ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 雨の日とマスクの日は、酸欠気味[2013年4月第1週・通算12週] | トップページ | あずみフルート、発売 »

2013年4月 8日 (月)

メトの『パルシファル』を見に行けませんでした(涙)

 “メトの~”と書きましたが、もちろん、これは“メトロポリタン歌劇場のライヴビューイングの~”と言う意味です。本場ニューヨークのメトロポリタン歌劇場に行くつもりだったわけではありません(念のため)。

 実は現在、メトロポリタン歌劇場のライヴビューイングの『パルシファル』が絶賛上映中なわけです。私も、前の週末に見に行くつもりだったのですよ。でも、この年度切り替え時期の忙しさに負けて行けなかったわけです。

 メトの『パルシファル』を見に行けた方、ぜひ感想をお寄せください(涙)。

 『パルシファル』とは、ワーグナーが生涯の最後に完成させた歌劇(彼自身は歌劇ではなく“舞台神聖祝典劇”と呼んでいました)で、一大傑作の誉れの高い作品でございます。まあ、ワーグナーものですので、当然ですが、ドイツオペラなわけで、イタリアもの大好きな私としては、普段はあまり親しみがないので、チャンスがあれば、その都度学んで鑑賞して、自分の心にあるドイツオペラの引き出しに入れようと心がけているわけなんです。今回は、そんな私のドイツオペラの引き出しに『パルシファル』を入れる絶好のチャンスだったわけです。

 こういう、普段あまり親しみのないオペラは、劇場(と言っても映画館)に行く前に、自宅で予習をする事にしています。予習と言っても、DVDとかで映像を予習するだけの話なんですが、これをする事で、ストーリーを事前に頭に入れ、音楽的な聞きどころを確認しておき、劇場では、ただただ流れる音楽に身を任せられるようにするわけです。

 今回は、あまりに忙しくて、事前の予習が全くできませんでした。

 『パルシファル』は長いオペラです。三幕ものですが、それぞれの幕が約1時間半ずつの、合計4時間半のオペラです。予習をするなら、一回(一日)につき、幕一つ1時間半ずつ見るのが限界です。それ以上の量を、普段の生活をしている自宅での予習で行うには、集中力が続きません(劇場なら、聖別された場所なので、5時間前後の作品でも集中力は続きます)。となると『パルシファル』なら予習に三日かかるわけです。

 先週、仕事が終わると、ほぼ半死半生の状態で、フルートの練習なんて全く出来なかった状態で、一日一幕ずつ、オペラの予習が出来たかと言うと…そりゃあ、もう、ムリムリムリってところです。

 それに休日出勤だってあったし、やっと手に入れた休日は、目覚めたら昼下がりだったんだもの。メトのライブビューイングは、ウチの近所だと朝11時開演だから、目覚めたら、すでに終わりかけていました…って感じだったんです。

 まあ、むりやり、オペラの予習をして、当日も死ぬ思いで映画館に足を運ぶ事は、やろうと思えば出来たかもしれないけれど、そんな事をしたら、過労でダウンしてしまうのは、間違いないね。本当に仕事が忙しくて過労でダウンしたら、世間様から同情されるかもしれないけれど、遊びに行ったのがトドメで過労で倒れたら「遊びに行かずに、休んでいれば良かったのに(この馬鹿者!)」と罵られたり、馬鹿にされたりして、社会的信用を失って、お終いなだけです。

 そんな事って、一人前の社会人として、やっちゃいけない事だよね。

 なので、泣く泣く(と言うか、夢の世界の中で)メトのライブビューイングを見に行くのを諦めた私でした。

 おおおおおぉ~、残念だあ~残念だあ~。後は、お盆休み以降の、アンコール上映に期待するしかないわけだけれど、お盆休み以降に東劇に行けるような時間はあるかな? 体力はあるかな? ああ、心配だ、心配だ。

 こんな感じで、今年の趣味生活に、暗雲たれこめている、今日この頃でございます。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

« 雨の日とマスクの日は、酸欠気味[2013年4月第1週・通算12週] | トップページ | あずみフルート、発売 »

歌劇」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまです!
今回は残念でしたが、次は行けますよ、きっと(と常に思っていれば実現するかも)♪

椎茸さん

 照る日もあれば曇る日もある…まあ、人生なんて、あざなえる縄のようなものですからね。今までが順調すぎたと言うか、遊びすぎていたんだと思いますよ。今年度からは、ちっとはマジメにお仕事に励みなさいと言うか、そういう年回りなんだから役目を果たしなさいと言うか、そういう事なんだろうと納得はしています。

 でも、やっぱり、オペラは見に行きたいのよ(涙)。ま、次のチャンスですね。次こそ、きっとモノにしてやる(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨の日とマスクの日は、酸欠気味[2013年4月第1週・通算12週] | トップページ | あずみフルート、発売 »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん