ひとこと

  •  お相撲さんは格闘家であり、その素手は強力な武器であるわけだから、土俵以外の場所では、たとえ素手であったとしても他人を殴ってはいけないわけだし、ましてやその手に器物を掴んで凶器を使用してしまったら、言い訳はできないし、そもそもやり過ぎだし、卑怯ですらあると、私は思う。今回の件は、日馬富士にも同情すべき点は多々あると思うし、魔が差したのかもしれないが、鉄拳制裁はアウトだと思う。武道や格闘技は、暴力とは違うわけだが、角界の範たる横綱が暴力を行使しちゃあ言い訳できないよなあ。
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 私はこれだけの歌芝居作品を見てきました その4 | トップページ | おニューなパソコンの周辺機器状況について »

2013年8月20日 (火)

実はクーラーが壊れました(涙)

 暑い暑い、本当に暑いです(涙)。

 実は我が家の書斎(家庭における私の居場所)のクーラーがお盆休みの前日にいきなり壊れました。オーマイガー! 何と言う不運でしょうか?

 いや、最初こそ、たまにクーラーから何気に熱風が出ていて“WHY?”と思ったのですが、しばらくすると、また冷風が出てきたので「きっとあの熱風は私の気のせいだったに違いない」と思っておりましたが…その状態から、熱風が出ている時間が増え、冷風が出ている時間が少なくなり、三日もしたら、つねに熱風が出るようになりました。

 とにかく室外機が動いていないようです。でも室内機は動きますので、スイッチを入れると、冷房に設定していても、なんとも熱めの熱風を部屋中に送ってくれます。当然、私は汗まみれになってしまいます。

 暑いからと言って、窓を開けても、窓からは熱風がソヨソヨと入ってくるくらいだし(涙)。それに第一、私は音楽の練習をするので、防音対策的にも窓は開けられません。もう、汗ダラダラです。

 部屋が暑いと、中にいる人間(私)の体温が上がります。グングン上がります。やがて、自分のカラダから熱を発している事が感じられるくらいに熱くなります。暑いからと言って、ウチワを使うと、さらにカラダから熱が発生します。人はこうやって、室内でも熱中症にかかって倒れるのだなあ…と思いました。

 もちろん、危険水域に達する前に、クーラーのある別室に移動して、カラダを冷やしますが、そんな部屋の往復ばかりやっているので、ほんと、効率悪い。

 一応、我が家にも扇風機があるのですが、納戸の奥にしまってあるので「ちょっと取り出すのは勘弁してください」と妻に頼まれました。その代わり、妻がUSB式のミニ扇風機を貸してくれましたが、あんまり非力過ぎて、気休めにもなりゃしません。

 修理も考えたのですが、我がエアコンは、今は亡きSANYOの、おおよそ20年前の製品ですから、修理をするよりも新品買い換えの方が絶対に安く済むと踏み、チャッチャと新品を購入することにしました…とは言え、なるべく安くあげたいなあ。

 …と言うのも、今月は私の医療費が突然の出費となったわけだし、夏なのであっちこっちに遊びに行くので、そのための軍資金確保しておきたいし、私のパソコンだって、ついこの前買い換えたばかりだし、電話機(ファックス付きの固定電話)も、ほんの数日前に買い換えたので、家計に余裕がなかったのですが、背に腹は変えられません。熱中症になって救急車で運ばれるくらいなら、クーラーを買い換えた方が良いのです。ただし、なるべく安くあげたいものです。ああ、これでデジカメを買い換えるのが遅れるなあ(涙)。

 とりあえず、お盆休み中でしたが、ダメもとで、近くの電器店に行きました。

 案の定、すでに今年分のクーラーの大半は在庫が無く、今から取り寄せると、取り付けは軽く一カ月先になってしまうと言われました。では、在庫のあるモノなら…という事ですが、お盆休みですから、工事会社はお盆休みという事で、どんなに早くても一週間は待たないといけません。その上、在庫があるモノは、どれもこれも余裕で10万円以上もするお高い製品ばかり。我が書斎は六畳程度の広さしかないんだから、一番小さくて一番お安いクーラーで十分なんだけれどなあ…。

 「どうしますか?」と店員さんに尋ねられたので「予算オーバーなので考え直します」と答えました。実際、エアコンの買い換えに10万円は予定していなかったものだからね。

 妻は、どうせ取り付けまで時間がかかるなら、ネットでの購入がいいんじゃないかと言い出しました。私としては、一日でも早く、取り付けたいんだよねえ…でないと、暑くて死んじゃうから(涙)。

 そこで、隣町の大型カメラ店(と言っても家電屋さん)に行ってみました。わが町の電器店よりも豊富な品揃えでビックリしました。さっそく、店員さんに相談したところ…やっぱりお盆休みですから、どんなに急いでも、取り付け工事までは一週間は待たないとダメなようです。うわー、一週間か!

 その代わり、私がもくろんでいた程度の安価なエアコンが複数台ありました。うむ、これこれこれ。やはり店舗規模が大きいと、抱えている在庫も多いので、この時期になっても、それなりのモノが残っているようですね。

 とりあえず、予算の範囲内で一番コストパフォーマンスの良いモノをチョイスして購入しました。ああ、あと一週間は灼熱地獄か…。ちなみに、このブログ記事も汗をダラダラかきながら書いてますよ(涙)。

 と言うわけで、お盆休みという絶好のタイミングで、命綱とも言えるクーラーが故障した話を書いた私です。そのために二軒の大型家電販売店に行ったわけですが、久しぶりに家電屋さんに行って気がついた事があります。

 それは…ちょっと前まで、家電売場をブイブイと言わせてた、中国や韓国メーカーの家電製品を、ほとんど見なかった事です。少なくとも、クーラーは全く見かけませんでした。

 ほんのちょっと前なら、安くて良いモノを求めるなら中国韓国製品を、高機能&高性能(&高価格)のモノなら日本製品を買えばいいじゃん、って感じだったじゃないですか?

 我が家では、そんな風潮の中でも、日本の企業とそこで働く人々を応援するために、なるべく日本製品や日本メーカー品を購入するようにしていました。確かに中国韓国製品は安いです。我が家も、それなりにキツキツの生活をしていますから、ほんの少しでも安いモノが欲しいのが本音です。でもそこをグッと我慢して日本製品を購入してきました。

 金は天下のまわりもの…です。日本企業のモノを買えば、まわりまわって、そのお金はまた私のところに返ってきますが、中国韓国に限らず、外国企業のモノを買ってしまえば、そのお金は海を渡ってしまい、私のところには返ってきません。私はそう考えるので、何事であれ、なるべく日本企業や日本製品を購入するように心がけていました。

 ところが今回、我慢も何も、中国韓国製品を見かける事がなかったのです。「…ああこっち(中国韓国製品)の方が安い、安いけど中国韓国製品じゃん。こっちの日本メーカー品が欲しいけど、ちょっぴりお高いよぉ~(モンモン)」って悩むはずだったのに、肝心の中国韓国製品が無かったので、安心して日本メーカー品の中から買い物ができました。

 それがとてもうれしかったのですが、なぜ中国韓国製品が無くなってしまったのでしょうか?

 日本人全体の中国韓国に対する嫌悪感が高まっているので、中国韓国製品が売れなくなった…のかな? そういう話をネットで見聞きしますが、でもね、世の中には“なんであれ、安いものが大好き”という人々が一定数います。「安さこそが正義だ!」と断言する人だっています。そういう人たちにとって、嫌中嫌韓なんて関係ないでしょ? 安ければいいんだもん、安いモノを買っちゃう自分はお買い物上手って事で、鼻高々になれちゃうわけでしょ?

 実際スマホは(NTT限定だけど)韓国のサムソン製のギャラクシーが日本メーカー品を抑えて、バカ売れなんでしょ? 別にギャラクシーは決して安いスマホってわけじゃないし、それでも日本メーカー品よりも売れているわけで、それを考えると、嫌韓だから家電屋から韓国メーカー製品が消えたって事にはつながらないかなって思うんです。

 つまり、良いものなら売れる?

 なら、ますます家電屋に中国韓国メーカー品がない事が分かりません。別に日常づかいの家電品程度なら、中国韓国製品で十分間に合うでしょ。おまけに安いわけだし。…でも売ってないから買えない。ああ、分からない分からない。なんか腑に落ちないぞ、全く、腑に落ちないゾ。

 まあもっとも、お店が中国韓国メーカー品が売ってても、なるべく国内メーカー品を買うことに決めている私にとって、その店に中国韓国製品が無いって事は、迷い(ってか、安さへの誘惑?)が無くなるって事で、個人的には良いのですが、それにしても何かが動いてるって事でしょ? 一体、それはなに?

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 私はこれだけの歌芝居作品を見てきました その4 | トップページ | おニューなパソコンの周辺機器状況について »

その他」カテゴリの記事

コメント

クーラーが壊れた!
それはそれは大変ですね。
我慢比べでシェイプアップとはいかないし。
私の部屋はクーラーをつけてなく、おとといの日中は33℃になってしまいました。
とはいうものの夜になると涼しい風が入る地方ですので、すとんさんの湘南とは比べられませんけど。

河童さん

 そうなんです、クーラーが壊れて大変です。

>我慢比べでシェイプアップとはいかないし。

 運動してかいた汗ならシェイプアップになるでしょうが、ただ暑いだけの部屋で流した汗は、脱水症になるだけで、水分補給したら、すぐに戻っちゃいますから、意味ないです。

 とりあえず、今、この瞬間も暑いです。

やがて新しいクーラーが取り付けられた暁にゃあ!
最新式のクーラーの快適さに幸福を感じることでしょう!(^0^)
しかも省エネ。
気兼ねなくエアコンつけっぱなしができますよ♪

中国韓国に対する嫌悪感は、当然の成り行きかと思います。
私も、中韓だけは大っ嫌いです。

すずめおばさん

 ええ、新しいクーラーがやってきたら、幸せ三昧になれるでしょうね。ぐふふ、今から楽しみ楽しみ。新しいクーラーは、日本メーカによる日本製造製品なんですよ、ぐふふ。もちろん、ばっちり省エネタイプです。

 ほんと、昨今は家電を新しくすると、かならず省エネタイプで、電気代が安くなるんで驚きです。なので、パソコンって家電品じゃない…って事ですね。なにしろ、新しくなるほど、電気を喰う様になりますから(笑)。

我が家のエアコンは6月下旬に壊れ、土曜日にメーカーに電話して修理を頼んだら3日後と言われたのですが、平日は家にいないので何とかならんかと交渉したら、翌日の日曜に修理に来てもらえました。
部品交換のみでOK、速攻で治ったのでラッキーでした。

夏後半の故障だと、在庫も少なくなっていて大変ですよね。
熱中症に注意して乗り切ってください!

るきさん

 6月下旬だと、まだワガママが通ったんだと思います。実際、エアコンの取り付け工事って、真夏でなければ、色々とワガママも通るし、作業も丁寧だし、サービスもいいんですよ。ですから、新規購入なら、ウチは春とか秋とのオフシーズンにやってもらうようにしています…が、今回は故障だから仕方なかったとは言え、真夏にエアコンの取り付け工事なんてやってもらうもんじゃないです。料金は割高だし、サービスは色々と割愛されちゃうし、たまに手抜きとは違うんだろうけれど、丁寧さのカケラもない作業をする職人さんもいるしね。

 今年の夏は、シックハウス症候群から喘息になるは、クーラー壊れるは、ほんと、ついてない夏でした。仕事が好調な分、プライベートでつらい目にあうのだろうなあ…と思ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私はこれだけの歌芝居作品を見てきました その4 | トップページ | おニューなパソコンの周辺機器状況について »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん