ひとこと

  •  結局、選手は使い捨てなのか…と言われても仕方ないのが、先日福岡県で行われた「プリンセス駅伝 in 宗像・福津」でのスタッフの対応です。岩谷産業の選手が、足を骨折して、途中から四つ這いになって、膝を血だらけにしながらたすきをつないだ…って奴で、一部では美談になってますし、あれで感動した人も大勢いるようですが、私はあれはとんでもない話だと思ってます。選手は右脛骨を骨折して立てなくなって、それで四つ這いだそうですが、脛骨ってスネの骨で太い骨です。これが折れた段階でレースは棄権でしょ? 実際、レースの様子を見ていた監督は、すぐに棄権を申し出たそうだけれど、それが途中でうやむやになってしまって現場の審判に届かず、結局、レースは続行されたそうです。おかしくねえ? 監督の申し出がうやむやになってしまう運営って、絶対におかしいよね。それって監督がいる理由がないよね。だいたい、選手が自分から棄権することはないし、たとえ監督の意思が確認できなくても、足の骨折って四つ這いでしか前進できない選手がいた段階で、その場でドクターストップでいいじゃないの? それとも駅伝のレースって、ドクター無しで運営しているわけ? 駅伝じゃあ、そんなに選手の安全って軽いんだなって思いました。才能ある選手は、駅伝には近寄っちゃダメだよ。潰されてお終いになりかねないわな。
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« Y先生のコンサートに行きました | トップページ | 夏なので、弱ってます[2013年7月の落ち穂拾い] »

2013年7月30日 (火)

フルートデュオの曲を決めました

 今年も吹奏楽コンクールが(地区予選だけれど)終わり、色々と一区切りついたので、いよいよ、我々フルートデュオの、秋のデビューに向けての準備をし始める事にしました。

 まずは選曲ですね。何をやるかを決めなきゃ練習も出来ません。と言うわけで、私の手元にある唯一のデュオ譜である、アルソ出版の『やさしいフルートデュエット Vol.1 スタンダード82曲』の中から適当な曲を選ぶ事にしました。

 基本的に選曲は、お互いの話し合いで決めるわけですが、まあ色々とあって、私一曲、後輩君一曲選んでみて、それでひとまずは練習してみる事にしました。で、合わせてみて、二曲行けるようなら二曲行き、難しそうなら一曲にして頑張ってみるという方向にしてみました。

 なにしろ、後輩君は、フルート始めて、まだ三カ月ですからね。どれだけ出来るか分かりませんし、無理はさせられません(本人はやる気満々なんですが)。

 で、とりあえず決めた曲は、36番の「ロンドンデリーの歌」と66番の「メリー・ウィドウ・ワルツ」。「ロンドンデリー」は私の選曲で「メリー・ウィドウ・ワルツ」が彼の選曲です。

 私の方は、難易度的にも何とかなりそうで、音の隙間が少なくて、場合によってはアドリブもかませるかも…という視点で選曲してみました。最悪、私がメロディを吹いて、後輩君にはベース音だけを吹いてもらう…なんて事だって、この曲なら出来るでしょ?

 一方、後輩君が選曲した「メリー・ウィドウ・ワルツ」は一見簡単そうだけれど、実はどうなんだろ?って、私自身は思ってます。意外と難物なんじゃないかな…ってね。ただ、後輩君は「メリー・ウィドウなら、吹奏楽で“セレクション”を練習したので、何とかなると思います」と言ってたけれど、本当に何とかなりますか?

 まあ、とにかく、まずはお互いに譜読みをして練習しておく事になりました。後輩君は、来月早々にある吹奏楽部の合宿の時に、ガッツリ練習してくるそうです。私は…練習している時間、あるかな(汗)。

 まずはさておき、我々のフルートデュオも、また一歩前進です。一歩一歩前に進んで行きますよ。そして、九月の余興でデビューだ! それがうまくいったら、何とかこのフルートデュオを恒久的なグループにするんだ(これが私の野望です)。

 …でもできるかな? 選曲、難しくないかな? 不安、不安。何より、私がちゃんと吹けるのか? ああ、不安。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

« Y先生のコンサートに行きました | トップページ | 夏なので、弱ってます[2013年7月の落ち穂拾い] »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

ロンドンデリーの歌はオーボエ半年目くらいの発表会でソロでしたが吹きました…速いフレーズもなく、美しく吹くと聴き応えもある曲だと思うので、自分的にはこちらかな~って思いました。

自分は10月にフルートのトリオで発表会になりました。先生に「何がいい?」と聞かれましたが全く思いつきませんでした。すとんさん的になにかおすすめな曲ありますか?

実は9月末から3週連続でサックス(ミッシェル@ビートルズ)、オーボエ(オーボエソナタハ長調@ルイエ)、フルートと3連チャンで、残り2ヶ月、時間ないです(汗)

ぼーさん

 フルートって、声楽と違って、同じ曲でも楽譜が違うと難易度が変わるんですよね。なので、なかなかお薦めの曲って、難しいですよ。せっかく、これはいいなあと思っても、難しすぎたり、逆に簡単すぎたりでは、面白くないでしょ?

>3週連続でサックス(ミッシェル@ビートルズ)、オーボエ(オーボエソナタハ長調@ルイエ)、フルートと3連チャン

 チャレンジャーですねえ(汗)。いや、ほんと、すごいわ。私は発表会の二カ月後のクラシックコンサートですから、湧汗状態なのに3週連続ですか。いや、天晴れ天晴れ。とにもかくにも、練習練習ですよ、それっきゃないですよ。

 がんば

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Y先生のコンサートに行きました | トップページ | 夏なので、弱ってます[2013年7月の落ち穂拾い] »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん