ひとこと

  •  最近、読みたいなあと思ったビジネス書とか実用書は、たいてい紙だけでしか出版されていない(涙)。なので、買えないし、読めない。それにあれだけ読んでみたいと切望していたのに、一週間もすれば、私の興味が次に移っているので、その本の事など、どーでもいい気分になっていたりします。以前は、週末ごとに書店に行って、ごっそり本を買っていたのに、昨今はそんな感じで読みたい本が電子書籍化されていないので、読めず、買えずで、読書量が落ちている私です。紙の本を買えばいいじゃんと思われるかもしれないけれど、一度電子書籍に親しんでしまうと、もう紙の本には戻れないんだよ。紙の本を販売しちゃいけないとは言わない。ただ、電子書籍版も同時に発売してくれよ~と声を大にして言いたいだけなのです。
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 快楽とか幸福とかについて考えた[2014年1月第4週・通算3週] | トップページ | 声楽とフルート、どちらの方が上手? »

2014年1月27日 (月)

やっぱり私にはバリトンは無理っす

 先日は、私の趣味の一つである『余所の門下の発表会』って奴を、またまた見てきました。いやあ、余所の門下の発表会って、本当に勉強になります。

 今回、お邪魔したのは、若手バリトン歌手さんの門下の発表会でした。ネットでは有名な先生の門下で、私もそのブログは愛読しているほどですが、今回は記事にする許可をいただいてませんので、あえて匿名にして書きます。もしかして、この記事をご覧になってらっしゃるかもしれませんが、その時は、笑って許してください。

 場所的にはちょっと遠くて二の足を踏んでいたのだけれど、行って良かった~。あれこれとたくさん学んで帰って来れました、感謝感謝です。

 まず、その門下生の方々の共通した特徴は“自然な発声”って奴です。ボリュームたっぷりの声量なのに、ちっとも力んだ感じがしない発声がすごいなあって思いました。

 私はよくY先生に「力付くで声を出さないで、響きで歌いなさい。響きで歌った方が、絶対に声量は増します」と言われてますが、それがなかなか腑に落ちなかったのですが、今回は、こちらの発表会を聞いて、それこそ“すとん”と胸に落ちました。ああ、力付くでなく、自然な声で響きをたっぷりつけて歌えば、こんなにも声って豊かに聞こえるモノなんだなってって思った次第です。

 特に感じたのは、鼻腔周辺の響きが豊かな人が多いなあってことです。もちろん、鼻声という意味ではありません。キレイに鼻腔周辺の響きを使って、声にリンとした張りをつけて歌っている方がたくさんいらっしゃった事です。良い意味で、メタルな響きが声に乗るんですね。このメタルな感じがあるから、楽な発声なのに、力強さを感じさせるのかと…感心しながら、聞きました。いや、学べる学べる。

 しかし、このメタルな響きって、録音しちゃうと聞こえなくなってしまう要素なんだと思います。やはり、生歌を聞かないと学べない事ってたくさんあるなあ。

 あと、広い音域の曲をどう歌うかとい問いに対して、手軽な回答として、曲の中で音程が高い部分は高いポジションで歌い、音程が低い部分は低いポジションで歌うというやり方があるし、私はキング先生からこのやり方で歌えと指導されましたが、この歌い方の特徴は、確かに広い音域の曲への対応が簡単になる一方で、曲の最中で、歌い手の声の音色って奴がコロコロと変わるという欠点もあります。

 ま、多くのアマチュア歌手さんは、ポジション移動を使って、広い音域の曲に対応するケースが多いけれど、ここの門下の方々は、そのやり方は使ってませんでした。あくまでもポジション移動は一定の範囲に留め、同じポジション内で使える音域を広げていくというやり方をしているように感じました。

 その結果、いかにも高い音を出してますとか、低いフレーズを歌っていますとかいう、声の見せびらかし的なアピール度は低くなりますが、その代わり、曲全般がレガートで音楽的に聞こえるわけです。これって実はかなり難しい歌唱方法なんじゃないかなって思います。管楽器で言えば、オクターブキーを使用せずにメロディを吹くようなモンですからね。ほんと、難しい技巧だと思います。

 それと、ここの門下の方々は、それぞれが特徴的で典型的な声をしていると思いました。高声の方も良かったけれど、男女問わず、低声の方が実にすばらしいかったです。これぞメゾ、これぞバリトンという声が聞けてうれしかったです。

 あのような声での歌唱を聞くと「私/あなたは、高音が出ないからアルト/バリトンです」と言うのは、実にアルトやバリトンを侮辱した発言なんだなって思いました。

 バリトンは高い声が出ないからバリトンなのではなく、声が太くて美しいからバリトンなんですね。ほんと、そう思いました。同様に「私/あなたは、裏声で上手に歌えないからアルトです」と言うのも失礼な話だと思いました。本来は、豊かな中低音で歌えるからアルトなんですよ。

 なので、以前、キング先生から高音が出ないという理由で、バリトン転向を薦められた私ですが、それって、実はバリトンの方々を侮辱する行為だったんだなって思いました。本当は「君は高い声が出ないのだから、狭くて低い音域の曲ばかりを選んで歌う人になりなさい」と言うべきだったんだと思います。

 そうそう、こちらの門下は、若い方が大勢いらっしゃって、実にフレッシュでした。若い方々は、声が若々しいだけでも美点となります。私自身がテノールである事もありますが、出演なされた、若いテノールの方は本当に素晴らしかったと思うし、まだまだ伸び代もある方なんだろうなあって思いました。そういう優れた才能を持った若者を見つけると、オジサンは意味なく興奮してしまうのですよ。

蛇足 この発表会の後もしばらく興奮状態が残ってしまい、別の門下の発表会が近い日程で開催されたのてすが、そちらを見に行くのはパスしてしまいました。なんか、歌の印象が消失する前に上書きされるのがイヤだなって思っちゃったからなんだけれどね。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 快楽とか幸福とかについて考えた[2014年1月第4週・通算3週] | トップページ | 声楽とフルート、どちらの方が上手? »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 快楽とか幸福とかについて考えた[2014年1月第4週・通算3週] | トップページ | 声楽とフルート、どちらの方が上手? »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん