか分からなくなってきたのは、第2幕から。おそらく、このあたりで、私の集中力が切れてしまったからかもしれません。第2幕では、舞台がウィーンから中国の宮廷に変わっていました。私のスーはどうやら皇帝になったようです。で、恋女房であるリーザは後宮に入れられてしまったようで、リーザは自由にスーと会えなくなってしまったわけです。一方、リーザに惚れているグスタフは外交官として中国に赴任し、時折リーザに面会していました。ある日、グスタフがリーザに、スーがリーザ以外に4人の側室を持つことが政治的に決定したという情報を届けました。そしたら、リーザ半狂乱。そこにスーがやってきて、歌うのが、今回、私が発表会で歌う「君は我が心のすべて」です。

 嫉妬で半狂乱になっているリーザに「私が愛しているのは君だけだ」と歌い上げるわけだけれど、そんな歌じゃあ、リーザは全然収まらない。ブチ切れるリーザを見ているうちに、スーの方もぶち切れて「こんな分からず屋の女にはお仕置きが必要だ」とかなんとか言って、リーザを座敷牢にぶち込むのです(やっている事、結構、無茶苦茶です)。たぶん、こんな感じ(汗)。ここまでが第2幕。

 第3幕では、妹のミーがグスタフといい感じになって愛の二重唱を歌います。で、ミーとグスタフでリーザをなだめにいきますが、リーザは相変わらず、ブチ切れています。結局「こんな国、一秒たりともいられないわ」とかなんとかタンカを切って、リーザはスーと離婚して国に帰る事を決心し、ミーとグスタフとリーザで宮廷に乗り込んでリーザは「私を国に返してちょうだい!」とスーに迫ります。すべてを諦めたスーは、グスタフにリーザの事をゆだねて、帰国すること(つまり、離婚すること)を認めます。

 細かいところ、あれこれたくさん間違えているかもしれないけれど、たぶん、こんなストーリーだったと思います。少なくとも私はこう理解しました。でも、こんなストーリーなのに“喜”歌劇?

 いやあ、それにしてもやっぱり、字幕は日本語に限りますね。ほんと、なんか、あれこれ得心がいきません。

 つまり私が発表会で歌う曲は(本当は違うんだけれど)浮気が発覚して半狂乱になっている妻に向かって「誰よりも君の事が一番なんだよ」となだめるための歌っている歌なんですね。ここでのポイントは「他の子とは別れます」ではなくて「他の子の事も愛しているけれど、君がナンバーワンなんだよ」と言った部分かな? 男からすれば「ナンバーワンなんだから文句言うなよ」だけれど、女からすれば「他の女とは別れてほしい。私だけを愛してください」のすれ違いなわけだ。

 ある意味、精神的にマッチョで漢らしい歌だけれど、女心はちっとも分かっていない歌なのかもしれません。まあ、いいや。メロディはキレイだし、歌詞もかなりスイートだけれど、頑張ろう。

 それにしても「ほほえみの国」はオペレッタだけれど、ミュージカルよりもオペラの方に近い作品だなって思いました。おまけに、私が歌うアリア以外にも、良曲がたくさんあります。見ると結構楽しい作品です。ほんと、これで日本語字幕が付いていたら、かなり楽しめただろうなあと思うと、残念ですよ。

 実はもう一つ、日本語無しで英語字幕のオペラのDVDを持っています。デセイの椿姫なんだけれど、椿姫はストーリーはきっちりと分かっているので、英語でも…たぶん…大丈夫なんじゃないかな…なんて思ってます(汗)。しかし、デセイのDVDって、日本語字幕がついているものって、現行版にはほとんど無いんだよね、残念。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« フルートの練習をしないと…こうなりますよ | トップページ | 消費増税に伴う便乗値上げとレッスン代について »

歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フルートの練習をしないと…こうなりますよ | トップページ | 消費増税に伴う便乗値上げとレッスン代について »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん