ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« デジカメを買いました | トップページ | ハードディスクを飛ばした、その件について、若干の考察のようなものを »

2013年11月19日 (火)

香盤表を見て

 先日、ミュージカル「レ・ミゼラブル」を見に行って、パンフレットを購入した私です。

 帰宅後は、ミュージカルの思い出に浸りながら、購入したパンフレットを眺めている私ですが、今回のパンフレットには、今まで私が目にしたことない記事が載っていました。それが、香盤表って奴です。

 香盤表とは、舞台演劇で使われるもので、俳優ごとに、その出演場面と役割を舞台の進行に沿って表示したモノです。これによって、一人の俳優が、どの場面で何の役をやっているかが分かるわけで、多くの登場人物を少ない俳優陣で演じ分ける時に必要となる進行表のようなものです。

 レミゼの香盤表によると、必要な俳優の数は全部で36名です。この36名が、交代交代で様々な役を演じ分ける事で、ミュージカルの舞台には、36以上の役の登場が可能となるのです。

 主役である、ジャン・バルジャンとジャベールは、最初から最後まで、その役しかやりません。また、準主役たちは、その人物が出てくるまでは、色々な小さな役をやりますが、一度準主役として舞台に出た後は、フォンティーヌ以外は、その他の小さな役を演じる事はありません。

 例えば、マリウスを演じる役者さんは、マリウスになる前に、囚人・農奴・宿屋の客・司教館の外にいる見物人・パリの貧乏人・バルジャンの工場で働く労働者・治安官・裁判官などの役を演じてから、1幕の半ばでマリウスとして登場します。コゼットも同様で、農夫の妻・宿屋の客・司教館の外にいる見物人・パリの貧乏人・バルジャンの工場で働く女工・娼婦を演じてからコゼットとして登場します。清楚なコゼットの直前に、娼婦を演じているのが面白いですね。

 逆にフォンティーヌの役者さんは、最初にフォンティーヌを演じた後は、1幕フィナーレのシーンで民衆として登場した後、第2幕ではずっと民衆の一人として演じ続けますが、劇の最後のシーンで再びフォンティーヌに戻ります。面白いですね。

 脇役の中でも目立つ存在である、バルジャンを導いた司教の役の俳優さんは、最初はずっと影コーラスとして舞台裏で歌い続けてから、司教として登場します。司教の後は、売春婦を買う客・裁判官・パリの貧乏人・学生・治安官・(再び)学生・結婚式の客を演じて、フィナーレでは司教に戻ります。

 本当の脇役である、若い娼婦という役の俳優さんは、司教館の外にいる見物人から始めて、パリの貧乏人・バルジャンの工場で働く女工・娼婦・カートクラッシュの見物人・テナルディの宿屋の“鳩”・パリの貧乏人・パリの若い娼婦・民衆・貧しい女・結婚式の客と演じて、フィナーレとカーテンコールでは民衆の一人として登場します。

 なんか、皆さん、忙しいですね。

 これだけ役の入れ代わりがあって、着替えやメイクにも時間がかかるせいでしょうか、どの場面でも、俳優さんたちは、自分の出番が終わると、舞台上を走ってハケるのが気になっていましたが、それはそういう理由だったのですね(納得)。

 オペラもミュージカルも歌芝居ですが、オペラは一人1役が原則で、一人の歌手が二つの役を演じる時は、それを台本に明記するほど珍しい事です。コーラスはいつも群れで行動しますので、1幕では舞踏会の客をやっていたコーラスが、2幕では民衆をやる…なんて事はありますが、コーラス員一人一人の動きが違うと言う事は、まずありません。

 そこへ行くと、ミュージカルは大忙しです。主役はともかく、準主役の人たちでさえ、コーラスを歌わないといけないし、複数の役をこなさいといけません。それらをカラダに入れる俳優たちも大変でしょうが、それを決める人、つまり演出家の仕事って、大変だなあって思います。

 なるべく少ない数の俳優で、舞台を成り立たせために最低限必要な役の数を揃えるために、一人で何役もやるのが必要になり、それがうまくこなせるように、香盤表って奴があるんでしょうね。

 香盤表を見ると、俳優さんたちの忙しさと、演出家さんの努力が、よく分かりますし、それを支えるために、裏方さんたちも大忙しなんだろうなあって思います。

 一つの舞台を成立させるために、多くの人が色々な工夫をして働いているって事が、分かりました。舞台俳優も、楽な仕事じゃないって事ですね(当たり前か)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« デジカメを買いました | トップページ | ハードディスクを飛ばした、その件について、若干の考察のようなものを »

歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« デジカメを買いました | トップページ | ハードディスクを飛ばした、その件について、若干の考察のようなものを »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん