ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 良い発声とは、他人をぶん殴るようなもの | トップページ | オーバーブローしちゃうのは、結局、鍛え方が足りない…って事かな? »

2013年7月 5日 (金)

声をしっかり閉じましょう

 声楽のレッスンの続きです。

 一通り、発声練習が終わったので、歌の練習に入りました。曲は、前回のレッスンでは十分にできなかった、プッチーニ作曲「トスカ」より「E lucevan le stelle/星は光りぬ」です。

 まずはピアノと歌が(リズム的に)合う事。この曲は合わせが難しいのだそうです。特に曲の前半の合わせが難しい。もちろん、発表会のピアニストさんはプロなので、私がどう歌っても合わせてくれるだろうけれど、ピアニストさんが合わせてくれる事に甘えずに、ピアニストさんが楽に合わせられるように、こちらもきちんと歌わないとダメって事なんです。ま、発表会に向けて、ただ歌えればいいのではなく、そこに至る過程で、色々と学びましょうって事です。

 とにかく、テンポは揺れ続けるし、耳で聞いていると、リズムの表裏が錯綜してしまいがちだけれど、ビート感はしっかりと保ち、大きなリズムの流れから外れないように歌うのが肝心です。

 しかし、レッスンってのは、怖いですね。家ではできているつもりの事でも、レッスンに行くと、全然できていなかったり、全く違った事をしちゃったりするんですね。ありゃ、なんででしょうね?

 中間部以降の合わせは、きちんとブレスをピアニストさんに見せて歌えば、ピアニストさんが合わせてくれるので、しっかりとブレスをピアニストさんに見せる事が大切なんだそうです。だから、ちょっとばかり大袈裟なブレスがいいわけですね。

 そのためには、たっぷり休んで、たっぷり息を吸って、悠々とフレーズに入る事が大切です。決して、焦っちゃいけないわけです。いつでも、男と言うものは、イキ急いではいけないのです(笑)。

 そういう意味では、一定の間隔でビートが刻まれるポピュラー音楽とは全然違うわけで、ビートはあるけれど、その間隔は決して一定ではないのです。ほんと、ビートをしっかり取るためにも、実際の演奏の際には、指揮者がいて、ビートやらテンポやらを視覚化してくれる人がいると、とてもうれしい曲です。実際(オペラの舞台での)プロの演奏では、必ず指揮者がいて、歌手は指揮者とコンタクトを取りながら歌うのがこの曲です。しかし、今回のように、アリアだけ取り出して歌う時は、歌手自身が指揮者となって、ビートやらテンポやらをオーケストラと言うか、ピアノに伝えるのですから、ある意味、オペラの舞台で歌うよりも、難しい事をしているのかもしれません。

 また、曲の随所にあるppに気をつけるように、とも言われました。ppの箇所は、本当にppで歌う事。しっかり声を腹筋で支えていれば、ppの声であっても、お客にはしっかり聞こえるので、恐れずにppで歌うのです。しっかり支えて軽く歌う…これを学ばないとダメなんです。

 ppで歌うと声が引っくり返る事もあるけれど、その時はその時と割り切る事も必要。声の引っくり返りは、ノド声の反対の声なんだそうです。ノド声から脱却するためには、声が引っくり返る事も恐れずに、声が引っくり返る方向にわざとハンドルを切っていく覚悟が必要なのです。

 確かに、私の場合、声の引っくり返りを無意識に避け、そのためにノド声になっている部分は…あるなあ(笑)。そういう意味では、覚悟が足りないのです。

 曲の後半にある最大の聞かせ所である“E non ho amato”の箇所は、階名で書くと、ラミファソラと上昇音形であって、私的には“ソラ”の部分が音程的にギリギリなんですね。だから、ついつい“ソラ”のところで力んでしまうわけですが、そこで力んでも、実は後の祭りなんです。大切なのは、実は“ラミ”の“ミ”の時に、声を閉じる事が肝心なんだそうです。

 私の声は、基本的に開いている声(アペルト)で、その声のままでも中間音域なら歌えるのだけれど、高音に行くためには、どこかで声を閉じないといけないのです。そうしないと、上手くジラーレできないのです。

 私のチェンジの箇所はファ#なので、その手前でしっかり声を閉じて、閉じた声でチェンジ箇所を通りすぎてジラーレに持っていけば、後はうまく行くはずなので、チェンジに入る前に声を閉じる練習をしました。

 声を閉じる…と言いますが、具体的に、よりノドの奥を縦開きにする事なんです。ノドを縦開きにする事で、声は閉じていくわけで、私のように、ノドの奥が横に開いていると、声が開いてしまうのです。

 で、練習をしていますと、私の場合、声が閉じると同時にポジションが下がるのです。大笑いですね。それじゃあ、ダメなんですよ。声が開くとポジションがあがり、声が閉じるとポジションが下がる。それじゃあ、本当にダメダメなわけで、だからうまく高音が歌えないのです。まずは、ポジションの高低と、声の開閉を切り離すところから始めないといけないという事になりました。いやあ、難しい。キング先生からは「もう、あなたには教える事はありません」と言われましたが、いやいやまだまだ、学ばないといけない事だらけな私でした。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 良い発声とは、他人をぶん殴るようなもの | トップページ | オーバーブローしちゃうのは、結局、鍛え方が足りない…って事かな? »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 良い発声とは、他人をぶん殴るようなもの | トップページ | オーバーブローしちゃうのは、結局、鍛え方が足りない…って事かな? »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん