ひとこと

  •  来年(2019年)10月から消費税が増税されます(8%->10%)。それに伴って、軽減税率というのが導入され、外食と酒を除いた飲食物の税率が8%に据え置かれます。で、外食をどこで線引するかで混乱しているようです。スーパーで購入したおにぎりを、イートインコーナーで食べたら外食扱いで税率は10%になるのに、お店の片隅に設置されたベンチで食べたら持ち帰り扱いで税率が8%になるのは、なんか変。外食と言うのは、高級レストランや料亭だけでなく、ファミレスもあれば、スーパーのイートインコーナーもあるわけだけれど、きっと軽減税率を考えたお役人さんの頭の中には、庶民感覚がすっぱり抜け落ちていて“外食=ぜいたくな食事”って考えたんだろうね。だから外食は軽減税率の対象にはしなかったわけだ。でもね、実は安い外食って、自炊するよりも安価なんだよね。だから、そこそこお金に苦労している人は、案外、外食が多かったりするんだよ。なので、庶民の生活の事を考えたら、外食も軽減税率の対象にするか、あるいは安価な支払いの外食(例えば、一回の支払いが1万円以下とか…)は軽減税率の対象にするとか…の方が、いいんじゃないの?

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 聞かせ所は中音域にだってある! | トップページ | 次の本番のご案内です »

2013年9月11日 (水)

オペラ合唱団に誘われました

 約一カ月ほど前のお盆の頃の話です。ちょっと古い話になりますが、記録の意味合いも兼ねて、書いておきます。

 その頃、主にメールでやりとりして、互いの発表会を見にいっている方(仮にAさんとしておきましょう)から「オペラ合唱団に入りませんか?」とお誘いを受けました。

 私は今、独唱を中心に声楽の勉強をしています。でも合唱(それも宗教曲系)も好きなので、チャンスを見つけて、市民系の合唱団に入団しては、アレコレとトラブって、今のところ、合唱できずにいます。

 まあ、私の声が、その手の市民系合唱団向けの声でない事とか、市民系合唱団の平均年齢よりもだいぶ若いとか、ガタイも私だけ二まわりも三周りも巨大で異質であるとか、デブとかブタとかカバとか焼き豚とか、まあ色々と合わない部分があるわけだけれど、何よりも、日本独自に発展した、いわゆる“合唱文化”と言うか、民俗習慣的なモノになじめないコトもあって、合唱好きだけれど、始められないという事態に陥っております。

 ただ、アマチュアの合唱ってのは、色々な形態があって、いわゆる市民系合唱団しか無い訳でなく、様々な形態で様々な音楽ジャンルで合唱を楽しんでいる方が大勢いらっしゃいます。ただ、そういうのって、多くの場合、私の趣味じゃないだけです(ぜいたく!)。

 とにかく、オケ伴奏で宗教曲を歌いたい人なんです、私は。

 需要と供給の不一致と申しますか、望んでも必要とされないと言いますが、とにかく現状、合唱を半ば諦めている私でございます。

 そこに、Aさんが、自分が歌っているオペラ合唱団に入りませんか?と誘ってくれたわけです。

 我が地元には、アマチュア歌劇団と言うのが、いくつかあります。なにしろ、かつては私自身もアマチュア歌劇団を主宰していましたしね(笑)。

 自分たちで何から何までも全部するタイプの歌劇団もあれば、プロ歌手をソリストとして招いて自主公演をする団体もあるし、いわゆる市民オペラに出演するのを目的として活動している団もあります。日本語オペラをやるところもあれば、原語上演にこだわるところもあります。小規模なところもあれば、かなり大規模なところもあります。まあ、様々です。

 Aさんの誘ってくださった団体は、地元の団体ですから、私もよく知ってますし、何度か公演も見ています。指導してくださる先生は、Y先生のご友人の、私も何度か舞台を拝見させていただいた事のある地元のオペラ歌手さんです。また、オペラ合唱団と名乗ってますが、合唱のみならず、主役以外の出演者は自分たちでまかなう団ですし、上演演目が「椿姫」とか「カルメン」とかのメジャーどころをやる団体さんなんで、結構、私好みなんです。

 それに以前、そこの団体が団員を公募していた時に、Y先生に「オペラ合唱団に入ってもかまいませんか?」相談して、薦められたほどの団体さんなんです。

 まさに「渡りに舟」的な状況です。以前の歌劇団を辞めて、そろそろ1年ですし、オペラの虫がムクムクと頭をもたげているのも確かです。

 ああ、オペラの合唱団かあ…悪くないなあ。

 …と思いつつも、断っちゃいました(てへっ!)。理由は…多忙だからです。「合唱をやる時間があったら、少しでも寝ていたい」と言うのが、その理由です。

 つまり、今年の第九に参加しない理由と同じ理由で、せっかく誘っていただいたオペラ合唱団でしたが、断っちゃいました。

 もったいないことをした…かもしれません。私の声質を考えれば、宗教曲系の市民合唱団よりも、オペラ合唱団の方が向いているでしょうし、私という人間の気質的にも、宗教曲を歌うよりも、オペラを歌っている方がさまになるでしょう。そんな事はよく分かってます。

 でも、忙しいんだから仕方ない。(残念だけれど)生業優先ですよ。

 いずれ時間に余裕を感じるようになったら、Aさんのいるオペラ合唱団に入るのも、悪くないかなって思ってます。それまでは、Y先生のところで、個人的な歌の技量を高めることに邁進いたしましょう。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 聞かせ所は中音域にだってある! | トップページ | 次の本番のご案内です »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりです。
しばらくお邪魔しない間にHPのデザインがますますおしゃれになりましたね。
とってもエレガントですー。
私はクリスチャンじゃないのに教会の楽団でフルートを吹いてたことがあります。
不謹慎かもしれないですが、なんだか和むんですよね。
ちゃんと洗礼を受けんかいと信者さんたちがイラついていたかもしれませんが
そういう神との交信の仕方があってもいいんじゃないかと思ってましたね。
さて、近頃気になってるブログがあるのでご紹介します。
妄想かも?という気もするのですが、なんだか捨て置けないのです。
お時間のあるときにぜひご参照くださいませー。
http://hitorigoto-kokoro.blogspot.jp

うぉぉんさん、おひさしぶりっす。

 神様は、クリスチャンじゃない人が演奏したからと言って、へそ曲げたりしませんから、ご安心ください。信者さんたちだって、イラつくよりも、感謝を感じていたと思いますよ。

 ご紹介いただいたブログ、さっそく、見てきました。ううむ、面白いは面白いですね。でも、真偽はどうなんだろ? とりあえず「ファンタジーとしては興味深い」って感じかな?

 たしかに捨ておけない感じは、するね。

そうでしょう、捨て置けないでしょう。
ミキティの件も思ってた通りだったし、
http://hitorigoto-kokoro.blogspot.jp/search?q=安藤美姫
尼崎事件も合点がいくし
http://hitorigoto-kokoro.blogspot.jp/search?q=角田美代子
ただ、鵜呑みは危険なんでしょうけどね。
膨大な量なのでとてもすべては読めてないですが、
私のブックマーク「憂国」フォルダに入れておきました。

うぉぉんさん

 おっしゃる通りです。まあひとまず毎日チェックするようにしてます。

 それにしても、こういう人は、どこからそういう情報を仕入れ、どのような根拠で判断を下しているんでしょうね。平々凡々な私には想像もできません。

 まあ、そういうグレーなモノがヒョウヒョウとしているも、ネットらしくていいのかもしれません。

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

株投資さん

 魅力的と言われて、悪い気はしません。たとえ、テンプレ発言だとしても。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 聞かせ所は中音域にだってある! | トップページ | 次の本番のご案内です »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん