ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 声域と声帯の話 | トップページ | H先生は、実はオペラが大好きなんです »

2013年11月14日 (木)

帝国劇場で「レ・ミゼラブル」を見てきました

 標題の通り、今流行りのレミゼの舞台版を見てきました。

 今回、帝国劇場で上演されているのは『新演出版』というモノで、1985年から使われていた旧来の演出版ではなく、2010年から世界各地で使われている新しい演出によるレミゼでした。…とは言っても、私は旧演出版は知らないので、今回の新演出版が私にとっての、舞台版レミゼであって、比較してしまうのは、映画版のレミゼだったりします。

 帝劇の舞台版…となると、私はあらかじめハードルを下げて見に行くことにしていますが、今回のレミゼは、先月見た『エニシング・ゴーズ』ほどの手放しでの称賛は出来ないまでも、水準以上のなかなかに素晴らしい公演でした。つまり、良かったと思います。

 考えてみると、私が辛い評価をしてしまった『エリザベート』にしても『モーツァルト!』にしても、ドイツミュージカルであって、リーヴァイの作品なんですよね。もしかすると、リーヴァイ作品って歌うのが難しくて、日本人キャストではまだまだ手に負えないとか? なんとなく、そんな感じがしてしまう…なんて書くと『レディ・ベス』の公演に水を差しかねませんが、そんなつもりはありません。ぜひ近作の『レディ・ベス』では、客席をうならせるような上演を期待してます。ちなみに『レディ・ベス』は来年の4~5月に上演予定で、ベスってのは…エリザベス1世の事です。まあ『レディ・ベス』も良いけれど、私は来年の7~8月にやる新演出版の『ミス・サイゴン』の方が楽しみかな?

 閑話休題。例によって、妻の車椅子を押しながら帝国劇場に向かいました。先月は最寄りの有楽町駅まで電車で行きましたが、乗り換えにかかる時間(車椅子だと、たかが乗り換えでも、通常の何倍もの時間を使ってしまいます)を考えて、東京駅から直接、帝国劇場を目指したところ、約15分ほどで到着しました。経路は、丸の内南口から地下に入って、KITTEを通り抜けて、地下道経由で国際フォーラムに入って、フォーラム内を横断して、地下鉄有楽町駅の改札側に出て、そこから帝国劇場に地下道経由で入りました。地下道なので、信号もないし、サクサクと進みました。まあ、数カ所でエレベーターやらリフトやらを利用せざるをえなかったのですが、それはまあ良しとしましょう。これくらいの距離なら、電車に乗らない方が楽で早いというわけですね。

 今回の座席は、正面のブロックだったのですが、舞台からはかなりの距離がある席だったので、オペラグラスを持参しました。10倍程度の倍率のモノでしたが、これが結構便利でした。私の席からでは、舞台全体は見えるけれど、役者の細かな芝居は見えないし、顔の判別なんて無理でしたが、オペラグラスを使えば、かなりのアップで見れるので、役者の表情まで見れて、グッドでした。オペラグラスの有無は、観劇の感動と直結するかもね。

 私は映画版でレミゼに親しんだ人なので、どうしても映画版との比較をしてしまいますが、映画と舞台との表現方法の違いこそあれ、どちらもそれぞれに長所があって、捨てがたいのですが、私の個人の趣味で言えば、舞台版の方が好きかな? と言うのも、舞台版の方が、歌がしっかり歌われているんですね。映画版では、歌はあくまでもセリフの延長でしかなかったのですが、舞台はむしろ歌が中心で、セリフはあくまでも歌の延長としての扱いでした。歌好きな私にすれば、舞台版の方が良いのは、当然とも言えますね。

 ただ、ストーリーの説明などは、舞台版はやや舌足らずな感じは否めません。あらかじめ映画版を見て、ストーリーを熟知していた私は、あれだけのスピーディーな舞台展開に付いていけましたが、予備知識無しで舞台を見た人は、あのめくるめく展開に、果たしついていけるか、ちょっと心配になりました。その点、映画版は、ストーリー描写が丁寧で分かりやすいのが良いですね。

 歌がしっかり歌われている…と私は書きましたが、あえて苦言を言うと、バルジャンが歌う「彼を帰して(Bring him home)」、この曲はこのミュージカルを代表する名曲の一つなんですが、これに関しては映画版の方が良かったです。私が見た日がたまたまだったのか、舞台版の演出ではそう決まっているのか、あるいは私が見た日の役者さんはそうだけれど、他の日の人は違うのかもしれないけれど…とにかく「彼を帰して」をファルセットを多用して歌ったのには、とても残念な気がしました。それも、それまでのバルジャンの力強い歌声とは全く違った、いかにもファルセットでございますという弱々しくて女々しい声で歌われてガッカリしました。映画版では、ミュージカル俳優でもないヒュー・ジャックマンですら、頑張って歌った曲なのに、これはあんまりだなって思いました。

 この曲は有名な曲なので、自宅に戻ってから、色々な歌手たちが歌っているバージョンを漁ってみましたが、やはりファルセットで歌っている人はいませんでした。この曲は、しっかり魂を声に入れて歌うべき曲…ではないでしょうか? たまたまなら私の不幸ですが、もしも演出の都合で歌手にこの曲をファルセットで歌わせているのだとしたら、それは残念だと思うし、この曲に最初に触れるのが、舞台版なら、悲しい事だなって思いました。

 でも、この1曲ぐらいかな? 私が残念に思ったのは。

 実は、配役表を見て、テレビタレントさんや有名芸能人の方々がたくさん出演されていたので、あまり期待しないで見たのてすが、テレビタレントさんたちも、きちんとそれぞれの役としてきちんと演じられていたので、良かったです。

 そうそう、コンピューター制御の“動く書き割り”はなかなか良かったと思います(正式名称は何と言うのでしょ?)。バルジャンが下水道を彷徨うシーンとか、シャベールの投身自殺のシーンでは、その劇的効果に思わず唸っちゃいました。

 役の性格づけが映画版とはかなり違っていました。映画版では頼りなかったコゼットとマリウスが舞台ではきちんとした存在感を示していました。逆に、フォンティーヌの落ちっぷりは映画版の方がエグいかな? エポニーヌは表現方法は違いましたが、どちらも悲劇のヒロインとして美味しい役ですね。バリケードのシーンは…舞台も迫力はあるけれど、やはり映画の方がすごいかも…。

 まあ、なんだかんだ言っても、舞台版のレミゼは、良いミュージカルだと思います。残念なのは、帝国劇場ってロングラン公演をしないんですよね。泣いても笑っても、帝劇のレミゼは11月でお終い。劇団四季のように、当たった作品はロングランをしてくれると、見る方も安心して何度も見に行けるんですがね。ちょっと残念です。

蛇足 帝劇の売店で『エリザベート』のテアター・アン・デア・ウィーン公演のDVDを買いました。これ、たぶん、すでに日本盤は廃盤になっている奴ですね。現物限り関係部署にて販売…って奴かもしれません。なかなか時間がないので、見れないのですが、お正月休みにでもなったら、じっくり腰を据えて見たいと思ってます。ああ、楽しみ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 声域と声帯の話 | トップページ | H先生は、実はオペラが大好きなんです »

歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 声域と声帯の話 | トップページ | H先生は、実はオペラが大好きなんです »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん