ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 息子君はバリトンっぽいです | トップページ | 帝国劇場で「エニシング・ゴーズ」を見てきました その2 »

2013年10月22日 (火)

帝国劇場で「エニシング・ゴーズ」を見てきました その1

 先日、帝国劇場に行って、コール・ポーター作曲のミュージカル「エニシング・ゴーズ」を見てきました。まあ、今回の記事は、その前座話です(ミュージカルそのもの話は、いずれします:笑)。

 あるツテからミュージカルのペアチケットをいただいた私です。演目はコール・ポーター作曲の「エニシング・ゴーズ」。場所は帝国劇場。電車に乗って出かけないといけないので、普段なら妻を誘う私ですが、ただ今絶賛アキレス腱断裂中。仕方がないので、今回は息子君と二人で行くかと覚悟を決めていたところ、その、ただ今絶賛アキレス腱断裂中の妻が「あなたがミュージカルを見に行くなら、私も一緒に連れていって」と言い出しました。長い道中を考えて「いやあ、それは…」と言い渋っていたら、妻があれこれ調べて、手をまわして「車椅子のまま行っても、大丈夫」と言い張ります。

 まあ、その熱意に負けて、先日、妻と二人で帝国劇場に行ってきた私です。

 オヤジと二人きりだけれど、生のミュージカルを見に行けると、楽しみにしていた息子君は、ちょっぴり残念な思いをしたようですが、泣く子と怪我人には勝てません。息子君には、自分で稼げるようになったら、好きなだけミュージカルに行ってもらう事にしましょう。

 車椅子の人と二人でミュージカルを見に…と言うので、手荷物は少なめにしました。私はすべてを小さなリュックにまとめ、妻は肩掛けポーチにしました。普段なら、カバンを持ち歩くのですが、ただでさえ大きな荷物(車椅子とアキレス腱断裂患者)がいるので、その他の手荷物はなるべくコンパクトにした私です。もちろん、足は歩き慣れたゴム靴にしてあります。

 ゴロゴロと車椅子を押して、駅のエレベーターに乗って、JRの有人改札口に行き、そこでスイカのチェックを受けながら「電車に乗りたいのです」と言うと、何のアポもないのに、駅員さんがササッと動き出します。

 「どちらまで行かれますか?」

 「帝国劇場に行きたいので、有楽町かな?」

 「有楽町となると、乗り換えが必要になりますが、新橋駅での乗り換えでよろしいでしょうか?」

 「いや、新橋駅って、構造が複雑だったと思うし、車椅子を押して移動するのは、ちょっと勘弁って気がするので、東京駅で乗り換えることにします」

 「では、東京乗り換えで有楽町まで行かれる、という事でよろしいでしょうか?」

 「お願いします」

 と言うと、コンコースからホームまでのエレベーターを案内し、ホームに出たら出たで乗り込み口を指示してくれます。そこで、電車がやってくるまで一緒に待ってくれて、電車がやってくると、三つ折りになった見慣れぬ板を広げて、それを電車の入り口にひっかけます。すると、あっと言うまに、ホームと電車がゆるやかなスロープでつながれたではありませんか?

 「さあ、どうぞ」と駅員さんに促されるままに、車内に乗り込みました。案内してくれた乗車口は、シルバーシートのすぐ側。車椅子って、何気に座り心地が良くないので、さっそく妻をシルバーシートに移して、私自身もその隣に座って、車椅子を畳みました。車椅子って畳むと、ちょうど人間二人分の幅なんだね。よく出来ています。

 ちなみにシルバーシートは三人掛けなんだけれど、そこに黄色いゴム(?)で加工された棒がジャマ臭く生えているんだけれど、あれ、以前は「ジャマだなあ~」ぐらいにしか思っていなかった(私はこれまでシルバーシートに座った事ないよ:念のため)のですが、あれにつかまりながら立ったり座ったりできるわけで、あの黄色い棒は、何気に便利な棒なんですね。今回、妻も座席に座る際、あの棒を活用させていただきました。

 JRの客車、何気に優しい心遣いがあるわけです。いやあ、元気な時は、気づきませんでした。

 とにかく、電車なんてモノは乗っていれば、目的地につくモノです。

 私たちを乗せた電車は、やがて東京駅に着きました。東京駅に着いたら、私たちのすぐそばの乗車口付近に、東京駅の駅員さんが待っていてくれて、ドアが開くやいなや、すぐさま、さっきもみかけた、不思議な三つ折りの板でスロープを作ってくれました。

 そのスロープを使って電車を降りた私たちですが、そこから先も駅員さんが先導してくれました。最初に案内してくれたのは、ホームからコンコースに降りるエレベーターでしたが、そこがとても混雑していました。その多くは老人たちなんですが、年を取るとエスカレーターで下に降りるのもシンドイって事なんでしょうね。その有り様を見た駅員さんは「こちらは混んでいるようなので、別の道を案内します」と行って、ズンズンホームの端まで案内してくれました。??と思っていると、ホームの端にある金属柵を開けて、普段立ち入り禁止の区域に入れてくれました。どうも、そっちにもエレベーターがあるようなんです。

 そちらのエレベーターはかなり大きなエレベーターでした。おそらく業務用なんでしょうね。そのエレベーターで地下に降りると…なにやら不思議な光景が広がっています。

 その空間は壁も天井もすべてレンガで作られた空間です。行き交う人も、JRの職員さんばかり…どうやら、いわゆるバックヤードにやってきたようです。それにしても、全般的に暗く、レトロな雰囲気だし、電車も通っていないのに、線路があったり…もしかすると、ここは昔々の東京駅のホームだったところかしら? そして現在の東京駅は、その上に作られた駅なのかしら?

 なんて事を考えながら、そんなレトロな空間を移動する私たちです。まるでハリー・ポッターに出てくる魔法の駅のような中、再び業務用のエレベーターに乗って出てきたのは、山手線のホームの端でした。またもや、立ち入り禁止区域です。そこから、電車に乗り込む場所まで先導されて…やがて山手線がやってきたら、不思議な魔法の板を使って、山手線に乗り込ませてくれました。

 山の手線で有楽町の駅まで着いたら、当然のように、乗車口には有楽町の駅員さんが待ち構えていて、魔法の板を差し出して、電車からホームまで下ろしくれます。で、そのままエレベーターを経由して、有楽町の有人改札口まで案内してくれました。

 いやあ、JRさん。車椅子の扱いに慣れ過ぎ。実にスマートに、てきばきと、かゆいところに手が届くようなサービスをしてくれました。それにしても、行く先々で駅員さんが待機してくれるなんて、妻をそんなお姫様待遇しちゃダメでしょ。つけあがるよ(笑)。

 今回はここまで、続きはまた次回。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 息子君はバリトンっぽいです | トップページ | 帝国劇場で「エニシング・ゴーズ」を見てきました その2 »

歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 息子君はバリトンっぽいです | トップページ | 帝国劇場で「エニシング・ゴーズ」を見てきました その2 »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん