ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 魔法の言葉を教えましょう | トップページ | 歌舞伎を見てきたよ »

2013年9月25日 (水)

メトのライブビューイングで「トリスタンとイゾルデ」を見てきました

 いわゆる、東劇で行われている“アンコール”って奴です。

 今年は、メトのライブビューイングのオフシーズンに、パリオペラ座のライブビューイングをやっていて、そっちに行ってましたので、メトのアンコールの方には、なかなか足が向かなかったのですが、ようやく行って参りました。…今年はこれが最初で最後です。

 今年はヴェルディ&ワーグナーイヤーって事で、東劇のアンコールの方も、ヴェルディとワーグナーのものを中心に再上映を組んでました。そこで私は、2008年に上演したのワーグナー作曲『トリスタンとイゾルデ』を見てきたわけです。

 指揮は元気ハツラツだった頃のジェイムズ・レヴァインです。演出はディーター・ドルン(誰ですか?) 出演は、イゾルデがソプラノのデボラ・ヴォイト。トリスタンがテノールのロバート・ディーン・スミス。上映時間も長くて、2回の休憩を含んで、5時間15分もかかりました。さすがはワーグナー作品、超弩級だね(笑)。

 デボラ・ヴォイトは『リング』のブリュンヒルデで見たように、素晴らしいワーグナーソプラノだと思います。『トリスタンとイゾルデ』なんて、ほとんどイゾルデが出ずっぱりのオペラなのに、それをあれだけ見事な歌唱で歌いきるなんて…素晴らしいにもほどがあります。

 幕間のインタビューで「ワーグナーを歌うのに必要なのはなんですか? 生まれつきの才能ですか?」なんて尋ねられていたけれど、あれだけの声は努力だけでは手にできないよね。才能のある人が、努力を重ねた結果、手にできるものなんだと思う。

 ちなみに、ワーグナーを歌うのに必要なモノとして……しっかりした靴が必要だ…って答えてました(笑)。

 テノールも素晴らしかったです。トリスタン役は“難しい”と評判の役だけれど、その難しい役を歌いきる見事さもさることながら、いちいちビンビン響く、その金属的なアクートにしびれました。もちろん、録音上演なのだから、どういう設定で録音したかで、声の魅力って手心が加わるわけだから、映画館で聞こえた声を鵜呑みにしてはいけないけれど、それを差し引いてもビンビンと素晴らしく良く響く声でした。うらやましい。

 幕間のインタビューでメトのキャスティング担当のスタッフさんが言ってた「ワーグナーを歌える(テノール)歌手は、世界中に10人しかいないから、オーディションなんてしない(し、しても無駄だから、ヘッドハンティングをする)」と言ってたのを、ウンウンとうなづきながら聞いてました。あれだけの声を持っている人なんて、確かに世界に10人もいないだろうねえ。パワーと声の美しさが両立するなんて、まずないもの。

 歌手は素晴らしかったけれど、『トリスタンとイゾルデ』というオペラ作品については…難しいね。何が難しいのかと言うと、どうやって楽しんだらいいのかが、難しい作品だと思いました。「つまらない」と切って捨てるのは、ちょっと違うとは思います。でも「楽しい作品」とは言えませんね。音楽もストーリーも芝居も実にゆったりしているわけです。「書き込みの量が半端なく多い」って感じかな? とにかく“濃い”んですよ。おそらく同じネタでヴェルディが作曲したら、2時間前後の作品になっちゃうと思います。それがワーグナーにかかると、5時間超え(笑)。

 とにかく、オペラって楽しむには、ある程度、作品を解きほぐさないと楽しめないのだけれど、『トリスタンとイゾルデ』というオペラは、その解きほぐしが難しい難しい。とても一筋縄ではいかない感じです。そういう意味では、このオペラは、万人向けのオペラではないというか、玄人向けオペラって言えるんだろうと思います。

 そうそう、2008年製作のライブビューイング映像って事も関係しているんでしょうが、良い意味で過渡期の中継って感じがしました。

 このオペラの映像監督さんは音楽畑の人ではなく、ドキュメンタリー畑の人なんだそうですが、この人の映像づくりって、果たしてオペラ向けなの?って気がしました。と言うのも、実はこのオペラ、いわゆる“マルチスクリーン方式”って奴で映像が作られていました。想像つくかな?

 テレビドラマ『24』って知ってますか? あれって、同じ時間に行われている別の事柄を表現するために、画面を分割して、同時に流したりするでしょ? あんな感じの事が行われていました。

 つまり大きな映画館のスクリーンを、いくつにも分割して、舞台の全体像を映した画面と、それぞれの歌手のアップの画面を同時に見せてくれたわけで、確かに全体の動きも分かれば、歌手たち一人一人があれこれやっている事も分かって、便利と言えば便利だけれど、常に複数の視点が用意されているってのは、物語に入り込むには、エラい迷惑なんだよ。だって、常に画面を選択するんだよ、これじゃあ、物語に入り込めないし、なんか客観的な視点からついつい見ちゃうんだよね。

 オペラをドキュメンタリーを見るような客観的な視点で見ちゃダメだと、私は思います。だって、オペラなんて、客観的に見たら「歌の上手いデブの演劇大会」でしかないもの。

 客観的に見たら、美しいという設定のイゾルデがただのデブ女に、カッコイイ英雄のトリスタンがただの豚オヤジにしか見えなくなってしまうもの。いや、容姿を横に置いても、日常生活であんなに歌う人なんていないでしょ? あれは、オペラというファンタジーだから歌っていてOKなわけで、そこに客観性を持ち込まれたら、歌で芝居を進めるオペラなんて、大いに白けちゃうってもんです。

 なので、今回のメトのライブビューイングは、とても白けちゃって、残念でした。

 まあ、メト自身もそれは分かったんでしょうね、その後、このドキュメンタリー監督さんはメトに呼ばれず、マルチスクリーン方式でのライブビューイングは、少なくとも私が知っている範囲では行われなくなりました。

 やはり、物語にグッと入り込むためには、客観性なんていらないし、視点も複数はいらないんだよ。私はそう思いました。

 ああ、もうすぐ、秋だね。秋と言えば、オペラシーズンが始まるね。今年は、メトのライブビューイングの上演演目数が、例年よりも減ってしまったのが残念だけれど、それなりに面白い演目が並んでいるので、楽しみです。今年も忙しいけれど、暇を見つけては、いくつかは見に行きたいと思ってます。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 魔法の言葉を教えましょう | トップページ | 歌舞伎を見てきたよ »

歌劇」カテゴリの記事

コメント

> 元気ハツラツだった頃のジェイムズ・レヴァイン

レヴァインって名前が懐かしくて、思わず反応してしまいました。レヴァインの演奏は直接聴いたことはないのですが、CDでは特にシカゴとのマーラーの交響曲第9番は繰り返し聴いていました。マーラーの9番のCDは何枚あるかわかりませんが、大好きな演奏です。その後はwikiでなんとなくわかりましたが、いろいろあったんですねえ。何も知りませんでした。

変な話で失礼しました。

tetsuさん

 レヴァインは、一昨年~昨年ぐらい、調子が悪く、まともに指揮が振れなくて、代演が多かったです。今は回復して、慣らしの段階のようで、チョボチョボとやっているようです。とは言え、以前のようにブイブイ言わせる感じは…ないですね。そろそろ引退をするのかもしれません。

 残念ですが、レヴァインも、もういい年したオジイチャンなので、それもアリだと思うし、そろそろ若い人に道を譲っても良いころなのかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 魔法の言葉を教えましょう | トップページ | 歌舞伎を見てきたよ »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん