ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ヴァイオリンは…挫折しました! | トップページ | テノールだから、ついつい楽譜に無い音を歌ってしまいます »

2013年2月 5日 (火)

とにかくクチの奥を開こう

 ふと気付いたのですが、本日のこの記事、我が老犬ブログ、2000記事目の記事でした。うむ、2000だね。めでたいね。

 さて、本日の記事です。
 
 

 声楽のレッスンに行ってきました。

 「最近どうですか?」と先生に尋ねられたので「最近は歌うとお腹が痛みます…。お腹が疲れます…。一曲もちません。長い曲になると、後半はお腹を手で押さえながら歌ってます」と答えると「それは良い傾向ですね。やがて、腹直筋がツるようになれば本物です」と言われました。「たまに肩や胸の筋肉がツります」と答えたら「それは間違いだから、そうならないようにしてください」とも言われました。色々と過渡期な私です。

 ハミング練習をしました。ハミングは、その日の調子(お腹の支え具合、ノドやクチの奥の開き具合、声の響き具合など)をチェックして調整するためにするんだそうです。そこで修正可能なものは修正し、修正できない事(人間なんだから日々色々な事があって当たり前)が見つかったら、それをきちんと把握して、それに対応しながら歌うんだそうです。そういう意味で、ハミングから練習を始めるのは大切な事らしいです。

 発声練習に入りました。Y先生のレッスンを受け始めた当初と比べて、だいぶお腹の支えで発声出来るようになってきたと言われました。

 入門当初は、一生懸命お腹を使おうと努力をしているのは分かったそうですが、使い方が間違っていた上に、ノド声で声帯を使って声を支えていたため、声帯がお腹の支えをシャットアウトし、お腹と声がつながっていなかったのだけれど、ここのところ、少しずつノドが開き、ノド声が解消されつつあり、なおかつ、お腹の使い方もだいぶ分かってきたので、少しずつお腹で支えた声で歌えるようになってきたのだそうです。

 進歩している事を確認していただきました。ほんと、Y先生には感謝です。

 結論から言えば、お腹の支えも、ノドの開き具合も、まだまだだけれど、少しずつでもバランスよく上達していけば、それで良いでしょうとの事です。ちなみに、今は少しバランスが悪く、お腹の支えが少し強くなっているにも関わらず、ノドの開き具合があまりに不十分なため、息がたくさんノドに当たり、ノドを痛める可能性があるそうです。きちんとノドを開くようにしないと、声そのものがダメになってしまうので、今の段階では、お腹も大切だけれど、ノドに集中して練習をする事か必要なんだそうです。

 と言うわけで、散々、ノドの奥を開く練習をしました。

 色々な事を教わりました。アゴの動きは最小限におさえ(つまり、アゴは下げっぱなしが理想)、ノドの奥は開きっぱなしにした上で、言葉は口先(舌とクチビルを使って)で発音するそうです。これは日本語の話し方とは違うので、かなり難しいですね。

 また、音程が高くなるほど、クチの奥は広く広く開けないといけないのだそうです。と言うのも、口の奥を広く開ければ開けるほど、ノドが下がり、声帯の張りが良くなって、高音が発音しやすくなるからだそうです。

 また、同時に音程が高くなるほど、息をたくさん送るモノなんだそうです。と言うのも、息をたくさん送るにはノドが開いていないといけないのです。ノドは開けば開くほど、ノドが下がり、声帯の張りが良くなるので、高音の発声が楽になるからなんだそうです。

 つまり、良い声で歌うためだけでなく、高音を楽に歌うためにも、ノドの奥を広げて、たくさんの息を使って歌うことが大切って事です。

 …それにしても、クチの奥を開くなんて…難しい(涙)。いや、一瞬開くだけなら、なんとかなります。問題は“開き続ける”事なんですね。これが難しいのです。ま、これは、感覚の問題と筋力の問題と、二つの問題が微妙にからんできますから、時間をかけてゆっくりと解決するしかないと思ってます。

 それにしても、Y先生の発声練習は、本当に“発声の練習”であって、声出しではないので、結構シンドイです。
 
 
 …あ、そう言えば、これを書きながら、今気づいたけれど、Y先生のとこに移って以来“声出し”をしていません。先生とのレッスンではもちろんだけれど、自宅練習でも、ロクに声出しをせずとも、すぐに練習に入れるようになりました。キング先生のところにいた時はもちろん、合唱団で歌っていた時だって、必ず練習前には『発声練習』という名の声出し練習があって、それをする事で、出づらい声を出しやすくしたり、高い声や低い声を出るようにしたり、まあ運動で言うところの“準備体操”のような感覚でやってましたが、Y先生とレッスンをするようになってから、その手の声出し練習の必要を強く感じなくなりました。

 とりあえず、歌おうと思って、歌い始めれば、最初からまあまあ何とかなるって感じかな? 厳密に言えば、まだ最初のひと声ふた声は不安定だけれど、みつ声ぐらいになれば、風邪でもひいていなければ、だいたい安定します。ううむ、これって何故なんだろう?

 一つには…全力で歌うのを止めたから、声がすぐに安定するようになった? 先生からは「80%の声で歌えば十分」と言われ、入門当初は散々「もっと小さな声で、もっと楽な声で」と言われ続け、最近では80%どころかもっと軽い声で歌っています(それでもたまに全力近くで歌ってしまって、注意を受けたりしますが:笑)ので、それが良いのかもしれません。普段の生活で歌うことはあまりありませんが、しゃべる方はかなり頻繁にしていますし、そのしゃべり声と同程度の声ならば、普段の生活がそのまま声出しになっているわけだから、特別な準備が必要なくなる…のかもしれません。

 もう一つには、小さくて楽な声で歌わないと…うるさいから(笑)。どうも、最近の私は、声量がグングンと増えているみたいなんですよ。元々、大音量な私ですが、最近では、その大音量に拍車がかかっているような気がします。いや、正しく言うと、音量が増しているのではなく、むしろ基本の音量は下がっていると思うのですが、声に含まれる倍音が明らかに増えてきて、基本の音量は下がっていても、倍音が増えた分だけ、音量が増しているように感じるわけなんです。

 特に、自分に感じる音としては(自分に感じる音と、他人に聞こえる音は違うのですが)声自体は太くなり低音の成分が増えているなあと思いつつ、その一方で金属的な響きの成分が増え、より甲高い声にもなっているので、上にも下にも倍音が増えているのだと思います。なので、必然的に押さえ気味に歌わないと、自分の耳がつらいんですよ。問題は、今出ている倍音が美しい倍音なら良いのですが、汚い響きの倍音なら、ゆくゆくは淘汰しないといけないのですが…。

 それに最近、歌っていて、よく耳の関節のあたりがカパッと開いて、すごく良く周囲の物音が聞こえるようになりました。また、目と鼻の間がジンジンするような感じもあります。少しずつ、頭蓋の空間も使えるようになってきたのかなって思います。

 良い感じで上達しているんだろうなあ、うれしいなあ、うれしいなあ。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« ヴァイオリンは…挫折しました! | トップページ | テノールだから、ついつい楽譜に無い音を歌ってしまいます »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

私は欠伸の要領で喉を軽く開いて、えを言う形で歌います。発音は唇の形を変えて行います。
これは大学の合唱団に入って三回目の練習でパートリーダーの隣で歌って、会得し、その後、発声の本を大学生協から購入し確認しブラッシュアップしました。

この歌い方はテナーのオベラ歌手でもある第九の指導者の説明とも一致しています。

第九で初めて合唱の初心者には上手い側で真似る事を奨めていますが、誰でも真似る事は出来ないと思います。大学の合唱団でもテナーで真似だけで会得したのは私だけでした。
翌年、パートリーダーになった私はパート練習で新入部員四人にマンツーマンで伝授しましたが出来たのは二人だけ、結局持って生まれた声質が重要ですね。

第九を歌ってますさん

 “欠伸の喉”ってよく言いますよね。で、私、その“欠伸の喉”をすると、あくびが出てしまって歌になりません。バカでしょ(笑)。ちなみに、似たような感じで“嘔吐の喉”にすると、吐き気が生じて歌になりません。本当にバカでしょ(笑)。

>私は欠伸の要領で喉を軽く開いて、えを言う形で歌います

 ほぉ、“あ”じゃなくて“え”なんだ。私の感覚だと“あ”だと声帯が伸びるけれど“え”だと伸びない…けれど、これはきっと、私のやり方が拙いからなんだろうな。

 たまに聞くのは“い”を基本形にして発声練習をすると、より高音まで楽に発声できますよって話です。私などは“い”?って感じですね。私は“あ”が基本形の人でして、“い”や“う”は苦手ですから(汗)。

 クチやノドの形なんて、人それぞれだから、おそらく、得意な母音もそれぞれに違うんじゃないかなって思います。おっしゃる通り、歌の場合は『持って生まれたモノ』が大きく左右する世界だろうと思います。声質、声量、声域しかりです。

すとんさん、師事する先生が替わってからグン~グン~♪のようですね。先生のお力ってやはりすごいと思いました。言葉で説明していただくだけで腑に落ちるときはすとんと落ちますもんね。

ところで声の高い低いは結局声帯の張力とそこを通過する気流のスピードのことですよね。ゆるんだ声帯の広い隙間とピンとひっばった狭い隙間を空気が通って最適振動させることで、声の高さは変わるのだと思います。

ギターの弦の調律をしたとき、どの弦もちょっとでも張力を変えるとあっと言う間に音程が下がったり上がったりしてしまってなかなかチューナーに合わずに苦労しました。結局ギターは挫折しましたが、人間のノドの中で声帯は弦と同じことをしているのですよね。いかに思い通りに声帯の張力と隙間の閉じ方を微調整するかで音程のよさ、と声質が決まるのでは、と思いました。きっとこれ以上ひっぱったら切れちゃうというところが高音限界なのでしょうか。声帯閉鎖って、フルート吹くときもとても関係していると思います。

あと、お耳ですが、私の知り合いで、感音性難聴を発症されて楽器から遠ざかってしましわれた方がいますので、ぜひお大事になさってください。

だりあさん

>言葉で説明していただくだけで腑に落ちるときはすとんと落ちますもんね。

 人にもよるのでしょうが、私は言葉で説明されて、それを自分で咀嚼して考えて、自分なりに行ってみて、それを修正してもらうやり方の方が良いみたいです。

 つまるところ、私は真似して覚えていくタイプではなく、考えながら試行錯誤してマスターしていくタイプの人間なんだろうって事です。ま、本来的には音楽家には不向きなタイプの人間なのかもしれませんが、まあそこは素人さんなので勘弁してもらいましょう(笑)。

>ところで声の高い低いは結局声帯の張力とそこを通過する気流のスピードのことですよね。

 …みたいですね。他の要素もあるのかな? 声帯の働きって、色々と難しくて、参考書を読んでも、なかなか合点がいきませんが、おおむねそんな感じなんだろうと思います。

 それと、耳の件ではご心配かけています。私も感音性難聴は怖いです。その他にも、耳鳴りとかめまいとかも、加齢とともに感じるようになってきました。老人性難聴って奴でしょうか? ジタバタしても始まりませんが、今の機能を温存できるように、無理せず、疲れやストレスをため込まないで、日々を暮らしていきたいと願っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヴァイオリンは…挫折しました! | トップページ | テノールだから、ついつい楽譜に無い音を歌ってしまいます »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん