ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« スラーは書いてなくても、いつでも気分はスラーのままで | トップページ | 脱力はフルートでも不可欠です »

2013年12月 5日 (木)

新曲をいただきました

 さらに声楽のレッスンの続きです。

 一通り、レッスンが終わったので、ちょっと気を抜いていたら、先生がやおら聞き慣れない(でも聞き覚えのある)曲をピアノで弾き始めて「最初の部分だけでも聞かせてください」とおっしゃいました。

 「えっ? えっ?」と思ったものの、まだ「O del mio dolce ardor/ああ私のやさしい熱情が」のレッスンの続きかと思った私は『この曲は元々、AとかBとかのバージョン違いがあるし、レッスンでやっているのとは別バージョンの伴奏なのかな?』と思って歌いだそうとしましたが、どうにもうまく入れないし、そんな私を見て、先生もピアノを止めちゃうし…。

 で、改めて「どこを歌えばいいんですか?」と尋ねたら、先生が「あれ? まだやっていなかったっけ?」とおっしゃるので「どれですか?」と私がピアノ側に廻って、先生の楽譜をチラ見したら、全然別の曲の譜面が置かれているじゃないですか?

 「アリアは渡していなかったけ?」

 「今歌っているのは、イタリア古典歌曲の2曲だけです」

 「それで、この曲は、次からやりましょう。準備しておいてください」と言ってピアノを弾き始めます。

 「この曲、知ってますか?」

 「それ、トスカでしょ? トスカの一幕のテノールのアリアですね」

 「正解。楽譜はどれを使いますか? アリア集で行きますか、スコアで歌いますか?」

 「トスカはスコアを持っていないので、アリア集で行きます」

 「アリア集なら、ぜんぶあるので、どのアリア集で勉強してきてもいいですよ」

 という事になったので、次回から、プッチーニ作曲「トスカ」より 「Recondita armonia/妙なる調和」もレッスンしていただける事になりました。ちなみに、音楽之友社のアリア集で勉強してきます。

 新曲がもらえて、うれしいけれど、ちょっと複雑な気分です。だって、この曲、私には歌えない事が明々白々としているからね…。

 ちなみにこの曲の事を知らない人のために、YouTube画像を貼っておきます。

 歌っているのはドミンゴですが、この曲は、元々、ドミンゴのような重い声のテノールが歌う曲であって、私が歌うには曲が重すぎる…ような気がします。まあ、それはカヴァラドッシになりきって歌うならば…という条件付きならば、って事ですが…。

 おそらく先生は、単純に、この曲をエチュードか練習曲の代わりに、私に提示したのだと思います。決して歌劇「トスカ」の中のアリアとして歌うことは要求していない…のだろうと思われます。ですから、今回は役になりきって歌うのではなく、純粋に発声に注意をして、自分の声で自分なりに、この曲を歌えばいいんだろうなあと理解しています(でないと、とても歌えるとは思えないからです)。

 で『この曲はオペラアリアである』という事を忘れて歌うにしても、それでもまだ気は重いです。

 だって、この曲、高いんだもん(涙)。高いGやAなんて、普通に使っているもんな。つまり、GやらAやらをサラと歌わないとメロディが歌えないわけだし、最後のキメには高いBがあります。へへへっ、そんな音、今まで歌で出したこと無い…どころかトライした事すらありません。まあ、先生との発声練習では「Hにはまだ届かないね、Bまでかな」って言われているので、発声練習ならBも(無自覚に)出しているのでしょうが、意識的に曲の中で出すのは…無理ナンと違う?

 まあ、今回は発表会のように、人前で完成した姿で披露する前提もなく、単にレッスンの中だけで歌うのですから、歌えなかったら、それはそれで良しですし、案外、先生的には最後のBなど、どうでも良くて、途中のGやらAやらの方をレッスンしたいのかもしれないし、それで最後の最後でBが出せれば御の字と考えて、こういう冒険もアリって事になったのかもしれません。

 そこらへんは先生に確認してみないと分かりませんが、まあ、そんなところでしょう。

 それにしても、今まで歌ってきた曲の中でも、この曲は、明らかに最難曲だなあ…。テンポは例によって揺れまくっているし、コード進行も不協和音が連続している(実際、MIDIでカラオケを作ってみましたが、とても聞くに堪えない伴奏になりました)し…。ほんと、私に歌えるんだろうか?

 最初から弱気では、歌えるものも歌えなくなってしまうので、そういう不安は横において、一つ一つ音を取って、発声の事だけを考えて、自宅予習をしていきたいと思います。

 とりあえず、撃沈上等の気分で、前向きに取り組みたいと思います。頑張るよ。

蛇足 そう言えば、ピアノの上に、来年のNHKニューイヤーオペラコンサートの台本が無造作に置いてありました。先生、また新年も、仕事始めはNHKホールみたいですね。では私は昨年に引き続き、テレビを見ながら先生を探すという「ウォーリーを探せ!」みたいな遊びに興じますか(笑)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« スラーは書いてなくても、いつでも気分はスラーのままで | トップページ | 脱力はフルートでも不可欠です »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

今朝はドミンゴの素晴らしい歌声で始まりそう~

レッスン風景も良いですね。
すとんさんの先生はこれ迄も理屈も説明されてますね・・・
一度トライアルしてみたい~(笑)


wasabinさん

 ドミンゴ、いいですよね。私、世界中のどの歌手よりもドミンゴが好きなんです。この方の1/10程度でもいいから、それなりに歌えたら最高なんですが…。

 トライアルか~、まあ、Y先生は生徒募集はしていないけれど、トライアルなら、時間の都合さえつけばOKかもね。彼は、歌をうまく歌いたいという人への応援は惜しまないタイプの先生(って言い方、変ですけれど、そんな感じの人です)なので、面白いかもしれませんね。それに、先生って、やっぱり声種によって教えるポイントって奴が違うかもなあ…って最近思います。バリトンの先生に歌を教わると、いかに中音域が大切なのか、中音域をキレイに歌うのが難しいのかって、シミジミと学びますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スラーは書いてなくても、いつでも気分はスラーのままで | トップページ | 脱力はフルートでも不可欠です »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん