ひとこと

  •  まもなく7月になります。なんか今年も、もう半年が過ぎようとしているんだなあ…と思うと、ほんと、時の流れを速く感じます。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 栄枯盛衰もまた夢のうち[2014年1月の落ち穂拾い] | トップページ | 気になる日本語[2014年2月第1週・通算4週] »

2014年2月 1日 (土)

金魚はなぜ金魚と呼ばれているのか?

 金魚はなぜ金魚と呼ばれているのか?…つらつらと考えてしまった事があります。

 金魚は英語ではGoldfishと言うそうです。おそらく“金魚”からの直訳なんでしょうね。そして金魚は元々、中国原産で日本には室町時代あたりに入ってきたそうだから“金魚”という言葉は日本語と言うよりも、中国語なんだと思います。

 “金魚”という言葉が元々中国語なら“金魚”の“金”は、銭の事でしょうね。つまり“金魚”は“銭魚”です。ただし、昔の中国では、銭は金(ゴールド)であったわけですから、“金魚”の金は、金銀銅の金でも良いはずです。

 だから英語ではGoldfishなんだな。

 では、一体、金魚のどこが、ゴールドなんだろ?

 金魚の体色には色々あります。一般的なのは、赤や朱ですが、白もいれば、黒もいます。単色のものもいれば、二色三色、いやもっと多色の子もいます。しかし、金色の金魚っては、さすがにいません。

 なぜ金魚なんだろう? …と我が家の水槽をじっくり眺めてみましたが、やっぱり分かりません。

 それがなんとなく納得できたのは、ある夏の日の縁日の事です。そうです、金魚すくいの金魚を見ていた時です。ライトの加減もあったのかもしれませんし、あそこにいる子たちは、通称“ハネモノ”と呼ばれる、素赤和金でも色の薄い(値段的に)安い子たちばかりだったからかもしれませんが、その時の金魚すくいの金魚たちは、ほんのり赤味がかった金色に見えたんですよ。ああ、なるほど、これなら、金魚も金色だ。

 もしかすると、昔の金魚ってのは、今の金魚よりも色が薄かったのかもしれません。また、飼っていた環境だって、今のように光があふれる環境ではなく、薄暗かったり、光に色がついていたような環境だったのかもしれません。そういう環境では、金魚の赤い体色が金色に見えることだってあったわけです。

 だから、金魚は金魚って呼ばれるようになったのかもしれないなあって思いました。もちろん、単純に中国人はお金が大好きだから、オカネサカナ -> 金魚、だったのかもしれませんが(笑)。

 と考えて、疲れたので、我が家の水槽を見たら…あれ? 金色の金魚が泳いでいるじゃない? それこそ、光の加減でしょうが、フナ色のキキョウが、ちょっと渋めなゴールドに輝いていました。

 でも、こいつ、金魚じゃなくて鉄魚だったはず(笑)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 栄枯盛衰もまた夢のうち[2014年1月の落ち穂拾い] | トップページ | 気になる日本語[2014年2月第1週・通算4週] »

金魚」カテゴリの記事

コメント

江戸時代のころの金魚は朱色ではなく黄色をしており,金色に近い魚からこがね魚(コガネウオ)とよばれていたとの解説もあります。他にも、江戸時代の金魚は庶民には手が届かないもので、金のように高価な魚からきている説もあるみたいです。

susanouさん

 “こがねうお”は“金魚”の訓読みですね。『きんぎょ』よりも『こがねうお』という呼び方の方が、定着してもよかったのに、最終的には『きんぎょ』になったのでしょうね。

 それほど、あの赤い小魚を“金魚”と呼ぶのは、ヒットなネーミングだったのかもしれません。だって『キンギョ』だよ。言いやすくて、かわいらしい響きもあって、良い名前だよね。

 案外、意味からではなく、言葉の音の響きから「キンギョ」になった…って考えられませんか? そりゃあ、無理? 失礼しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 栄枯盛衰もまた夢のうち[2014年1月の落ち穂拾い] | トップページ | 気になる日本語[2014年2月第1週・通算4週] »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん