ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« さあ、今年[2013年]の抱負だよ | トップページ | 私は今まで、こんな歌を習ってきた その2[2007年編] »

2013年1月 2日 (水)

私は今まで、こんな歌を習ってきた その1[T先生編]

 今年の『お正月特別企画』は標題の通り、私が今まで声楽の先生に習ってきた歌を列記してみます。ま、私の“学習の記録”って奴ですね。こういうモノって、まとめておかないと分からなくなってしまいますので、これも良いチャンスだと思います。

 一応、ここでは“先生に習った”という点に絞ってみたいと思います。つまり、自分で勝手に譜読みをして歌ってきた曲とか、カラオケのレパートリーなどは外して、純粋に歌のレッスンできちんと指導を受けた曲だけを列記したいと思います。また、指導されたとは言え、合唱曲は外しています。あくまでもソロ曲だけを並べてみました。

 というわけで『その1』である今回は、昔も昔、大昔(記憶が定かではないのですが、たぶん)1990年頃にT先生のところで習っていた曲を列記してみたいと思います。T先生については以前「老犬ブログ前史 その3 最初の先生、T先生」という記事で書きましたので、興味のある方は、そちらをご覧ください。

01)モンテヴェルディ作曲「Laciatemi morire!/私を死なせて」
02)スカルラッティ作曲「O cessate di piararmi/私を傷つけるのをやめるか」
03)カルダーラ作曲「Sebben, crudele/たとえつれなくとも」
04)ジョルダーニ作曲「Caro mio ben/いとしい女よ」
05)マルティーニ作曲「Piacer d'amor/愛のよろこびは」
06)スカルラッティ作曲「Gia il sole dal Gange/陽はすでにガンジス川から」
07)ベッリーニ作曲「Vaga luna, che inargenti/優雅な月よ」

 それまで合唱団などでヴォイス・トレーニングなどは受けた事もあるし、合宿などでは個人指導なども受けてきましたが、本当の本当に声楽の“個人”レッスンを受けたのは、このT先生のレッスンが初めてでした。

 T先生のレッスンは、基本は、毎週1時間ずつと言う事になっていましたが、当時の私は、仕事ではまだまだペーペーで、休みも取れなきゃ、予定も立たないといった状態だったので、レッスンは“毎週”って事になっていたけれど、いつもいつもお休みばかりしていて、実質はほぼ“月2回”になってました。

 その月2回の、1回1時間のレッスンでやった事は、最初の30分間は純粋に発声練習。残りの30分の前半はコンコーネ50番を、後半は曲の練習をしました。今回、ここにリストアップした曲は、その練習時間の後半の後半部で歌った曲です。

 01)が私が最初に習った曲…ってわけですね。たった1ページの曲だけれど、イタリア語のイの字も知らない状態で歌いました。当時の記録は何も残っていないので、分からないけれど、たぶん、かなりヒドイ状態だったと思いますよ(汗)。イタリア語の発音は悪いは、音程も不確かなままだったろうと思います。

 ですから、曲として完成したら次、ではなく、その曲で学ぶ事を終えたら次の曲(ないしは、私が飽き始めたら次の曲)って感じで、だいたい1曲を2カ月程度で消化していったと思います。

 当時の記憶をたどると、私は当時から『声だけはまあまあ』だったと思います。先生からも、よく「声だけは…」(笑)と誉められました。あと、リズム感もまあまあだったと思います。発声も…最初はともかく、順調に上達していって、そんなに悪くなかったと思います。音域的には全然狭かったのですが、音域を広げるよりも、声質を良くする事をメインにしたレッスンだったせいか、もしかすると今以上に倍音豊かな声で歌っていたかもしれません。と言うのも、その頃の私は、私が歌うと、いつも傍らに違う声(女声のような歌声)が聞こえていました。この声は私だけでなく、先生にもよく聞こえていました。先生はこれを「天使の声」って呼んでましたが、実態は私の歌声に含まれている倍音が部屋の壁に反響増幅されたモノでした。それくらい、素直で良い発声を、当時はしていたって事です。

 もう、今じゃ、そんな声は出せないし、キング先生には「そんな事はありえない」と否定されてしまったので、そっち方面の追求は止めてましたが、先生も代わった事だし、また“天使さん”とデュエットできるように頑張ってみようかな?

 ちなみに、当時の音域は、若かった事(当時は、一応テノールでしたが、まだアルトの方が歌っていて楽だった時代です)もあって、高いGもAも楽々出してましたが、音質はかなり悪かったのだと思います。ま、合唱をやっていたわけですから、音色よりも音程ですよね。なので、T先生には「まずは、男性的な声で歌うことを、基本からやり直しましょう」と言われ、高い声は封印されてしまいました。

 で、音程は…それまで使わなかった声(中低音で歌うのは苦手だった)で歌い始めたという事もあって、今以上にノーコントロールになってしまい、その点で、先生にはかなりご苦労をおかけしてました(汗)。「声がなければ、とっくの昔に放り出している」と言われた事もあります(汗)。

 ちなみに、最後の06)と07)は発表会で歌った曲です。頑張ったよ。

 この時代の曲は、イタリア古典歌曲もベッリーニも、すべて中声用で歌ってました。また、05)はこの時代以降、歌ってません。大好きな曲なので、またいつか歌いたいです。

 で、色々あって、発表会後に、T先生に破門されて、音楽に絶望して、ここから約20年近く、音楽から遠ざかりました。ってわけで、続きはまた明日。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« さあ、今年[2013年]の抱負だよ | トップページ | 私は今まで、こんな歌を習ってきた その2[2007年編] »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さあ、今年[2013年]の抱負だよ | トップページ | 私は今まで、こんな歌を習ってきた その2[2007年編] »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん