ひとこと

  •  人生初。タピオカドリンクというモノを飲んでみた。ミルクティーにグミがたくさん沈んでいた…という感想。やたらと甘い。どことなく中華な風味。たぶん、もう二度と飲まないと思う。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 成人男子には教えません | トップページ | ピアノに惑わされずに歌う(笑) »

2013年10月 2日 (水)

ノドは開かずに開ける

 声楽のレッスンに行ってきました。

 私はレッスンを始める時に、必ず“裸”になります。まあ、裸と言っても、全裸という意味では当然なく、上半身をピチピチのTシャツ一枚になって(醜い)ボディラインを先生にさらすという意味で“裸”になります。こうして、私のカラダの使い方を先生に直接見せるわけです。ですから、今回もレッスンの前に着ているモノを脱いで、Tシャツ一枚になってレッスンに臨みました。

 今回は、声を吐き切る練習をしました。これは同時に、声を前に出す練習でもあります。声を吐き切るために、ため息をつきながら発声練習をしました。ため息をつくと同時に、体内に残っていた息を全部吐き出してしまうわけですが…これが難しい。だって、私、日常生活ではため息をつかない人なので、先生に「ため息をついて下さい」と言われても、うまくため息をつけませんでした。日頃やってない事は、とっさには出来ないものですね。

 特に私の場合、息が足りなくなってくると、ついつい(キング先生に習った)省エネ発声をしてしまいがちなのですが、そこで省エネ発声をするのではなく、そのまま息をすべて使い切って歌うことが大切なんです。と言うのも、省エネ発声では、声が後ろに引っ込んでしまうからです。せっかく最初は良い声で歌っていても、段々声自体が後ろに引っ込んでは、元も子もないからね。声が後ろに引っ込むのを防ぐためには、息を出し切って歌うことが大切なんです。

 …息を出し切って歌って、息が足りなくなったら、どうするの?

 そん時は諦める(笑)。まあ、人間「息が足りない!」と思ってからも、もう一絞りすれば、まだ息が残っていて歌もまだ歌えるものですから、普通はなんとかなるし、なんともならなかったら、諦めてブレスをするか、そこで歌い終えてしまえばいいだけです。それでも、声が後ろに引っ込むよりは、ずいぶんとマシな行動なんです。

 なので、意識的に息を吐き続けて歌う練習を散々しました。

 また、ノドの奥を開ける練習もしました。特に音程が高くなるに従って、強い意識を持ってノドの奥を開いていくわけです。

 ノドの奥を開く…と言いますが、具体的に書けば、口蓋垂を上に持ち上げるのです。舌根を下に下げてもノドの奥は開きますが、それをやると音色が暗くなるので、舌根を下げるよりも、口蓋垂を上げる方向で頑張って、ノドの奥を開くようにします。

 …難しいです。でも、ほんの少し前までは「ノドの奥を開く」と言われても、具体的なカラダの動かし方が分からなくて、実感が持てなかったわけですから、そこから「口蓋垂をたくさん上げて、舌根を少しだけ下げて、ノド全体を縦開きにするんだな」と自分の中で理解し、それに感覚も少しずつ伴うようになってきたので、大きな進歩だなって思います。

 で、次の問題は、母音ごとに、同じ音程なら、同じようにノドを開いていくのです。これが難しい。今は同じ音程なら、エが他の母音よりもノドの開きが狭いです。ドンマイ、練習しないとね。

 「ノドは開かずに開ける」のです。「(横に)開[ひら]かずに(縦に)開[あ]ける」のです。言葉で書くと簡単ですが、やってみると難しいのです。

 開かないためには…クチビルに注意しないといけません。クチビルをラッパ状にして使えれば、そうそうノドが開くことはありません。また口蓋垂に注意していれば、自ずとノドは縦に開くものです。

 昔々、キング先生のレッスンのたびに「声を奥に!」と怒鳴られていました。あの頃の私は、先生の言葉の意味が分からず、先生も具体的な指示はしなかったので、いつも注意だけされて、ちっとも出来なかったわけですが、あの時の先生の「声を奥に!」と言うのは、おそらくY先生のおっしゃる「ノドの奥を開ける」と言うのと同じ事だったのだと思います。同じ現象ですが、先生によって、使う言葉が違うので、生徒への伝わり具合が違うわけです。私にはY先生の言葉は伝わりやすいのですが、今思えば、キング先生の言葉は、私には伝わりづらく誤解しやすかったなあ…と思います。

 で、誤解して、違うことをやってしまって、また叱られて、直されて、それをまた誤解して…の繰り返しだったような気がします。だから、長い時間習っていたけれど、ちっとも上達しなかったんだと思います。

 先生との相性って、大切だなって思いました。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 成人男子には教えません | トップページ | ピアノに惑わされずに歌う(笑) »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 成人男子には教えません | トップページ | ピアノに惑わされずに歌う(笑) »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2019 すとん