ひとこと

  •  ポケモンGOの仕様が大きく変わって戸惑ってます。たぶん改良されたのだろうと思うのだけれど、どう楽しめば良いのか、正直戸惑っています。年寄りは変化が苦手なんだよねえ。ああ、以前のゲームシステムが懐かしい…。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 歌における音程の取り方について、私なりのアドヴァイスを… その1 | トップページ | 歌における音程の取り方について、私なりのアドヴァイスを… その3 »

2014年3月19日 (水)

歌における音程の取り方について、私なりのアドヴァイスを… その2

 話は昨日の続きとなります。

 まずはチューナーに向かって発声してみてください。それからチューナーを見てください。この順番は大切で、チューナーを見ながら発声するのではなく、発声してからチューナーを見るようにしてください。

 発声してチューナーを見て、自分の声が目的とする音程に近いのか、うんと遠いのかを確認してみてください。そして、そこから目的とする音に近づくために、自分の中を色々と変えて、再び発声してみてください。そしてまたチューナーを見てください。この繰り返しが大切です。何度かやっているうちに、コツがつかめてくると思います。やがて、どんな声を出せば、音程が高くなり、どんな声を出せば、音程が低くなるかが分かるようになります。そうなれば、こっちのモノです。最初の一歩は成功です。

 でも、チューナーに頼りッきりじゃダメです。チューナーって、結構、非音楽的な機械だし、実際の歌はチューナーを握りながら歌うわけにはいかないので、どうしてもチューナーを使わなくても、正しい音を発声できるようにしないといけません。そのためには、声ばかりでなく、耳を鍛えていかないといけないのです。

 なので、チューナーで確認しながら、なんとなく目的の音の近くの音程で声が出せるようになったら、チューナーを横において、次はキーボードと仲良くなりましょう。そして、キーボードの音と一緒に発声してみて、キーボードの音に合わせて、正しい音程で発声できるようになれるのが、次の段階かな?

 キーボードはチューナーと違って、分かりやすい形で音程の間違いを指摘してくれませんので、間違いに気づくためには、ちょっとした心遣いが必要です。

 まず、キーボードと一緒に発声した時に、耳をすませて見てください。何となく、声がうねるような感じなら、音程がズレています。その証拠に、そんな時は、すぐにチューナーで確認すると、外れている事が分かります。音程が合っている時は、なんかしっくりするので分かります。まずはしっくりする感覚を覚えましょう。

 最初は、無理なく、発音しやすい音域で練習をし、正しく歌える音を一つ一つ増やしていきましょう。

 慣れない人がよくやる失敗として、音程を高くしようとして、ついつい大声になったり、音程を低くしようとして、声を太くするってのがありますが、これらはすべて間違いであり、無駄な努力となります。ちょっと考えれば、音程と音量、音程と音色、それぞれの間には、何の関係もないのです。だから、高い声を出そうとして、ついつい大声になったり、低い声を出そうとして、ついつい太い声にしても、何の解決にもなりません。そんな事をするくらいだったら、キーボードを弾く手を休めて、チューナーを見ながら音程を確認して、発声してみましょう。

 あと、これは邪道な方法だけれど、音程が狙った音よりも低い時は、軟口蓋のあたりを上に持ち上げる感じで声を出してみると、音程が高くなるし、声が狙っていた音よりも高い時は、舌の付け根のあたりを下に引っ張る感じにして声を出してみると、音程が低くなります…が、これらは方法として、付け刃的な一時しのぎでしかないので、常用するのは危険ですが、どうしても困ったときには、こんな方法もあるので、試してみてください。

 それと音程って奴は、小さな声で歌った方が、合いやすいようです。なかなか音程が合わないなあ~と思ったら、小さめの声で軽く鼻唄のような感じで、ハハハ~ンと歌った方が良いです。特に、カラオケで歌おうと思っている人は、どうせマイクを使うのですから、自分の声に音量がなくても、何の問題もありません。

 カラオケを征しようと考えるなら、大声はいりません。小さな声でも良いので、耳をすませて正しい音程で歌えるようにしましょう。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« 歌における音程の取り方について、私なりのアドヴァイスを… その1 | トップページ | 歌における音程の取り方について、私なりのアドヴァイスを… その3 »

発声法のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歌における音程の取り方について、私なりのアドヴァイスを… その1 | トップページ | 歌における音程の取り方について、私なりのアドヴァイスを… その3 »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん