ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 柳葉敏郎氏になってしまってはダメなんです | トップページ | どうも消費税があがるようですね »

2014年3月27日 (木)

いい気になって、歌いすぎないように

 声楽のレッスンの続きです。発表会も近いので、すぐに曲の練習に入りました。

 まずは、ベッリーニ作曲「Ma rendi pur contento/喜ばせてあげて」からです。この曲は簡単なんだけれど、実に難しい曲です。まず、一通り歌ったところで先生がおっしゃった事は「音を置くように歌っていて、全然歌が前に進まない」です。つまり、声に歌を進ませるだけの推進力がありませんって言われました。

 丁寧に優しく歌っているつもりが「音を置くように歌っている」と聞かれてしまってはダメですね。丁寧に優しくは良いけれど、音楽が前に推進していかないと、聞いていて面白くないですからね。ここは一つ、音楽を前に進めないと!

 声に推進力を付けるにはどうすればいいのでしょうか? って、実は簡単な話で、しっかり発声すれば、自然と声に推進力がつきます。私の場合は、支えが足りないので、声に推進力が足りなく聞こえちゃうんですね。

 歌い始めの“Ma”とか、次のフレーズの出だしの“E”などは、しっかり腹筋を使って、カツンと発声する事が大切ですが、その際に、音が短くなりすぎないようにしないといけませんし、音を長めに発音したなら、その音の切り際もきちんと飛ばすように切らないといけません。ううむ、難しい。

 ゆっくりした曲なので、すべての音符をしっかり、その音価の分だけ伸ばさないといけないし、伸ばしすぎもいけません。また、音を伸ばしたら、声を膨らませて、色気も表現しないといけません。ほんに、やることが多すぎです。

 ブレスをしたら、基本的には仕切り直しです。ブレスの前の世界を断ち切って、改めて歌いだす事が必要です。もちろん、テクニック的に前の世界観を引きずったまま歌った方が良いケースもあるけれど、基本的には仕切り直しです。

 私は、ちょっと前まで、ブレスをしたら、仕切り直ししすぎて注意されていましたが、今回は仕切り直さなすぎで、逆の注意を受けました。ブレスで仕切り直しをしないまま歌い続けると…最後は声がつらくなります。だから仕切り直すんですが、このくらいの曲だと、仕切り直さないままで歌えてしまうので、そこがダメなんだな。

 本当に、簡単だけれど難しい曲です。

 次はレハール作曲「ほほえみの国」より「Dein ist mein ganzes Herz/君は我が心のすべて」です。

 ドイツ語は難しいですね。まだ、舌がうまくまわらないし、母音の音色も微妙に違っているような気がします。ああ、もっともっとドイツ語を歌い倒さないとなあ…。

 この歌は、実はかなり危険な歌です。と言うのも、本当に、歌いやすいんですよ。

 音域的に、テノールにとって、ちょうどよい音域で曲が作られているので、ついつい歌い飛ばしてしまいがちですが、あまりに歌い飛ばしていると、ノドが極端に消耗してしまいます。

 私も、ついつい、いい気になって、この曲を歌い飛ばしていたら、ノドを鳴らしすぎてしまい、ノドがかゆくてかゆくてたまらなくなりました。で、それを我慢しているうちに、我慢の限界に達して、ついに歌の最中にむせてしまいました。ダメですね。

 むせたくなければ、ノドの鳴りを抑えて歌う必要があります。でも、この曲、簡単だし、声を出しやすい曲なので、ついついノドを鳴らして歌ってしまいます。

 この曲は20世紀の曲なので、多少ノドを鳴らして、声を重くして歌うのもアリなんだそうです。ですから、私がついついノドを鳴らして歌っていても「そのスタイルで最後までイケるなら、それはそれでアリだな」と先生も思っていらっしゃったので、今回は「軽く、軽く」とは言わなかったんだそうです。

 でも、このスタイルでは最後まで歌うのは難しいのですから、やはり、この曲も、なるべく軽く歌って、極力、ノドを鳴らさないように歌わないといけないみたいです。

 しかし、ノドを鳴らさないように歌うのと、支えを抜いて歌うのは違うわけだし、支えをしっかり入れると、声が大音量になってしまう私ですが、それも本来は関係ないのです。ノドを鳴らさないためには、しっかり響きを豊かにして歌わないといけません。

 そうそう、この曲には高いAs(最高音です)が4回登場しますが、曲の最初の部分では、この音はさりげなく歌わないといけません。これだけの高音をpで歌うのは、かなり難しいです。でも、最初の数回はPで歌い、最後に近づいたら、一発カマせばいいわけです。高い音だからと言って、いつもいつもクライマックスであるかのように歌うのは、下品だし、第一、声が持ちません。歌には、きちんとメリハリをつけないとね。

 それにしても、この曲、本当に歌いやすいです。

 テノールである私には歌いやすい曲ですが、バリトンであるY先生にはあまり歌いやすくないようで、先生は常に1オクターブ下で歌いながら指導なされていました。同じ曲の同じフレーズなのに、テノールである私と、バリトンである先生では、こんなに違うんだなあって思いました。とにかく、あれだけ低い音がバリバリ簡単に出している(ように聞こえる)って、すごいなあって思いました。あれを聞くと、私はバリトンに転向しなくて正解だなって思いました。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 柳葉敏郎氏になってしまってはダメなんです | トップページ | どうも消費税があがるようですね »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

ドイツ語はね、最初に母音だけで歌って、その後、子音+母音で歌う様にすると良いですよ。
T, K, H, schをハッキリと。
子音をさっと出して、母音をかぶせるとキレイに聞こえます。
頑張って!

あ、それから母音は、日本語の「う」は浅すぎるので、口の後ろで深く発音して下さい。
i の時に閉めすぎないように!

おぷーさん

 そうですよね、まずは母音で歌う事から始めないと…です。はい、やってみます。

>あ、それから母音は、日本語の「う」は浅すぎるので、口の後ろで深く発音して下さい。i の時に閉めすぎないように!

 iの時に閉め過ぎているかもしれません、ってか、自覚症状があります。もっと、eに近いiの方がいいんだろうなあと思いつつ、しっかり閉めてます、ダメだな。「う」は第九を歌っていた時に散々注意されたので、うまくはできませんが、気にはしています。

 イタリア語も難しいけれど、ドイツ語は不慣れな分、もっと難しいですが…曲が良いので、なんとか頑張ってみたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 柳葉敏郎氏になってしまってはダメなんです | トップページ | どうも消費税があがるようですね »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん