ひとこと

  •  お相撲さんは格闘家であり、その素手は強力な武器であるわけだから、土俵以外の場所では、たとえ素手であったとしても他人を殴ってはいけないわけだし、ましてやその手に器物を掴んで凶器を使用してしまったら、言い訳はできないし、そもそもやり過ぎだし、卑怯ですらあると、私は思う。今回の件は、日馬富士にも同情すべき点は多々あると思うし、魔が差したのかもしれないが、鉄拳制裁はアウトだと思う。武道や格闘技は、暴力とは違うわけだが、角界の範たる横綱が暴力を行使しちゃあ言い訳できないよなあ。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ゴーストライター事件について、思った事 | トップページ | 正しいアンブシュアの作り方を知りたいです »

2014年2月11日 (火)

Please Mr. Postman って曲が、大好きです

 皆さんは“Please Mr. Postman/プリーズ・ミスター・ポストマン”と言う曲をご存じでしょうか? 私は、この曲が大好きです。

 元々のオリジナルは、1960年代のモータウンサウンドって奴で、マーヴェレッツという女性ヴォーカルグループが歌っていた曲です。なんでも、モータウンレコード社にとって最初のナンバーワンヒット曲であり、マーヴェレッツというグループのデビュー曲でもあったそうです。会社やアーティストがまだまだ駆け出しであっても、曲自体に音楽的な魅力があれば、売れるという見本のような曲です。

 ちなみに、オリジナルはこんな感じです。

 この曲は、これだけの名曲なので、当然カバーもたくさんされています。代表的なのは、ビートルズによるカバーとカーペンターズによるカバーです。

 ビートルズによるカバーだと、こんな感じになります。

 口パク…ですね。音源はレコードの音源のようで、それに合わせての口パク演奏のようですが…動くビートルズってなかなか見るチャンスがないので、なんか、演奏シーンを見ているだけで、得した感じがします。

 こうして並べて聞いてみると、ビートルズのバージョンって、オリジナルのモータウンサウンドから、そんなに離れていない事が分かります。ビートルズってロックバンドですから、さぞかしロックロックしたアレンジにしているのかな?と思うと、案外、そんな事はなさそうです。それと、メインヴォーカルを、軟弱な曲を専門に歌うポールではなく、硬派な曲を歌うジョンが担当しているのも、なんか不思議な感じがします。

 女性の曲を男性が歌うという事で、歌詞の一部を変更して、男性から女性へのラブソングという形になってます。あちらの歌手って、こういう事を結構やりますね。日本の歌だと、芸術家曲はもちろん、流行歌でも、歌手と歌の主人公の性が違っているなんてのは、よくある話ですが、あちらでは、そういうのはタブーなのかしらね?

 さて、私が一番好きなのは、実はカーペンターズによるカバーだったりします。

 いいでしょ、この曲。このバージョンもオリジナル同様に、全米1位を獲得しています。サウンドの方は…オリジナルよりも、もっともっとモータウンっぽいサウンドになってます。それにも関わらず、きちんとカーペンターズらしさもあって、アレンジをしたリチャードの天才性がうかがわれる曲です。

 それにしても、YouTubeを漁っていると、これらの有名アーティスト以外のカバー曲も見つけたりします。

 これはニコル・テリオというタイの歌手によるカバーですが…オリジナルのカバーと言うよりも、カーペンターズのカバーのカバーって感じに仕上がってますね。それにしても、タイの人って、同じ東洋人とは言え、日本人となんとなく雰囲気が似ていますね。こんな感じの日本の女の子って、ゴロゴロいるでしょ? なんかタイには近しい感じを受けますね。

 こちらはカナダのフォー・クォーターズという女性四人によるアカペラーグループです。もっとも、この曲に関しては、ベースに男性が一人加わっているので、普段とは編成が違うようですが…。カバーをやるなら、これくらいオリジナルから離れてみるのも良いですね。

 これは映画「バック・ビート」のサウンドオリジナルなんだそうです。「バック・ビート」という映画は、ビートルズ誕生秘話を映画化したもので、この曲は当然、初期のビートルズが演奏したという事になってます(実際は、別の人が演奏しているわけです)が、本物のビートルズよりも、よっぽどロックした演奏になってますね(笑)。

 最後はこの人、マリア・フェルナンダ。最初聞いた時は“歌ってみた”の歌い手さんかかな?って思っちゃいましたが、どうやらプロフェッショナルな歌手の方のようですが…なんか素性がよく分かりません。ま、これが今どきの歌手の姿なのかもしれませんね。おそらく、たぶん、きっと…ネット系の歌手さんなんじゃないかな?

 色々な歌手にカバーされ続けていくのは、名曲の条件ですね。しかし、これだけ多種多様なタイプの歌手にカバーされ続けていくんだから、“Please Mr. Postman/プリーズ・ミスター・ポストマン”ってのは、よっぽどの名曲なんだと思います。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

« ゴーストライター事件について、思った事 | トップページ | 正しいアンブシュアの作り方を知りたいです »

音楽一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴーストライター事件について、思った事 | トップページ | 正しいアンブシュアの作り方を知りたいです »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん