ひとこと

  •  お相撲さんは格闘家であり、その素手は強力な武器であるわけだから、土俵以外の場所では、たとえ素手であったとしても他人を殴ってはいけないわけだし、ましてやその手に器物を掴んで凶器を使用してしまったら、言い訳はできないし、そもそもやり過ぎだし、卑怯ですらあると、私は思う。今回の件は、日馬富士にも同情すべき点は多々あると思うし、魔が差したのかもしれないが、鉄拳制裁はアウトだと思う。武道や格闘技は、暴力とは違うわけだが、角界の範たる横綱が暴力を行使しちゃあ言い訳できないよなあ。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ラ・フォル・ジュルネに思う | トップページ | 英語の字幕はやっぱりキツい »

2014年4月23日 (水)

フルートの練習をしないと…こうなりますよ

 最近、色々と忙しくてフルートの練習をロクにしていなかった私ですが、どうやら忙しさのピークを乗り越え、少しずつ自宅での練習もできるようになり、レッスンにもなんとか通えるようになってきました。

 そして思うことは「フルートの練習は、あまりサボらない方がいいなあ」という事です。いやあ、実に仕事の繁忙期は練習サボりまくったからなあ~(遠い目)。とにかく、レッスンが無いと、なんか気分がのんびりしてしまって、練習に身が入りません。やはり、コンスタントにレッスンに行くと言うのは大切な事です。

 練習をしなくなって良かったなあと思うことは、あまりありません。あまりにフルートを吹かなかったため、フルートのメカの狂いが少なくて、調整に行く手間が省けて良かったなあって事くらいです。本当なら、3月あたりに調整に行かなければいけなかったのに、その必要を全く感じなかったんですから。

 その一方、練習をサボってしまったために、失ってしまったものはたくさんあります。

 例えば、指の動きの円滑さ。元々、指は動く方ではありませんでしたが、ここのところは、本当に動きません。指をどう動かしていいのか、迷うことも多い(笑)し、動かし方も均一ではなくなっています。筋肉が衰えた…んでしょうね。これを以前のレベルに戻すには、かなりの時間が必要かも…。

 クチビルの脱力もダメになっていました。まるで、本当の初心者に戻ったかのようで、無駄な力がクチビルは入ってしまいます。クチビルの脱力ができないと、高音である三オクターブ目の発音はまず無理なんですが、その無理な状態に陥っている私がいます。

 三オクターブ目と言えば、そのあたりの運指もキレイに忘れてしまいました。ほんと、情けないったら、ありゃしない。

 読譜力も落ちているし、練習していた曲そのものも忘れてしまいました。ははは、ほんと、冗談じゃないよ。

 私に残っていたものは…先生がおっしゃるには「音色の美しさ」だけなんだそうです。つまり、この部分は後天的に修得したものではなく、最初から私に備わっていたモノって事なんでしょうね。もっとも、私に備わっていた…と言っても“私自身に備わっていた”と言うよりも“私の楽器に備わっていた”だけのような気がします。それくらい、アゲハ(アルタスフルート)の音色は美しいからね。

 ひとまず、仕事の忙しさのピークは過ぎたので、ボチボチと練習を重ね、失ってしまったものを、一つずつ拾い集めていくことにします。それにしても、学ぶのに難く、失うに易いのは、年寄りの習性なのかしらねえ。若い時は、いくら練習をサボったからと言って、こんなに見事なにスッパリ忘れてしまうなんて事はなかったのに。ああ、恐るべきは老化現象だな。

 きっと、1年くらいサボり続けていたら、全くフルートを吹けなくなってしまうかもしれません。若い時に見つけた事は、30年経っても案外出来るのにねえ…。やはり技術ってヤツは、習得年齢が大切なのかもしれません。でも、時間は逆さまに流れませんからね。「いつ、学ぶの?」「今でしょ!」 この言葉は結構的確に真理を突いているかもね。なにしろ、これからの人生において“今”が一番若い時なんだから。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

« ラ・フォル・ジュルネに思う | トップページ | 英語の字幕はやっぱりキツい »

フルートのエッセイ」カテゴリの記事

コメント

楽器に限らず、「練習は嘘つかない」、と言われますが、ホントにぜったいに練習は結果を出してくれると思います。なんだってそうですよね。家事だって仕事だって、はじめは練習みたいなもんですよね。人生だって、たっちも、おゆうぎも、おべんきょうも、練習の連続だったなあと、今にして思います。
で、さぼるとさぼった結果、まじめにやればまじめにやった結果がちゃんと出てましたもんね・・・・・。

でもなぜか、何事でも、「ちょっとさぼって、ハッと気づいて」、がんばったあとは、後退したぶんの取り返しも早かったですよ。だから大丈夫ですって。

指だって譜読みだって、取り返したらぜったいにおまけももらえると思ってください。いくら老化現象のさなかだからって、だてに何年も笛吹いてたわけじゃないんですから、ぜったい大丈夫!、まーくやしいけと、忘れることだけはほんと、早くなりました。アッという間ですね。

だりあさん

 はい、取り返しますよ。失地回復運動ですよ、レコンキスタですよ。頑張りますよ。

 ブランクと言えば、ヴァイオリンが、本当に何もしない日々が続いていたのですが、久しぶりに弾いてみたら、ほとんど衰えていませんでした。まあ、到達した点が全然低かったので、これ以上下手になれない…とも言えますが。下手になれる下限ってのがあるみたいです(爆)。

 たどたどしく遊び弾きをする程度なら、ヴァイオリンはイケるという事を発見して、今更ながらビックリしてます。確か、ヴァイオリンって、やたらと難しい楽器のはずなんだけれどなあ(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラ・フォル・ジュルネに思う | トップページ | 英語の字幕はやっぱりキツい »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん