ひとこと

  •  人生初。タピオカドリンクというモノを飲んでみた。ミルクティーにグミがたくさん沈んでいた…という感想。やたらと甘い。どことなく中華な風味。たぶん、もう二度と飲まないと思う。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ホール練習は…楽しかったです | トップページ | ピアニストさんと一緒にレッスンに行きました »

2013年10月 8日 (火)

衣装のサイズ直しをしました

 衣装と言うのは、クラシックコンサートで着る予定のタキシードの事です。

 実は、夏の門下の発表会で着た時に、だいぶキツかった(笑)んですよ。どれくらいキツかったのかと言うと、自分では靴の紐が結べない…と言うか、結んだからぜったいにズボンが破れちゃうレベルのキツさ。

 嫌な思い出なんですが、昨年のクラシックコンサートでは、タキシードではなく、普通のブラックスーツを着て歌ったのだけれど、そのブラックスーツがキツくて、靴ヒモを結ぼうとしたら、ズボンが破れて(笑)、仕方がないので、ズボンが破れたままの状態で、ステージで歌っちゃったという経験があります。まあ、ズボンが破れた事は、客席にはバレていないと信じていますが…。

 まあ、ああいう経験は一度で十分なので、最近、タキシードがサイズ的にヤバそうなので、決定的にヤバくなる前に手を打ちましょうっ事になりました。

 本来なら、やせれば済む話なんですが、人生後半戦に突入し、中年どころか老年になってしまった私が短期間でヤセルのはちょっと無理な話です(若い時は体重の10Kgや20Kgぐらいは割と簡単にどうにでもなったんですがねえ…)。

 我が身のスリム化に時間がかかるなら、服の方を新調するのが順当なやり方なんでしょうが、タキシードって高いんですよ。この夏は、クーラー買い換えたし、パソコン買い換えたし、息子君は受験生なので、あっちこっちで模試を受けまくっているし、もう10年以上使っているデジカメを買い換えたいし…なんて考えたら、タキシードの新調は来年以降にして、今回は手持ちのものをどうにかしようという結論になりました。

 ちなみに、結果的にデジカメの買い換えも後回しになりました。だって、妻がアキレス腱をぶっ千切っちゃうんだもん。でも、タキシードを買い換えなくて、ほんと、良かった。

 さて、問題のタキシードですが、買い換えないとしたらどうするかと言うと…サイズ直しをしました。もちろんサイズ直しも職人さんにお願いするわけですが、それでも新調するよりはずっと安価で済みますので、今回はサイズ直しをしてもらいました。

 今回、サイズ直しをするのは、ズボンだけ。上着の方は、まだまだ問題ないのですが、ズボンは尻周辺がキビしくて、立っているだけなら何の問題もないのだけれど、座るとヤバくて、靴の紐を結ぼうものから、破れてしまいそうで怖いくらいです。

 とにかく、尻とかモモとかが太ってしまったみたいです。いい年したオッサンなのに、太り方が女性っぽいのが、ちょっと恥ずかしいです。それだけ男性ホルモンの分泌が減っているのでしょうね(涙)。女性なら更年期の年代ですから、性ホルモンの減少も仕方のない事です。まあ、体型的には、ほぼ“ジャバ・ザ・ハット”ですな。ああ、情けない。

 とりあえず、ズボンを持って店に行きました。まず最初は、股の部分を広げてみたらいいんじゃないかと言われました。で、仮縫いをしてもらって試着してみたら、確かに股は楽になったけれど、座った時のヤバさとか、靴の紐は結べるかと言うと、まだまだ不安。そこで、マタに加えて、両サイドを広げてみる事にしました。

 再び仮縫いをしてもらって試着です。悪くないけれど、なんかカタチが変になってしまい、今度は職人さんが納得できなくなりました。それで、マタも両サイドも元に戻して、お尻の部分を広げる事にしました。

 三たび仮縫いをしてもらって試着です。今度はいい感じですが、もう少し余裕があると、なおいい感じなので、さらにお尻を広げてもらうことにして、本縫いをしてもらう事にしました。

 “お尻がキツい -> お尻を広げる”ってのは、素人的に真っ先に取り組むべき事じゃないかと思うのですが、職人さん的には、お尻を広げるというのは、実は最終手段なんだそうです。…と言うのも、お尻を広げるのって、かっこ悪いんだそうです。

 私のタキシードのズボンは、最初に作った店(今回の店とは別の店)で寸法間違いがあって、最初に作ったものを、サイズ直しをさせたので、あまり臀部の布に余裕がなく、そこを広げるとなると、別の布を持ってきて広げることになるのだけれど、その際の縫い目などがかっこ悪いので、職人さん的には、そこは回避したかったようなのです。

 でもね、このタキシードはステージ衣装なんだよね。ステージ衣装だから、原則的に背面(と言うが尻面?)を他人に見せる事はないし、だいたい上着も脱がないので、尻なんて上着で隠れて誰にも見えないんだよね…と説明して、ようやくお尻を広げるという方法に着手してくれたんです。

 出来上がりは上々です。

 今回は、妻は客席で応援で、楽屋に来てもらえないので、靴の紐は自分で結ぶしかないので、これだけズボンが楽だとうれしいです。

 本当は、今回のクラシックコンサートのために、妻はドレスを新調したのですが、それが着れなくなって、残念です。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

« ホール練習は…楽しかったです | トップページ | ピアニストさんと一緒にレッスンに行きました »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホール練習は…楽しかったです | トップページ | ピアニストさんと一緒にレッスンに行きました »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2019 すとん