ひとこと

  •  ああ、ゴールデンウィークに突入いたしました。今年のGWは、レッスンと温泉とラ・フォルジュルネとオペラで過ごそうかと思ってます。あ、溜まったDVDも見ないとなあ。ああ、とりあえず忙しいGWになりそうだなっとね。それはそれと、今年のラフォルジュルネは、パソナが不参加なんすよ。ああ、残念残念残念。私はパソナのコンサートが大好きだったのに…、もう生きる希望が無くなったよ(ちょっと大げさ)。とにかく、パソナが不参加で悲しい私でした。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« レッスンも色々 | トップページ | 電気料金って、高くない?[2014年3月第3週・通算8週] »

2014年3月15日 (土)

雑に飼っても、金魚は育つ

 私は金魚を飼っています。今の子たちは、結構丁寧に飼っているつもりですし、愛情も結構そそいでいるつもりです。ですが、きちんと金魚を飼いきれているか尋ねられると、ちょっと不安になります。だって、ウチでは金魚の命って、そんなに長くないものね。

 短い子で数ヶ月ですが、これはウチの水槽の水が合わなかったとか、元々弱い体質であったとか、病気を持っていたとか、などの原因が考えられますが、長い子でもせいぜい3~4年程度の命だと思います。おそらく、今いるサクラなどは、かなりの長老さんになるんじゃないかって思います。もしかすると、この子は我が家の歴代長寿1位になってしまうかもしれません(ブログを付け始めてからの子は、ブログを丹念に調べていくと、寿命が分かるのですが、今はブログをチェックする元気がありません:笑)。

 なので、私は金魚を飼うのが、あまり上手な飼い主ではないのかもしれません。

 私、実は金魚って、今回始めて飼っているわけではありません。子どもの頃から何度も飼ってました。

 その中でも思い出深いのが、小学校の高学年の頃に飼っていた子たちです。

 例によって、金魚すくいの金魚だったのですが、その頃の金魚すくいって、今と違って、割と金魚の種類にもバリエーションがありました。ある年の夏、五匹の金魚が私にすくわれて、我が家にやってきました。いわゆる素赤和金が2匹、黒デメキンが1匹、鉄魚が1匹、らんちゅうが1匹という、なかなかにアンバランスの組み合わせの5匹でした。

 飼育環境は、父が数年前に放棄した熱帯魚水槽をもらって、水槽も濾過装置も砂利ももらったものを、そのまま使って金魚たちを飼い始めました。

 水槽が置いてある場所が玄関で固定されており、大きさも60cmという大きな水槽だったし、当時の私はまだまだ子どもでしたので、今の子たちのような丁寧な飼い方でできず、結構、雑な飼い方をしていました。

 エサはとりあえず、毎日与えていました。1日一回です。たまに忘れることもありましたが、当時の子たちは人にエサをねだる事はなかったので、こちらも気にすることはありませんでした。それにだいたい、与えるエサも子どもの小遣いで買うのですから、当時一番安いエサ(一箱100円程度の本当に安いエサです)でした。それをケチって、ちょびちょびとしかあげませんでした。

 水替えは…しませんでした。いや、一度は試みたかな? でも、小学生に60cm水槽の水替えは無理でした。なので、水替えはやった方が良いとは知りつつも、水槽の水が減ってしまった時に、水道水をドバドバと入れてやる…くらいしかできませんでした。また、濾過装置のフィルターも換えませんでした…というか、フィルターって、換えるモノだという知識がなかったんですね。

 水草も入れてやらず、貝類もいなければドジョウもいなくて、60cm水槽に砂利を敷いて、ただ、水が入っているだけの空間に金魚がポツンと5匹泳いでいたわけです。ただ、それだけ。実に殺風景。

 そんな環境ですから、やがて水槽のガラス面に緑色の藻が生えます。藻が生えると、中が見えなくなって、なんとなく汚らしく感じるので、たまにガラスの掃除をしてやりましたが、やがて私も中学生になると、日々の生活が忙しくなり、それすら面倒に思うようになって、やがてガラス掃除をさぼるようになり、ごくたまにしか掃除をしてやらなくなりました。水槽の水もやがて濃い緑色になってしまい、中に何がいるのかよくわからなくなりました。それでもエサだけはやりました。だって、食べる子がいるんですからね。

 たまに金魚がガラス面近くを泳ぐと、そのカラダが見えましたが、どの子も30cm近い巨体になってました。巨大金魚が5匹、緑色の水の中で悠々と泳いでいたのです。

 そんな劣悪な環境にも関わらず、金魚たちは1匹も星になる事もなく、実に10年以上の年月を我が家の水槽で暮らしたのです。

 小学生の時に飼い始めた金魚たちですが、私が結婚をして家を出るまで、私のズボラな管理下にいましたが、さすがに結婚して家を出るとなった時、金魚たちを連れて行くという発想もなかったので、その世話を弟たちに頼みました。

 たぶん、三ヶ月ぐらいして、実家に戻ったら、玄関の水槽がモヌケのカラでした。どうやら、私が家を出てしばらくして、金魚たちが全滅したようですが…どうも弟たちが何か余計な事をしたのが、その原因らしいので、詳しく聞きませんでした。

 おそらく、水槽が見苦しかったので、キレイに掃除をして、水も替えてやったんじゃないかな…って思います。そして金魚全滅。まさに『水清ければ魚棲まず』です。

 金魚って、環境の激変に弱いからなあ…。それに、人間にとってのキレイと、魚にとってのキレイは、おそらく違うんだと思います。

 今思うと、金魚って、案外、雑に飼っても…というか、雑に飼った方が、彼らにとっては幸せなんじゃないかな。ガラス面に藻が生えて、水も緑色になるくらいの方が、きっと金魚にとっては好都合なんだろうと思いますが、それでは飼育者&鑑賞者である人間の目からは汚らしく見えるんですよね。人間にとってもキレイで、金魚たちも住みやすい環境作り…今でもそのバランスに悩んでいる私です。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« レッスンも色々 | トップページ | 電気料金って、高くない?[2014年3月第3週・通算8週] »

金魚」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

金魚が30cmですか(驚)
実は鯉の稚魚だった・・・なんてことはないですよね。

Yokusiaさん

>実は鯉の稚魚だった・・・なんてことはないですよね。

 ないない(笑)。鯉なら、ヒゲが生えているので、間違えることはないです。

 金魚って、どの種類であれ、きちんと育ててやると、30cm前後になりますよ。もちろん、そのために必要なのは、広い場所と豊富なエサですが…。水槽でも60cm水槽で買えば、それくらいになりますよ。

我が家の飼い方は雑だなぁ。
というか、雑に飼っても大丈夫な個体が合う家庭かもしれん。

金魚にしてもハムスターにしてもメダカにしても。
去年のラジオ体操の景品だったメダカっちが、1.5倍になっております。

ちなみに、うちの金魚たちについては、あまりにも水槽が汚れると飛び跳ねて抗議する奴がいるので、仕方なく主人が掃除してる感じです(^_^;)

ことなりままっちさん

 人間もそうですが、少々乱雑な環境に育った方が強くなるようですから、金魚も適度に雑な飼い方がベストなんだと思います。

>あまりにも水槽が汚れると飛び跳ねて抗議する奴がいるので、

 ううむ、それはすごい。ウチは水替えをすると、不機嫌になる奴がいます。きっと彼ら的には、適度に汚れた水の方がいいんだろうなあ…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レッスンも色々 | トップページ | 電気料金って、高くない?[2014年3月第3週・通算8週] »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん