ひとこと

  •  最近の報道では、モンゴルの方々の間で“星の回し合い”というのがあったとかなかったとか…が話題になっています。本当かな? だとしたら、貴乃花の引退以来、14年間も日本人横綱の不在…っうか、モンゴル人の横綱占拠も分からないでもないけれど…なあ。ちなみに、外国人横綱というと、モンゴル以前にハワイ勢の曙と武蔵丸がいたけれど、彼らは二人とも日本人に帰化しているけれど、モンゴルの横綱は現在まで4人いるけれど、誰一人日本人に帰化していないんだよね。ほんと、モンゴル人って、愛国心が豊かで、仲間思いで友情にあつい人々なんだろうね。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« リズム音痴撃退法? | トップページ | まずは自分に負けない事[2013年6月の落ち穂拾い] »

2013年6月29日 (土)

自分の愛するモノのブツを眺めてみよう

 本日の記事は、ちょっとばかり尾籠な話なので、その手の話が苦手な方は、また明日お越しくださいませ、よろしくね。
 
 
 
 
 
 
 さて、尾籠な話と前置きしましたが、フンの話です。フンって言えば“糞”って奴です。はい、金魚のフンの話です。皆さん、金魚のフンって、ご存じですか? 金魚あるところ、必ずフンありってくらいの、金魚のフンでございます。

 「金魚はかわいいんだけれど、いつもフンを付けているのがなあ…たまにキズなんだよね」と言われるくらい、金魚とフンは、切っても切れない関係なのです、だから長いんです。

 まあ、私などは、金魚がかわいすぎて、フンなんて見えませんから(笑)。

 それはともかく。金魚は常にフンを垂らしながら泳いでます。フンを見ると、金魚の体調がよく分かります。

 太くて立派なフンをしている時は、元気ハツラツだし、細くて切れ切れなフンをしている時は、体調が悪そうです。フン詰まりかもしれません。また、フンがきれいに垂れずに水中に漂っている時があります。そういう時はよく見ると、糞に気泡がついています。気泡つまりオナラですね。腸内発酵をしている可能性があります。そういう時って、たいてい食べすぎて、かなり体調が悪い時なので、エサを控えめにしないといけません。

 エサを控えめ…つまりエサの量の調整ですが、これもフンを見ると、ある程度分かります。

 ウチは色揚げ用の赤いエサをあげているので、エサだけで満腹している時の金魚たちのフンの色は、実に赤いのです。そんな赤いフンをしている時は、エサの量がちょうど良いか、多少多めです。活動が活発な時なら、赤いフンでもあまり問題はありませんが、そうでない時に赤いフンをしていると、体調が悪くなるようなので、そういう時はエサの量を少しセーブした方が良いみたいです。

 フンの色が赤から多少黒ずんでいる時は、エサが少々足りなくて、水草を食べたので、赤いエサに緑の草が混ざって赤黒いフンになります。実はこれくらいがちょうど良いのだろうと思います。

 たまに真っ黒いフンをする時がありますが、そういう時は巻き貝とかエビとかを食べた時の色です。動物性タンパク質をたっぷり取ると、フンが黒ずむみたいです。

 たまに真緑のフンをする時がありますが、それはうっかりエサをやり忘れた時です。空腹で仕方がないので、水草ばかりを必死に食べてしまったため、フンが緑色になるようです。

 フンと言えば、ハナジロがフンをしなくなってから、そろそろ二カ月たちます。そうなんです、最近のハナジロはフンをしません。つまり、食べてないんですね。もちろん、エサはやってますが、クチにしません。もっとも、エサが水に溶けて、その水をクチにしていますから、まったく栄養が体内に取り込まれないってわけではなさそうですが、栄養摂取といった点では、効率は悪そうですね。

 ちなみに、サクラは元気を絵に描いたような子なので、毎日毎日、太い太いフンをダラダラダラ~と垂らして泳いでます。そんな時のサクラは、目も生き生きとしてます。元気な子は、フンも太くて長いんですよ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« リズム音痴撃退法? | トップページ | まずは自分に負けない事[2013年6月の落ち穂拾い] »

金魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リズム音痴撃退法? | トップページ | まずは自分に負けない事[2013年6月の落ち穂拾い] »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん