ひとこと

  •  お相撲さんは格闘家であり、その素手は強力な武器であるわけだから、土俵以外の場所では、たとえ素手であったとしても他人を殴ってはいけないわけだし、ましてやその手に器物を掴んで凶器を使用してしまったら、言い訳はできないし、そもそもやり過ぎだし、卑怯ですらあると、私は思う。今回の件は、日馬富士にも同情すべき点は多々あると思うし、魔が差したのかもしれないが、鉄拳制裁はアウトだと思う。武道や格闘技は、暴力とは違うわけだが、角界の範たる横綱が暴力を行使しちゃあ言い訳できないよなあ。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 目標とする歌手を見つけました | トップページ | リズムの取り方 »

2013年12月11日 (水)

フルートの演奏に性差はあるのか?

 演奏家の性差による演奏の違い…声楽ではもちろんあります。ってか、性が違えば楽器が違うわけだから、声楽の倍あ、性差どころの騒ぎではありません。

 どうやら、ピアノの演奏には性差があるらしいです。少なくとも、アマチュアレベルだと、男性の演奏と女性の演奏の違いは、かなり顕著です。まあ、これは男女の気質の違いもあるだろうし、備わっている筋肉量の違いもあって、男性の演奏はよく言えばダイナミックだし、女性の演奏は繊細なんでしょう。裏を返せば、男性の演奏はガサツで、女性の演奏はこじんまりとまとまっているとも言えます。もちろん、これはアマチュアの話です。

 ただし、プロでも「○○は女性にしては力強い演奏を…」なんて書かれている記事を見かけることも良くあるので、プロでもピアノの演奏には性差があるんだろうなあと思います。

 金管楽器には明らかに性差があると思います。音の初速が違うんですよ。これは吹奏楽部の顧問をやっている時に、男女ではトランペットの音色の傾向が全然違う事を感じましたので、金管には性差があると思います。打楽器も結構性差があると思います。無論、これらもピアノ同様、気質と筋肉量の違いから性差が生まれてくるのだと思います。

 では、木管楽器、とりわけフルートの演奏には、性差はあるのだろうか?

 実は私にはよく分かりません。

 プロの場合、それぞれにスタイルを確立しているから、演奏家によって音の違いはあるのだけれど、その違いが、男性だから、女性だからという、性による共通の傾向って事で括れないような気がするんです。

 まあ、アマチュアの同レベルの人たちの演奏を聞き比べれば、男女による傾向の違いも感じられるのかもしれないけれど、それ以前に、フルートを吹いている男性って、他の楽器と比べて、極端に少ないでしょ? ほぼ絶滅危惧種と言っても過言ではないでしょ?

 私が思うに、フルートをやっている男性の数って、テノールよりもうんと数が少ないのでは? 少なくとも私の身の回りでフルートを吹いている男性って、私と後輩君ぐらいだし(うむ、だからこその貴重なパートナーなんだよな)。ちなみに、テノールなら、何十人っているんだよね。

 なので、あまりに男性フルーティストの数が少なすぎるので、フルートの性差うんぬんを語れない私なのです。ああ、フルートの演奏に性差はあるのでしょうか?

 もしもフルートの演奏に性差があるとしたら、どんな感じなのか? 他の楽器では、気質と筋肉量の違いから、性差が生まれると私は考えますが、フルートの場合、その演奏に筋肉量は関係するのか? 具体的に言えば、男女のパワーの差は音に現れるのか? 指や腕のチカラは演奏に影響するのか? また気質の差はフルートの場合、どのように現れるのか? やはり男性が演奏するフルートはガサツなのか? 女性が演奏するフルートはこじんまりとしているのか?

 自分でフルートを吹いておきながら、その違いって奴がトンと分からない私でした。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

« 目標とする歌手を見つけました | トップページ | リズムの取り方 »

フルートのエッセイ」カテゴリの記事

コメント

性差はあるのかな? なんとなくは感じるけど…(^。^;)
私の周りに限って言えば、、、ある程度までは、女性は線が細く単調で、男性は力任せで強引。
ある域を超えると、女性はパワフルな色彩で、男性は繊細で艶がある。って感じます。

この、ある域ってのが結構重要で、ここに到達するまでに女性は自己満足で辞めちゃったり、楽しければ良いやーで停滞したりする方が多いんだけど、男性はこだわる人が多いので、相当な吹き手が結構多いですよ。 先日クインテットに誘われて演奏しましたが紅一点でしたから(^。^;)

ただ、性別より性格や人間性の方が全面に出る楽器ですよね。
音色や演奏の仕方などは、その奏者の喋り方や会話の運びかた…そのものです。
面白いほど怖いほどに人物像が丸裸になります。

それを超えられたら…って超えてないプロも多いですが(-_-;)、本当に表情豊かな演奏が出来るのだと思います。そしたら楽しいでしょうねぇ♪

めいぷるさん

>ある程度までは、女性は線が細く単調で、男性は力任せで強引。

 私の対象(ゆるめのアマチュア)とするのは、それこそ“ある程度”までのラインでしょうから、こんなモノなんですね。やはり女性は線が細く、男性は力任せですか! これは筋肉うんぬんではなく、気質の問題なのかな?

>女性は自己満足で辞めちゃったり、楽しければ良いやーで停滞したりする方が多いんだけど、男性はこだわる人が多いので

 実はこのあたりが、一番の“性差”だったりして(笑)。

>ただ、性別より性格や人間性の方が全面に出る楽器ですよね。

 私も、そんな気がします。フルートって、性差よりも個性の方が強く演奏にあらわれる楽器なんじゃないかなって思います。もしかすると、これって、フルートうんぬんではなく、笛全般に言えるかもしれないなあって、何となく思ってます。

 笛って、楽器の中でも、なんか不思議な部分を持っている楽器だと思っているものですから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 目標とする歌手を見つけました | トップページ | リズムの取り方 »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん