ひとこと

  •  理解できない事。昨今の中国では「脚臭塩」と呼ばれる、足の臭いのする食塩が蔓延しているそうだ。分析してみると、亜硝酸塩という毒物さえ混入しているそうだ。また逆に健康に良いとされている短鎖脂肪酸が入っているケースもあったそうだ。どちらにせよ、食塩というものは、ほぼ純粋な“NaCl”じゃないの? 国際食品規格委員会で定められた食塩の品質に照らし合わせても、亜硝酸塩とか短鎖脂肪酸などが入り込む余地は無いんだけれどなあ。食塩というのは、人間が生きていく上で必要不可欠なものなのに、その食塩の品質すら危ういなんて、ああ理解できない。ちなみに、足の臭いのする食塩とか言うけれど、足の臭いって…どんなんだろ? 足って、そんなに臭いか?
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« レッスン室での直前練習は…効果大でした | トップページ | チビ・デブ・ハゲ、そしてED[2013年6月第4週・通算20週] »

2013年6月22日 (土)

水草が植わりたがっています

 …どうやら、そうなんです。

 水草ってのは、必ずしも根が必要というわけではありません。陸上の草花なら、水分を補給するために、根か水分を吸い上げないといけませんが、水草は全身が水に漬かっているわけだから、全身から水分を補給すればいいので、根はいりません。水分だけでなく、栄養分だって、全身から吸収すればいいわけです。

 まあ、カラダを固定するために地面を根を張る…のは、水流がある場所なら、流れに逆らうために必要かもしれませんが、水たまりや池や沼、水槽などの水流がほとんどない場所に生えている水草は、カラダが流される心配もないのだから、カラダを固定するための根も必要ありません。

 実際、我が家で金魚藻用の水草として採用している、マツモ草には、根がありません。ただ、水面に浮かんでいるだけで、それだけで全然OKなんです。

 ところが、その根の無い、マツモ草の様子が変なんです。

 季節も初夏の六月になり、水槽の水温が少しずつあがってきたせいでしょうか? 金魚たちの活動が活発になり、食欲も旺盛になり、普段あげているエサだけでは、どうやら足りないようで、勝手に水草をバカバカ食べるようになりました。

 それまでは、水面にプカプカと群れをなして浮かんでいたマツモ草ですが、毎年の事ですが、金魚たちの食欲が旺盛になると同時に、水面に浮かんだカラダの一方を地面につけ始めて、あたかも植わりたがっているかのような行動を取ります。不思議でしょ、根もないのに…。

 毎年の事なんですが、ほんと、よく分かりません。なぜ、マツモ草は初夏になると、植わりたがるのでしょうか?

 別にマツモ草は花が咲いたり、実がなったりするわけでなく、ただただ、自分の枝葉を伸ばしていき、やがてそれがちぎれて、別個体になって、繁茂していくタイプの水草なので、地面に植わる必要性を全く分からないのですが…でも、なんか、植わりたがるんです。

 脳味噌すらない植物なんですが、季節が来たり、やたらと食べられたりすると、色々と考えるのでしょうか? 私には水草の気持ちなんて、ちっとも分かりません。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« レッスン室での直前練習は…効果大でした | トップページ | チビ・デブ・ハゲ、そしてED[2013年6月第4週・通算20週] »

金魚」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。私は子供のころに金魚を飼ったことがありますけど今はまったく動物のペットとは無縁なので、まつも草って知らなくて、今ぐぐってきました。
水質浄化力があるんだそうで金魚水槽には必須なんですね。

>脳味噌すらない植物

うちの家庭菜園のトマトとかピーマン、肥料とか日当たりとか同じ条件の場所でも、真ん中あたりにあって目立つので言葉かけして可愛がってるのと端っこにあるのでつい無視してるのと、どうも花や実の付き方が違うような気がするし・・・。
人間の思い込みでしょうか。

金魚は動物範疇なので気心も通じやすいけど、マツモ草は範疇が違うからまったく通信手段がないですね。マツモ草に「今のお気持ちは?」と聞いてみたいですね。「こうやってふわついてると食べられちゃうんで、がっしり根っこがほしいんですよ、なんとかなりませんかね」って言うのでしょうかね。

だりあさん

 愛情を込めて育てた植物はよく育つとか、言葉がけをして育てた野菜はよく実るとか言いますが、そこに科学的な根拠はなくても、たぶん本当なんでしょうね。

 耳もなければ、脳もないので、人の言葉なんて聞こえるはずもなければ、理解できるはずもないのに、それに反応する植物がいるわけです。

 不思議ですね、だりあさんは『マツモ草は範疇が違うからまったく通信手段がないですね。』と書かれていますが、まさにその通りだと思います。きっと、マツモ草にはマツモ草なりの考えがあるのかもしれないけれど、我々とは通信手段が無いために、意志を送受信しあうことが出来ない…んでしょうね。

 植物が何を考えているのか分かったら、世界はまた一つ広がりますね。きっと、未来になると、そのあたりの分野も研究されるようになって、我々人類が水草と会話できる時代が来るかもしれません。そんな世界が来たら、きっと愉快でしょうね。

 私が生きているウチは無理でしょうが(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レッスン室での直前練習は…効果大でした | トップページ | チビ・デブ・ハゲ、そしてED[2013年6月第4週・通算20週] »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん