ひとこと

  •  平昌オリンピックが2月8日から25日の日程で行われています。で、その最中の2月15日から17日の3日間がソルラル(春節・旧正月)になります。韓国人はお正月を、我々日本人とは異なり、中国人たちと同日程のソルラルで祝います。ソルラル中は2/3以上の韓国人が故郷に帰省するそうです。つまり、この時期、韓国では民族大移動が行われるわけです。当然、交通機関は麻痺状態です。お店の大半が休業なんだそうです。なんで、そんな時期にオリンピックを開催しているんでしょ? 日本風に言えば、オリンピックを年始年末休みに行うようなものです。オリンピックを見に行った多くの外国人たちが、ソルラルの事を知らずに、泣きをみているそうです。可哀想に…。
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« どうも消費税があがるようですね | トップページ | 花粉症から開放されています(喜)! »

2014年3月29日 (土)

さて、ウチで長生きなのは誰なのかな?

 ウチの水槽で一番長く生きているのは誰だろうと思いました。

 金魚の中では、何と言ってもサクラですね。今のサクラは二代目のサクラですから、我が家にやってきたのは、2010年の6月になります。今は2014年の3月下旬ですから、4年9カ月になります。うむ、長生きだね。

 この子が一番長生きかな?と思ってましたが、上には上がいるもので、よく考えてみたら、ウチの水槽にはヤマトヌマエビが1匹だけおります。この子は、トートが来る前からウチにいた子なので、ちょっと調べてみたら、なんと2008年8月に我が家に来ているみたいです。となると、5年7カ月ですか? サクラよりも一年ほど前から我が家にいることになります。

 うわー、すげえなあ、と思っていたら、なにやら水槽の奥の方でアピールする奴がいます。よくみたら、緋ドジョウのチビじゃないですか? さて、こいつはいつから我が家にいるのかなと調べてみたら、2008年のお正月に我が家に来ていますので、すでに6年3カ月ですか? そうだよね、ドジョウって長生きなんだよね。以前、我が家にいた、食用ドジョウのセボネマガリは享年7才だったんだよね。ドジョウって、結構長生きします。

 我が家の長老はチビで決定! と思ったら、やっぱり、水槽でナニゲにアピールする子がいます。それは、名もないイシマキガイたちです。イシマキガイは、近所の農家さんからタニシをいただけるようになる前は、よく金魚屋で買っていた巻き貝なんですが、タニシをいただけるようになってから、まったく買っていません。つまり、ウチにいるイシマキガイたちは、タニシ以前からいる子なんです。

 で、我が家にタニシが始めてやってきたのは、2007年の夏なんです。と言うことは、イシマキガイは、間違いなく、2007年の春先には、すでに我が家にいたことになります。と言うことは、少なくとも、7年以上は我が家にいることになります。なにしろ、イシマキガイは個体識別ができないので、今の子たちがいつ我が家にきたのか分かりません。下手をすると、水槽を始めた時に購入したかもしれないくらいの子たちです。となると…10年オーバー?

 エサもやらずに、特に面倒をみることなく、それでもモクモクとけなげに生きてきたイシマキガイ。一番長生きで、一番すごいのは、君たちなのかもしれません。

 本当にすごい奴は、案外目立たないものなのかもしれません。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« どうも消費税があがるようですね | トップページ | 花粉症から開放されています(喜)! »

金魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どうも消費税があがるようですね | トップページ | 花粉症から開放されています(喜)! »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん