ひとこと

  •  ああ、腰が痛い…。またまた、ぎっくり腰をやっちまいました。今回の原因は不明。先日、何となく腰が痛いなあ…と思って、整体に行ったら「ぎっくりですね」と言われちゃいました。ぎっくりと言われる前は何となく痛かった程度だったのに、ぎっくりと言われた途端にめっちゃ腰が痛くなりました。…言霊って、すごいなあ。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« フルートの、楽器としての難しさとは | トップページ | 実にお見事な生徒さんが登場しました[2013年ラ・フォル・ジュルネに行ってきた:その1] »

2013年5月 4日 (土)

ハナジロが入院しました

 実は、前回の金魚記事をアップした2013年4月25日の事、仕事から帰って来て、水槽を見たら、ハナジロが腹を上にして、水槽の下に沈んでいるではありませんか? 心なしか、息も荒いようです。

 どうやら、転覆病の初期状態のようです。今は水槽の下に沈んでいますが、やがて浮かんできて、浮島のように常に腹を水上に出したまま、エサも食えず、段々とやせ衰えていくわけです。

 転覆病って、一度なると、なかなか治らないというか、まず治らないというか、金魚にとっては、死病の一つなんですよね。ただ、転覆病になったからと言って、今日明日死んでしまうわけではなく、苦しい状態のまま、数週間から数カ月を過ごすわけです。ああ、たまんないなあ…。

 転覆病の原因は諸説様々ありますが、私の見立てでは、過食&肥満が原因だと思います。なので、急に大きくなった子は、たいてい転覆します。そういう意味では、ハナジロは前々から危ないなあ…って思ってました。

 でもね、ハナジロはオランダ系金魚です。オランダ系金魚は、琉金系金魚よりも転覆しづらいのは確かなので、ハナジロは確かに肥満魚でちょっとヤバかったのですが、それでも、たぶん平気、と私は心の中で思ってました。

 むしろ、ヤバイのは、ナゴンの方だな…ってね。

 それが、ナゴンではなく、ハナジロがいきなり転覆しちゃったわけです。

 そのまま水槽に置いておいて良いのかもしれないけれど、ハナジロは転覆以外に、ケロイド体質という特徴もあり、常にカラダに生傷があって、いつも何かがドロドロと出ている子です。それもあって、いきなりハナジロを入院させました。

 転覆&ケロイドのために、隔離…って感じかな。可哀相な気がしますが、しかたないです。

 あれから約一週間しましたが、ハナジロは転覆以外は元気です。一応、絶食してます。金魚は、食べなくても一カ月程度は平気なので…いやむしろ、体調の悪い時にエサを与えると、余計に体調を悪くするので…絶食&塩水浴治療をしていますが、一週間では、これと言った変化はありません。

 早く治って欲しいのですが、なかなか難しそうです。

 それにしても、金魚は…と言うか、サクラは薄情です。ハナジロを入院させて以来、とりあえず、ナゴンとキキョウは、ハナジロの入院水槽の方を見ている事が多くなりました。何を考えているのかは分かりませんが、人間の目からは、仲間を心配しているように見えます。

 そこへ行くと、サクラはマイペースです。ハナジロがいなくなっても、いた時と全く同じ行動パターンで、常に天真爛漫に暮らしています。こういう鈍いところ、薄情なところ、他の魚に興味がないところが、サクラが毎日元気で過ごせる理由なのかもしれません。

 サクラって、いつでもどこでもマイペースな子なんです。たぶん、自分以外には興味なんて無いんだろうなあ…。

 ちなみに、これがドジョウなら、たぶん、水槽がパニックになってます。と言うもの、ドジョウって、本当に、仲間を大切にする魚なので、一匹が入院しただけで大騒ぎだし、星になった日には阿鼻叫喚になってしまいます。

 できれば、転覆から回復して欲しいです。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« フルートの、楽器としての難しさとは | トップページ | 実にお見事な生徒さんが登場しました[2013年ラ・フォル・ジュルネに行ってきた:その1] »

金魚」カテゴリの記事

コメント

良くなるといいですね。「入院」の見出しをみるとつも心配になります。

椎茸さん

 ご心配、感謝です。少なくとも、ハナジロの状態は、良くも悪くもなっていません。悪くなっていないのですから、希望がないわけではありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フルートの、楽器としての難しさとは | トップページ | 実にお見事な生徒さんが登場しました[2013年ラ・フォル・ジュルネに行ってきた:その1] »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん