ひとこと

  •  現在、テレビ東京系で再放送されている「けものフレンズ」が、とっても楽しい。幼児向けアニメのような体裁を取りながら、何気に考えさせられてしまう事ばかり。毎朝放送しているので、すでに半分以上の放送も終わり、来週の頭にはすべて放送されて終了してしまうわけのが残念だけれどね。アニメの前に放送している「おえかき動物図鑑」から見ているのだけれど、さすがに妻に呆れられています。

お知らせ

  • ●F門下&Y門下合同発表会は、2017年9月9日(土)に行われます。●13時開場、13時30分開演です。●場所は、神奈川県の鶴見区民文化センターサルビアホールの音楽ホールです。JR京浜東北線鶴見駅、あるいは京急鶴見駅のすぐそばのホールです。●私は、後半(第2部)の2番目に二重唱「私は貞淑な人妻」を歌い、9番目で「おお祖国よ(ダニロ登場の歌)」[マキシムの歌です]を歌って、11番目に二重唱「愛のワルツ」[メリー・ウィドウ・ワルツです]を歌う予定です。●私自身は発表会の後半~終盤にかけて歌いますが、今回のホールは小さい(100席程度)のため、入場には整理券が必要となりました…と言うか、今回、会場が小さいのに出演者が多く、その人達が直接誘う家族や友人の数も自然と増えてしまい、すでに用意した整理券の大半がはけてしまいました。そのため、外部の方が見に来られる余裕がなくなってしまいました。私のリアルな知り合いの方は、おっしゃっていただければ、若干残っている入場整理券を差し上げますので、ご連絡ください。●会場に来られない方々も、ぜひぜひ遠くの空から応援よろしくお願いします。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« “耳抜き”も一つの方法 | トップページ | フルートはもう買わない »

2013年2月13日 (水)

歌の場合、どうやって音程を取っていったらいいの?

 これ、案外、根深い問題じゃないかなって思います。

 音感があって、子どもの頃から音楽に親しんでいる人には「何をいまさら…」とか「どうにもこうにもって、とにかく歌えばいいんじゃないの?」って言われてしまいますが、音感がなくて、大人になってから音楽に親しみだした人だと、どうしても音程が甘い人もいます。音程が甘い人に言わせれば「どうすれば、ビシッと正しい音程で歌えるんだい!」って叫びたくなります。

 楽器なら“音程正しい”は比較的簡単です。ピアノなどの鍵盤楽器なら、当該のキーを叩けばいいわけだし、管楽器なら、規定の運指がありますので、その通りの指遣いで吹けばOKです。弦楽器なら、所定のポジションってものがありますから、その決まった場所に指を置いて弾けばOKです。でも、歌の場合、キーもなければ、運指も無くて、弦のような所定のポジションもありません。雲をつかむような気持ちで、声を出してみても、それが合っているかどうかは、実は難しいのです。

 まず最初に確認することは、音楽を聞いて、頭の中で正しい音程でメロディーが鳴り響くかどうかです。つまり、音のイメージを持てるかどうかですが…頭の中に音のイメージを持てない人(たまにいるようです)が、音楽を趣味にしてたり、ましてや歌いたいとは思わないでしょうから、たぶんここで引っかかる人はほとんどいないでしょう。

 となると、次に確認することは、歌の経験値です。女性の場合は幼少の頃からどれだけ歌っているか、男性の場合は、変声期以降どれくらい歌っているか、その経験値が、音程正しく歌うためには、かなりモノを言うようです。

 例えば、頭の中に“ド”の音のイメージがあっても、そのイメージ通りの声が出せるかどうかは、実はひたすら歌の経験によるわけです。経験豊富ならば、苦もなくできるでしょうが、経験が少なければ“ド”を出そうと思っても、なかなかうまく行きません。なぜなら、カラダがどうやって“ド”の音を出していいのかを知らないからです。

 ですから、そのためには、たくさん歌う経験をして、それぞれの音の出し方をカラダで確認する事が必要ですし、音感の有無以外にも、器用不器用も関係します。必要とあらば、訓練する必要だってあります。

 訓練のやり方は…それを書き始めると、連載になってしまうので、今回は割愛しますが、ザックリ書くと、最初は鍵盤楽器とお友達になる必要があります。鍵盤楽器を叩いて、それと同じ音が出せるかどうかの訓練から始めないといけません。同じ音かどうかの判定が自分自身では難しいならば、友人の助けが必要かもしれません。あるいは、チューナーを使って確認するのも手です。いっその事、ソルフェージュを習いに行ってもいいかもしれません。

 そのような訓練を終え、個々の音が取れる様になったところで、それらの音をつないでメロディーを音程正しく歌えるようにするのですが…これって難しいですよね。一体、どうしたらよいでしょうか?

 これも結局、訓練になるのですが、このあたりになってもまだ、音程のとり方とか、音の高低って何?って悩むんですよね……私がかつてそうでしたもの。

 鍵盤楽器に合わせて“ド”が歌えて“ミ”が歌えても、自分で“ド~ミ~”って歌うのは難しいですね。最初の“ド”は鍵盤楽器に合わせて確認したとしても、次の“ミ”は実力で探して歌わないといけないわけです。『合わせて確認』ではなく、自分で音程を作って歌わないといけないのです。これ、音感と経験の無い人間には難しい事ですし、経験不足ならば、どうしても、なんとなく甘くなってしまうわけです。いや、最初の“ド~ミ~”が上手くいっても、大抵のメロディーはもっとたくさんの音符で出来ていますから、それらの音符をつなげていくうちに、少しずつ少しずつズレが生じてしまうことだってあります。これを克服するには、相対音感というモノを身に付けなければいけません。でも…。

 ドンマイ! 歌はスポーツと一緒です。歌うという事は、運動の一種ですから、きちんと訓練をした上で経験を積んでいかないと、実はなかなか上手にはなれません。だから、たとえ時間がかかっても、出来ない事は、出来るようになるまで繰り返して練習です。音感と言うものは、オトナになってしまうと、絶対音感の獲得はなかなか難しいですが、相対音感の獲得は…はっきり言ってしまえば、これは単純に記憶の問題なので…時間がかかるかもしれませんが、頑張っていけばなんとかなるものです。

 しかし、頭の中にあるメロディーのイメージ通りに、音程正しく歌うのって難しいですね。勘でだいたい歌えても、精密に歌うには、たとえ相対音感を持っていても、きちんと一音一音、音取りをして音程を確認しながら歌わないといけません(この作業はプロの歌手でも同じなんだそうです)。ましてや音程甘々人間ならば、音が高いとか低いとか言われても、目で見て確認できるわけでもないし、一体どれくらい高く歌えばいいのか、低く歌えばいいのか、よく分からないから困ってしまうわけです。ほんと、努力あるのみです。

 キング先生に歌を習っていた頃は、よく音程で注意されました。歌うたびに、もっと高くとか、もっと低くとか注意されました。ま、音程が甘々だったのですから、仕方のないことです。でも、いくら先生に、高いとか低いとか注意されても、その高い低いが、よく分からないから困っていたのに、質問や相談をしても、そこに関してはスルーでした。あげくの果てに、ソルフェージュの先生のところに行って習ってこい、とまで言われました。まあ、キング先生は、そういう指導は苦手だったんだろうなあって思います。あるいは“面倒くさい奴!”と思われたか(笑)。まあ、先生にも得手不得手があるので、音程が甘い生徒の指導に手を焼かれたとしても、それは仕方ないと思います。先生は先生なりに苦労して指導されていたんだろうなあ…とは思いますよ。ただ、息子君がピアノの先生のところでソルフェージュの勉強もしていたのに、私は歌の先生のところで音程のとり方一つ教えてもらえない事には、当時はちょっと解せない気持ちでいっぱいでした。

 とりあえず、キング先生時代は、低い音の時はノドをゆるめ、高い音の時はノドをギュッと絞めつけて歌っておりました。音程の高低は喉の絞めつけ具合で作っていたわけです。これはレッスン中のキング先生がおっしゃっていた「私は音程をノドで作っているよ」という発言を誤解して実行していたわけなんです。今なら、誤解していると分かりますが、当時は分からなかったんですね。先生からもチェックが入らなかったので、それで正しいと思い込んでいたわけです。

 ノドを絞めつけるにも限界があるから、ある程度高い声を出そうとすると、たいていの人はそこで声が引っくり返ってしまうわけだけれど、私はノドの力が強かったので、引っくり返らずに、息がノドを通らなくなるほど、ギュッとノドを絞めてしまって、ムリヤリ息を通そうとしたけれど通らなくて、それで高い声が出なかった…と今なら分かります。あと、ノドを絞めようと思ってノドに力をこめると、声帯の活動が鈍り、音程が下がってしまいます。キング先生によく「音がぶら下がっている!」と注意されましたが、あれはノドが硬く絞まっていたからなんですね。キング先生は音程のぶら下がりは注意されますが、その直し方は教えてくれなかったので、いつまでも音程のぶら下がり自体が治らなかった私です。

 ノドを絞めつけて歌うやり方は、クラシカルな歌い方ではないです。下手くそなロック系歌手の歌い方です。そんな歌い方で五年間も声楽をやっていたわけですから、自分でも呆れてしまいます。まあ、この時の音程の高い低いの感覚は、高いが“痛い”で、低いは“楽”って感じでした。なにしろ、魂をすり減らして根性で歌っていたわけですからね、ロックでしょ、ソウルでしょ(笑)。
 
 
 今はY先生に変わったので“痛い”は無しになりました。「歌はいつでも楽に歌わないといけない」と言うのが、Y先生の方針ですから、痛みを感じながら歌うのはNGなんです。

 と言うわけで“痛い”を封じられた私は、高音が全く出せなくなったのかと言うと、決してそうではありませんでした。いや、封じられた直後は全く高音は出せませんでした…か、今では先生のご指導で、ノドを痛くしないで高音を出せるようになりつつあります。
 
 まあ、その話は横に置きます。

 さて、よく「その音は高い」とか「低い」とか言いますが、私、最近『実にその通りだなあ』って思うようになりました。

 最近の私にとって、音程の高い低いは、音の柱の高い低いのようなものだなあって感じるようになりました。

 ここからは、ちょっとオカルトが入りますが、勘弁してください。

 実は最近の私の歌う時の音程イメージは、まるで自分が一本の柱になっているような感覚なんですよ。それも古代ローマの宮殿にありそうな、デ~ンとしたコリント式の柱ね。あれです。

 柱である私の、低い場所の壁がパカッと開いて、そこから声が出ると、それは低い音になり、高い場所から声が出ると、高い音になります。つまり、柱の壁の開く高さと、音の高さが比例関係にあるように感じています。

 もちろん、リアルな話をすれば、私は柱ではないし、声が出るのはクチだけなので、本来は声の出る場所に、高いも低いもないのです、ですから、あくまでも自分の中のイメージの問題なんです。低いところから声を出せば音程が低く、高いところから声を出せば音程が高くなります。

 私は柱ですから、その長さには限界があります。柱の高さよりも高い音は、どんなに頑張っても出せません。逆に低い音は、当然、足元よりも低い音は出せるはずありません。でも(地声や裏声も含めて)柱の長さの範囲におさまる声なら、やり方さえ間違えなければ、必ず声楽的な声で出せるはずです。

 私のこのイメージは、Y先生とのレッスンの中で獲得しました。私が歌っていて、音が低めの時は、先生は、息をたくさん流すか、ノドをさらに上に奥に広げる事を要求しますが、低い声を出す時は、ノドを下に前に広げるように要求するわけです。ノドに力が入るのはNGです。そんな感じで先生の指導に従って声を出していくと、やがて正しいところにすんなりと声が納まるわけです。それを繰り返しているうちに、なぜ音高を高いとか低いとか表現するのかが、私なりに納得できるようになりました。音程と身体感覚が、少しずつ、つながり始めたような気がします。

 私は、ズデーンとした柱です。その柱の下の方から声を出せば低い音が、高いところから声を出せば、高い音になります。ポジションもへったくれもありません。そのためにも、まずは柱の中を、息がスムーズに流れ、声になれば、それでいいんです。

 ちなみに、この柱、声そのものの発声装置は、柱の台座の部分にあって、そこで声の大元が作られます。台座で作られた声が、柱の中を伝わって、パカッと壁が開いたら、そこから外部に声が流れるんです。ですから高い声は柱の高い部分まで届くように、台座から勢い良く出て行くし、低い声は、低い場所でちょうど良くなるようにジリジリと力強く出て行きます。

 とまあ、私はこんな風に考えてます。これが皆さんのご参考になるかどうかは、微妙ですが、2013年2月現在の私の考えでは、こんな感じです。

 イメージとしての音程の取り方は、何となくこんな感じなんですが、では現在、音程バッチリの声で歌えるかと言うと、結局、この感じ方に到達したのが最近ですから、まだまだ声そのもののコントロールは、不十分です。これから、このイメージを大切にしながら、カラダで音程コントロールを覚えていくしかありません。でも、このやり方だと、楽に発声する事しかできないし、出せる声の限界も何となく分かりますから、頑張りますよ。声のコントロールは決して簡単じゃなさそう…。でもまあ、前向きに、レッツトライ、です。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« “耳抜き”も一つの方法 | トップページ | フルートはもう買わない »

発声法のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

歌の方が見たら笑うかもですが、音叉はどうですか?
レッスンの時は無理でしょうが、自主練習の時はA(442Hz)とチューナーでそこから上か下に行くようにする…というのは?
娘のピアノの先生には「Aが覚えやすい」と言われました(オケで合わせる音ではあるけど)

救急車のピーとか電話(昔)のRRR…ですよね。
Cは難しいそうです。

私もA(442)だけは持ってます(覚えていないけど)。色々揃えると面白いかもですね。

あと…また笑われるかもですが、私のオススメはシュタイナー玩具でグロッケンシュピール(ダイアトニック)は442Hzなんですよ!(シロフォンです)

これに合わせてドレミを歌うと音叉より簡単です。

持ち歩けない(こともないけど)ですが落とすと痛い…。小さいのでちょっと小机上にでも置いて叩くと癒し系の音だし。
多分YOUTUBEに音源あると思います。


柱のイメージ、なるほど!!結構良くわかると思います。

訂正…シロフォン(木琴)>>ビブラフォン(鉄琴)ですね。

くるみ割り人形の「コンペイトウの踊り」とありました。あれあれ!!可愛いですよね。

YOSHIEさん

 音叉あるいはハーモニカって、歌の人は意外と活用しているみたいですよ。かさばらないし、ポケット等にも入れて運べるし、調律の必要ないし…。私も以前は音叉を持ち歩いていました。今は…iPhoneのピアノソフトがその代わりをしています(笑)。

 たとえ相対音感であっても、少なくとも一つぐらいは絶対音を覚えていた方が良いと思います。確かにAは覚えやすいかもです。私もAを忘れないように、毎日、Aの反復練習してますよ。でも、うっかりAのつもりで5度下のDを出しちゃう事もあります(ダメじゃん)。絶対音って、なかなか身につかないんだな(涙)。

 最近は吹奏楽関係でBを耳にする事が多いです。なまじAとは半音違いなので、頭の中でこんがらがった挙げ句、私の中で変なことになっている事あります。吹奏楽とクラシック系音楽の両立は、案外、難しいです。

>吹奏楽とクラシック系音楽の両立は、案外難しい


>>そうですね…そこは大変だと思います。
クラリネットでチューニングですもんね。
私も娘が吹部に入ってみて、すごく良くわかるようになりました。
管弦楽と(日本の学生・生徒主体の)ブラスバンドの違いと言うか…

そうそう音叉は携帯されていると書かれてましたね。
私自身はとりあえず素人は絶対音感は要らないと思ってます。ある調律師さんが「間違った絶対音感がついている人がいて不幸です」と言うのも聞いたことあります。
何かしらガイドに頼っていいと思います。
フィールドワークが趣味の知人がいて、知らない土地を地図は持たないけど磁石は持っていて(必須らしい)……ちょっと変な例えですが…何か一つ音源に頼るのは大いにありだと思います。

ハーモニカって手軽でいいですね。(*^o^*)シャンソン?おフランス?ぽくて…(ハモニカ…良い物は高価そう…)

YOSHIEさん

>管弦楽と(日本の学生・生徒主体の)ブラスバンドの違いと言うか…

 そうなんですよ。管弦楽(つまり、クラシック系音楽)とブラスバンドって、全然違うんですよ。この違いが傍観者に分からないのは当然として、当事者たち、つまり吹奏楽関係者でも、分からなかったりするんですよ。

 『分からない』と言うのは、この場合『吹奏楽はクラシック系音楽である』と錯覚しているという意味です。まあ、なまじ、同じような楽器が使われているし、指揮者のいる合奏スタイルだし、クラシック系の曲を編曲して演奏する事も多いので、そういう誤解が生まれるんだろうと思いますが、知れば知るほど、吹奏楽とクラシック系音楽は別物だと、身に沁みます。

 確かに、管弦楽も吹奏楽も両方やる人は多いけれど、それは歌手で言えば『ポップスも歌えばジャズも歌います』ってのと同じ事です。傍観者から見れば、ポップスもジャズも似たようなものだけれど、それぞれを真剣にやっている人からすれば『いえいえ、全然違います』っていう世界なんだな。

 まあ、違うからいけない…という話ではなく、違うんだから、違いを認めて、それぞれで楽しめばいいじゃん…っていう事なんですが。

>ある調律師さんが「間違った絶対音感がついている人がいて不幸です」と言うのも聞いたことあります。

 うわ、それは不幸だなあ…。生兵法怪我の元、って感じかな? 私の場合は、いくらA音を暗記しても、やっぱりガイドとしてのiPhoneは必要なので、そういう目には合わず済むと思ってます。

 ハーモニカ、いいでしょ? 別に高価なハーモニカでなくて、教育用の安価な奴でいいんですよ。音を取るだけですから。ちなみに、ちゃんとしたクロマチックハーモニカって、ちょっとお高いですよ。その代わり、教育用の楽器とは違って、身震いするくらいに美しい音がしますよ。手のひらに納まる大きさでも、楽器は楽器なんだなって思います。

 実は、クロマチックハーモニカも、私が挫折した楽器の一つです(汗)。

すとんさん、柱のイメージ、バッチリだと思いますよ。チョットだけジマンを許してくださるなら、私はわり~と音程がとれる人らしいんですが、柱のイメージに似た感覚で音程をとっています。フルートでも歌でも、上下動の動きは、斜め上へ、斜め下へのイメージではいけない、と教わりました。

これまでの歌のお師匠さまたちには、身体の中で、音の放射位置をその高さまできちんと上げてから、しっかり下げてから、その位置で水平に音を放つイメージで、と教えていただきました(過去形)。これがすとんさんの「扉が開いてそこから出す」っていうイメージと同じことなんだと思います。

だりあさん

 柱のイメージ、バッチリですか? うれしいなあ。誰かに「それバッチリだよ」と言ってもらえると、なんか自信がわき出て、前に歩きだせます。

>フルートでも歌でも、上下動の動きは、斜め上へ、斜め下へのイメージではいけない、と教わりました。

 真上と真下ですね。了解、そのイメージで行きます。

>身体の中で、音の放射位置をその高さまできちんと上げてから、しっかり下げてから、その位置で水平に音を放つイメージで、と教えていただきました

 こちらも了解。規定の高さまで上げてから、水平射撃ですね。決して、斜めに打ってはいけないと…うん、ちゃんとその高さまで上げることが大切なんですね。

 頑張りますよ。だって、音程バッチリで歌えるようになりたいもの。

来週家族の用事で東京に行くことになり、私の用事がないので急遽昔のテノールの先生にレッスンをしていただくことになりました。とてもわくわくしています。
曲は特にこれというものがないのですが、一回きりになるので発声中心で見ていただこうかなと思っています。曲は今のところリートがいいかなあ、と思っています。
高音ですが自分にとって十分出せる音でも、出てくる場所と強さによってはきついことも多いですよね。そういう曲を見ていただこうかなと思います。

Ceciliaさん

>高音ですが自分にとって十分出せる音でも、出てくる場所と強さによってはきついことも多いですよね。そういう曲を見ていただこうかなと思います。

 同じ高さの音でも“楽に出る高音”と“厳しめの高音”とありますね。跳躍の幅が広かったり、苦手な母音で歌わなければいけなかったり、曲の後半で疲れていたり…とか。「出るはずの音なのに…出ないなあ」というのは、最近の私で言うと、ベッリーニ作曲の「Vaga luna, che inargenti/優雅な月よ」の高音Gでした。普段なら出ないはずのない高さなのに、なぜか出せないんだよなあ…。

 久しぶりのレッスンは、楽しみですね。たくさんの事を吸収してきてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« “耳抜き”も一つの方法 | トップページ | フルートはもう買わない »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2017 すとん