ひとこと

  •  いよいよお盆休みもお終い。なんか残念。あの楽しかった夏の日は、もう終わり。また日常生活が始まるわけだけれど…ううむ、発表会とクラシックコンサートの準備が…。生活はいつもの日常生活に戻るけれど、その中で、着々と発表会とクラシックコンサートの準備に備えていかねば…。がんばろーっと。

お知らせ

  • ●F門下&Y門下合同発表会は、2017年9月9日(土)に行われます。●13時開場、13時30分開演です。●場所は、神奈川県の鶴見区民文化センターサルビアホールの音楽ホールです。JR京浜東北線鶴見駅、あるいは京急鶴見駅のすぐそばのホールです。●私は、後半(第2部)の2番目に二重唱「私は貞淑な人妻」を歌い、9番目で「おお祖国よ(ダニロ登場の歌)」[マキシムの歌です]を歌って、11番目に二重唱「愛のワルツ」[メリー・ウィドウ・ワルツです]を歌う予定です。●私自身は発表会の後半~終盤にかけて歌いますが、今回のホールは小さい(100席程度)のため、ゆっくり来られると、立ち見、あるいは入場制限がかかる怖れがあります。一応、入場には整理券が必要という建前になっていますが、出演者の知り合いなら、整理券がなくても入場できますので「メリーウィドウの人を応援に来ました」と言えば、よっぽど混雑していない限り入場できるはずです。●なお、リアルに私の知り合いの方は、おっしゃっていただければ、入場整理券を差し上げますので、ご連絡ください。●どなた様も応援よろしくお願いします。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 私は世界でも、上位0.13%に属する、富裕層らしいです(笑)[2013年8月第2週・通算25週] | トップページ | 発表会で歌ってきた[音源付き] その1 »

2013年8月12日 (月)

サーカスでプロ根性を見せてもらった

 昨日は、なんとか声楽発表会を勤める事ができました。感謝です。さっそく、色々あったアレコレを記事に書いている最中です。明日あたりアップできるかな?……と言うわけで、今日は、先日見に行ったサーカスの記事をアップして、お茶を濁したいと思います(笑)。

 …と言うわけで、少し前に、せっかくサーカスを見に行ったのに見れなかった記事を書いた私でした。

 サーカスを見れなかった事が、なんか人生に大負けしたような感じて、腐っていた私でしたが、夏休みに外国のサーカス団がやってくる事を知った私は、江戸の仇を長崎で…と言うわけで「ここでリベンジしないとオトコじゃない!」ってわけで、頑張ってサーカスを見に行くことにしました。それも、大人の力を使って、今度は最初っから指定席券を購入しました。ふふんだ。

 で、サーカスを見てきたわけです。

 まあ、サーカスはサーカスでした。イヌとネコとクマとウマが可愛かったですし、金髪碧眼だと女性は三倍増しくらいで美しく見えるモノだね(特に遠目だと)。あと、サーカスって、お笑いとアクロバットとダンスとマジックで構成されている事も知りました。

 別にサーカス鑑賞記なら、ブログに書くほどではないのですが、実は感銘する事があったので、それを記録に留めようと思い、今回はわざわざブログ記事にしてみました。

 サーカスで“ブランコ”と言えば、普通は“空中ブランコ”を指します。私が見に行ったサーカスでも、第一部の最後は空中ブランコでシメましたが、第二部の最初にもブランコがありました。そのブランコは…なんと言ったらいいのかな? 箱ブランコの箱なしバージョン? あるいは、シーソーをブランコにしてみました?的な、とにかく大人二人が余裕で立てる長い板の大型ブランコを 長辺方向に思い切って揺らしていると思ってください。で、そんなブランコが差し向かいで二基あるわけです。そのブランコを思いっきり揺らして、ブランコの力で空中にジャンプすると…トランポリンもビックリなくらいに高く高くジャンプできるわけで、高くジャンプして様々な空中技(ムーンサルトなんかも楽々やっちゃうわけだね)を披露して、向かい側のグワングワンに揺れているブランコに着地すると言う…文字で書いているだけじゃ、全然そのすごさが伝わらなくてもどかしいですが、そういう派手で危険で人間技じゃない演目があったと思ってください。

 筋肉系の男たちが次々とその板ブランコを使って、華麗な空中技を披露していたと思ってください。で、ある演者が、うっかり演技の着地を失敗した…んですよ。空中高くグルグル回ってから、向かい側の揺れるブランコの板に二本足で着地しないといけないのですが、タイミングが悪かったのでしょう、足ではなく、胸のあたりで着地してしまったのです。まあ、着地失敗ってわけですね。

 「あちゃー!」って思いましたよ。だって、高く高くジャンプして(私二階席で見ていましたが、その私が見上げるくらいに高くジャンプして)アクロバットを披露していたのです。その高さからブランコの板に向かって、胸から着地ですからね。大事故発生って思いました。

 …が、着地に失敗した演者さん。板にカラダを叩きつけた、その一瞬こそ、動きが止まりましたが、すぐに反応して、すくっと立ち上がり、他の演者さんたち同様に、ブランコから下りて、客席に向かって、満面の笑顔でご挨拶して、駆け足で楽屋に戻ろうとして走り出して、あと2メートルで楽屋に入れる…と言ったところで、いきなり木が倒れるように、バッタリと倒れてしまったのです。

 たぶん、気を失ったのだと思います。カラダが硬直しているのが見ていて分かりました。

 それでも舞台前方では、他の演者たちが、何食わぬ顔でアクロバットを続けていました。舞台上も舞台裏も特に緊張した雰囲気を感じさせる事もなく、安全確保のためでしょうか、元々舞台周辺に出ていたお揃いの衣装を着込んだダンサーさんたちが、自然な動きでスーとやってきて、倒れた演者さんをあっと言う間に担いで楽屋に運び入れていました。

 それを見ていた私は、彼らのプロ根性に敬服しました。

 まずは着地に失敗した演者さん。まあ、危険な大技を失敗したわけで、とても痛かったと思うし、もしかしたら肋骨の2~3本は折れたかもしれないし、もしかしたら着地に失敗した時にすでに頭を打って、脳震盪を起こしていたのかもしれない。だから、一瞬動きが止まったわけだけれど、すぐに立ち上がって、騒ぐでもなく(おそらく)いつもどおりの動きで、観客に笑顔を振りまいて退場をしたわけです。ほんと、あと2メートル進めたら、ほんの1秒ほど、気を失うのが遅ければ、彼が倒れた事など、客である私たちには気づかれなかったと思うけれど、そんなギリギリまで、平気な顔をして動いていた、その根性に「プロだなあ…」って思いました。痛かったろうし、つらかったろうに…。でも、客前だから、すべての感覚を遮断して、いつもどおりの動きをしたんでしょうね。実に見上げた根性です。

 周りの仲間たちもすばらしい。同じアクロバットチームの面々は、彼が倒れても、動揺を見せる事なく、淡々と舞台演技を続けていました。彼が抜けた穴があるはずだけれど、それを無言でカバーしながら演技、すばらしいです。自分たちの演技の最中に仲間が倒れて、絶対心配している思うけれど、それを微塵も表さないすばらしさ。舞台人だなあ…って思いました。

 そして舞台周辺にいたダンサーさんたちは、とっさに、それも実に美しい動きで、倒れた彼を運んだ、その手際の良さ。おそらくサーカスですから、日常的に危険なアクロバットをしている団体ですから、本番中に団員が怪我をして倒れるなんて、日常茶飯事なのかもしれませんが、それを無言で処理して、淡々とした様子で運び出すなんて、これもまたプロだなって思いました。

 客前で、演じるってのは、そういう事なんだ…って思ったわけです。

 私はサーカスの演技にも感動しましたが、彼らの持っているプロ根性に、とてもとても感動したわけです。

 倒れた演者さんは、その後、フィナーレにも顔を見せませんでしたが、大丈夫だったのかな? 心配です。で、その後、ちょっと注意して見てましたが、出てくる演者さんたち、特に女性は肌を露出する服装が多いせいですが、サポーターとかテーピングをしている人が結構いましたね。もちろん、目立たないようにしてますが、みなさん、多かれ少なかれ、怪我をおしての演技なんですね。

 危険と隣り合わせなほどに難しい事を、サラと笑顔で演じる…本物だな。彼らは本物の舞台人だなって思いました。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 私は世界でも、上位0.13%に属する、富裕層らしいです(笑)[2013年8月第2週・通算25週] | トップページ | 発表会で歌ってきた[音源付き] その1 »

その他」カテゴリの記事

コメント

とあるサーカスの演技で失敗して死亡したというニュースを先月くらいに見まして、どんなサーカスだと思って動画を見てみたら・・・・
最近のサーカスはすごいんですね!
演技してる人達は、さすがだなあ!と思いました。
(ちなみにシルク・ド・ソレイユです)

すとんさんがご覧になられたサーカスの落下事故の方が心配です。
サーカスは命がけの仕事なんだなあと思いました。

すずめおばさん

 言われてみれば、確かに最近のサーカスってすごいのかもしれません。なにしろ、商売仇が、テレビとか映画でしょ? 特撮とか平気で使っちゃう相手に、生身で対抗するわけだから、リアルに鍛え上げた技とカラダを使うしかないわけで、私が記事にした板ブランコもすごかったけれど、その他にも、危険な演技はたくさんありました。

 シルク・ド・ソレイユは特にすごいらしいですね。今度、映画になる(サーカスが映画になるってのも前代未聞だよね)らしいので、なかなか生のステージは見に行けませんが、映画になれば、当然DVDにもなるでしょうから、ぜひ見たいと思います。まあ、それ以前に、近所に映画としてかかれば、絶対に見に行くけれどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私は世界でも、上位0.13%に属する、富裕層らしいです(笑)[2013年8月第2週・通算25週] | トップページ | 発表会で歌ってきた[音源付き] その1 »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん