ひとこと

  •  来年(2019年)10月から消費税が増税されます(8%->10%)。それに伴って、軽減税率というのが導入され、外食と酒を除いた飲食物の税率が8%に据え置かれます。で、外食をどこで線引するかで混乱しているようです。スーパーで購入したおにぎりを、イートインコーナーで食べたら外食扱いで税率は10%になるのに、お店の片隅に設置されたベンチで食べたら持ち帰り扱いで税率が8%になるのは、なんか変。外食と言うのは、高級レストランや料亭だけでなく、ファミレスもあれば、スーパーのイートインコーナーもあるわけだけれど、きっと軽減税率を考えたお役人さんの頭の中には、庶民感覚がすっぱり抜け落ちていて“外食=ぜいたくな食事”って考えたんだろうね。だから外食は軽減税率の対象にはしなかったわけだ。でもね、実は安い外食って、自炊するよりも安価なんだよね。だから、そこそこお金に苦労している人は、案外、外食が多かったりするんだよ。なので、庶民の生活の事を考えたら、外食も軽減税率の対象にするか、あるいは安価な支払いの外食(例えば、一回の支払いが1万円以下とか…)は軽減税率の対象にするとか…の方が、いいんじゃないの?

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ナゴンとサクラ | トップページ | 帝国劇場で「エニシング・ゴーズ」を見てきました その1 »

2013年10月21日 (月)

息子君はバリトンっぽいです

 声変わりって奴が進行している息子君です。今のところ、まだソプラノで歌っていますが、それもやがては無理となる事でしょう。彼の地声を聞き、成長したカラダを見ていると…どうやら彼は、親に似ずに、バリトンになりそうです。それもやや低めのバリトンに落ち着きそうです。

 これは私の個人的な見解であって、間違っている部分もあると思いますが、大雑把な目安としての、テノールとバリトンの身体的違いってのがあるって私は思ってます。

 例えば、ノドボトケの有無。成熟した男性にはノドボトケがある…と保健体育の時間に習うわけですが、実際のところ、ノドボトケの存在を外見からは確認できない人…と言うか、歌手がおりますが、その大半はテノールです。逆にバス歌手などは、実に巨大なノドボトケを持っているものです。

 また体型的に、パッと見、横のサイズよりも縦のサイズの方が気になる歌手は、たいていバスです。縦のサイズよりも横のサイズの方が気になる歌手は、たいていテノールです。

 また首が長く見えたり細く見える人はバスで、短く見えたり、太く見える人はテノールです。

 ああ、乱暴だな。でも、私はそう思います。もちろん、例外も多々いらっしゃるでしょうが、概ね、こんな感じでしょ?

 それを思うと、息子君は実にバスっぽいんですね。おまけにリアルな声も、かなり低い響きがあるし…でも、オヤジはテノールなので、中間とって、どうやらバリトンになりそうなんですよ。

 まあ、息子君が優秀な人間なら、どのような声種であっても問題ないのです。声はなんであれ、彼は彼にとって一番良い人生を選択していけばいいのですから。

 しかし、彼は歌ぐらいしか取り柄がない人間なんです。まあ、逆に言うなら(親の欲目もありますが)歌なら、かなりイケるんですね。ただし、勉強はほぼダメ。だからと言って、音楽の道へ…と思っても、ピアノがほぼダメ。いやあ、参りました。

 親的には、勉強を頑張ってほしいと思いますよ。その方が彼の人生における選択肢が増えますからね。だから私は彼が音楽の道に進むのは、基本的に大反対。大大大反対。でも、彼は本当に音楽が好きだし、オペラや声楽が好きなので、そっちの道に行きたいと気持ちも分からないではないのです(それでも親としては、全力で阻止するつもりですが:笑)。

 まあ、色々あって、彼が音楽の道に進むとなった時、彼がバリトンであると言うことは、かなり厳しい事になるんですよね。

 これは、とある音楽大学のセンセから聞いた話なので、多少の誇張はあるにせよ、間違いではないと思うのですが…。

 そのとある音楽大学ですが、声楽科の募集定員が、ソプラノ・アルト・テノール・バス、それぞれが各10名ずつだったと想像してください。

 ソプラノは定員10名のところに400名受験して10名合格するんだそうです。うわあ、なんと狭き門なんでしょう。アルトは定員10名のところに200人受験して10名合格します。ソプラノほどではないにせよ、やはりこちらもかなりの狭き門です。バリトンは定員10名のところ、50名受験して10名合格です。ソプラノやアルトから見れば、とても低い倍率のように感じられますが、それでも5倍もあるんですよ。今日び、それってなかなかの高倍率じゃないでしょうか?

 一方テノールは定員10名のところ9名しか応募がなかったので、全員合格しました…なんてオチがつくんです。

 ならば、男子として生まれた以上、歌で音大に行くなら、バリトンよりもテノールで受験した方が音大に合格しやすいって言えるのではないでしょうか? 特に息子君のように、勉強もダメ、ピアノもダメなら、尚更の事です。

 なので、息子君の声がバリトンに落ち着きそうだなって分かった瞬間「こいつの音大進学は、これで無くなったな」と思いました。ピアノもロクに弾けないような奴に、5倍の倍率を勝ち抜く力はないよなあ…。

 蛇足。音大におけるテノールの入学倍率が低いからと言って、テノール歌手がダメって事にならない事は確認しておきます。結局、いくら大学に入るための競争が低いから言っても、その後、修行を積んで一人前のプロになるためには、越えなければならない障害が山のようにあって、それらを乗り越えて始めてプロ歌手になれるわけで、そういう意味では、どんな声種であれ、音大を卒業し、専門教育をきちんと受けて、実績を作ってプロとして活躍している歌手は、みんな素晴らしい歌手だと思います。念のため。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« ナゴンとサクラ | トップページ | 帝国劇場で「エニシング・ゴーズ」を見てきました その1 »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

やっぱり、テノールって貴重なんですね。
話はちょっと違うかもですが、合唱団でも、テノールってほんとに少ないですもんね。

先日、新国でオペラを観て、テノールのすごい声を聴いて実感しましたよ。
すごいテノールはすごい! と。
もちろん、声種に貴賎なしですし、それぞれ持って生まれた声を磨くわけですが、
それにしても、テノールの本当に決まったアクートには、人間離れした素晴らしさを感じます。

逆に、駄目なときもすごくわかりやすいのですけどね……

椎茸さん

 本当にテノールって少ないと思います。合唱団などでは、どこもテノールの方は少ないですし、またテノールと名乗っていても、実はその多くは、高い音が得意なバリトンの方ばかりだったりするのが、現実です。

 以前の先生であるキング先生に言わせると「日本男子の多くはテノールだよ」との事です。ではなぜ合唱団などではテノールは人数が少ないのかと尋ねたところ「テノールは難しいからね」のひと言でした。

 今となっては彼の真意は分かりませんが、私が思うに、テノールのノドで歌を歌うのは難しい事なので、テノールの人は歌そのものをあきらめがちって言いたかったのではないかなって思います(違うかな?)。ならば、日本人って(カラオケの普及などを見れば明らかなように)歌が好きな国民なのに、とりわけ男性の実に多くの方が歌う事をあきらめているのは、彼らがテノールであり、だからこそ、歌に難しさを感じているから…ではないでしょうか?

 もっとも、現在の師であるY先生に言わせると「男性のほとんどはバリトンだよ。洋の東西問わず、テノールは希少種なんだよ」との事なんですけれどね。

>それにしても、テノールの本当に決まったアクートには、人間離れした素晴らしさを感じます。
>逆に、駄目なときもすごくわかりやすいのですけどね……

 歌手と言うのは、一種のアスリートのようなもので、その見事な歌唱は、本当に人間の限界を越えたスゴさを感じると思います。私が思うに、テノールの歌って、そのアスリート性に加えて、曲芸的な要素もたぶんにあると思います。あたかもサーカスのブランコ乗りのような側面ですね。成功すれば拍手万雷ですが、失敗すれば…それは誰の目にも明らかってわけで、そういう意味で、すごくわかりやすいのがテノールなんだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ナゴンとサクラ | トップページ | 帝国劇場で「エニシング・ゴーズ」を見てきました その1 »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん