ひとこと

  •  ポケモンGOの仕様が大きく変わって戸惑ってます。たぶん改良されたのだろうと思うのだけれど、どう楽しめば良いのか、正直戸惑っています。年寄りは変化が苦手なんだよねえ。ああ、以前のゲームシステムが懐かしい…。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合のハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« メトのライブビューイングで「仮面舞踏会」を見てきました | トップページ | チェンジ再び »

2013年1月16日 (水)

フルートの音色について、先生に尋ねてみた

 今年最初のフルートのレッスンに行きました。久し振りに姉様がいらっしゃってました。私が行った時は、先生と実に見事な二重奏を演奏されていました。何と言う曲かは分かりませんが、それは見事な演奏で、終わるなり先生がベタ誉めしていたほどの演奏でした。聞いていた私も、思わず、耳ダンボでガッツリ聞いていたほどです。

 で、それが終わると、ロングトーンです。しかし、この時期のフルートは、氷のように冷えてますね。組み立てて、クチビルに当てると、ヒヤってします。ロングトーンは、姉様のみチューナー使用です。で、姉様がチューナーを見ながら、ビシッと正しい音程で吹かれて、私が姉様の音を聞いて、そこに合わせていくという練習でした。まあ、私がチューナー見ちゃうと、ついつい耳がおそろかになって、音程は合っていても、ハモらない音(基音は正しいけれど、倍音構成がおろそかになった音)を吹きがちなので、そうなりました。音程の正しさはもちろんだけれど、音程だけ合っていても、ハモリが美しくない音は使えませんからね。と言うわけで、ハモリを重視するロングトーン練習となりました。

 で、その後は、アルテです。懸案の16章のAs-durです。2番の『アルペジオ基本練習』は、なんとかギリで合格。ううむ、ちょっとでも気を抜くと、なんか変な事になるところを、なんとか堪えました。4番の『As-durのスケールとアルペジオ』もヒヤヒヤ気分でなんとか合格。実は、要所要所でちょっとずつブレスが足りず、キレイな音では吹けなかったのですが「指は合っているからね」とおっしゃって、甘々で合格をいただきました。

 その後はf-mollです。実は6番の運指練習の箇所は…自宅で間違えて練習してきてしまいました。“ファ - ミ - レb - ミ”という音形を、低音・中音・高音で繰り返す課題なのですが、実は“レb”をなぜか“レ#”と勘違いして練習してしまいました。いや、正確に言えば、“レb”とか“レ#”ではなく“レに臨時記号のついた奴”をうっかり逆に吹いちゃったって感じかな? ほら、なにしろ私の頭の中は“#”がデフォルトだから、ついつい“レに臨時記号のついた奴”って見ると、指は“レ#”になるわけです。で、“ファ - ミ - レb - ミ”という音形を“ファ - ミ - レ# - ミ”でやってきて、それをレッスンのその場で指摘されました。

 あちゃー、やっちまったぜい(涙)。

 だって、全然違う運指だよ。特に低音はいきなり運指の難易度があがります。もう、心臓バクバクだよね。なんか、気持ちが、とっ散らかったまま吹いちゃいましたが…合格いただきました。先生、なんか苦笑いしていたような…。7番はサラ~と合格。しかし、8番は…不合格。実はこの課題、自宅練習でも、まだ一度もちゃんと吹けないのです。家で吹けないのに、レッスンで吹けるわけないよね。と言うわけで、最後の8番だけが残っちゃいました。次回までにきっちり仕上げてこないとイカンですね。

 ミニヨンエチュードは18番。だいたいOKですが、十六分音符がゴチャゴチャしているところは、まだ指がもたつきました(涙)。なので、不合格です。「ゆっくり、焦らずに、しっかり正しく練習してきなさい」と言われました。ラジャーです。でも、その二ヶ所以外は、もうほぼOKなんですがね(汗)。

 で、新年の御挨拶を(レッスンが終わってから:笑)して、先程の姉様との二重奏の感想を言ってみました。だって、すごく良かったから(ニコニコ~)。特に、先生のフルートのキャラと、姉様のフルートのキャラの違い…先生のフルートは、パワフルで腰の据わった深みのある音で、姉様のフルートは、軽やかでフワフワした音で…その違いがとてもいい感じで素晴らしかったのです。そして、この音のキャラの違いは、やはりゴールドの先生と、シルバーの姉様のフルートの材質の違いも大きいのでしょうね?と感想を言ったのです。

 すると、先生は「材質じゃなく、どんな音が好きかで、フルートの音色は変わる」とおっしゃいました。

 フルート奏者の奏でる音色は、一人一人違います。もちろん、カラダも違うし、使っているフルートのメーカーも違えば、材質も違うかもしれないけれど、その音色の違いに一番影響があるのは、その奏者がどんな音を理想としているかなんだそうです。

 プロはたくさん練習をして、しっかり音作りをして、プロになるわけです。だから、その奏者の奏でる音は、その人が“理想とする音”であって、それが結果として、その人自身の音色となるのだそうです。それは、練習を積み重ねて獲得したものであって、その人自身に本来備わっていた音色と同じかもしれないし違うかもしれないのだそうです。もちろん、フルートにはメーカーごとに、材質ごとに、音色の特徴があるけれど、プロはその違いを乗り越えて、自分の音色で吹くし、吹けなければいけないのだそうです。

 つまり、どんな楽器であっても、自分の体格がどうであっても、自分の理想の音で吹けるようになっていないと、プロとしてはダメって事なのかもしれません。

 以上はプロの話です。アマチュアの人は、プロの人ほど、練習できませんし、音作りも緻密にやっているわけではないので、どうしても、フルートそのものの音色で吹いてしまいがちだし、メーカーの傾向や、材質の影響も受けやすいのだそうです。

 つまり、アマチュアは、なかなか自分の理想とする音色で吹くのは難しいので、どんな楽器を吹くかで音が変わってしまうので、楽器選びは大切なんだそうです。……で、またまた私は9Kフルートを薦められました。私の音色は9Kフルートを吹くと、よりその特徴が際立つそうなんですが、そんな私の音色って、どんな感じなんでしょ? 9Kがお似合いって事は、やっぱり軽めの音なのかな…? まあ、そんなに重くて重厚な感じじゃあ無いのは自覚しているけれど(笑)。

 フルートの音作りって、それくらい大切なんだそうです。だから、ロングトーン練習の時も「単に吹けばいいや」ではなく、音色や音程やハモリに注意しながら、自分が理想とする音を目指して練習していく事が大切で、その理想とする音を追い求めて練習していくと、やがて理想の音で吹けるようになるんだそうです。

 そのためには、自分の中に「これがフルートの理想の音」というイメージを持っている事が大切なんだそうです。今回の雑談は、かなり勉強になりました。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村

« メトのライブビューイングで「仮面舞踏会」を見てきました | トップページ | チェンジ再び »

フルートのレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

我らが吉田雅夫先生は、モイーズの音が理想、
と書かれていたと記憶しています。
ヽ( ̄▽ ̄)ノ

かくかくしかじかのような音、という抽象論ではなく、
具体的にモイーズの音、と理想の音を挙げておられる。
僭越ながら、私は、ランパルの音が理想です。
道のりは遠い。
(/_\;)

いつかも書きましたが、ゴールウェイの音は、
ちょっと、人間離れしていて、、、
あ、ゴールウェイは人間じゃなくて、
宇宙人でした。失礼しました。
( ̄▽ ̄;)

(⌒∇⌒)ノ"おしまい

operazanokaijinnokaijinさん

 モイーズは古い録音しか残っていませんが、なんとも言えないアンニュイな音のように聞こえます。まあ、かなり脳内補完をせざるをえませんが、モイーズの音っていいなあって思います。ランバルはかなりこっち側の人だし、私もCD等でよく聞きます…ってか、演奏者を気にせずに、ランダム再生とかしていて「ああ、これいいなあ」と思うとたいていランパルなので、私もランバルが好きなんでしょうね(笑)。

 私の好きなフルートの音は、ロイヤルへボウの首席フルーティストの、エミリー・バイノンかな? あんな音でフルートが吹けたらいいなあって思います。

 ゴールウェイは宇宙人? かもね。それ以前に彼の手にある、フルートのように見える楽器は、たぶんフルートではないんだと思います。あれこそが、宇宙兵器なんですよ。だって、地球のフルートでは、あんなにバリバリ吹けるはずないもの。でしょ?

CD を買いプロの音を聴いていますが、誰の音が良いのか分かりません。
理想とする私の音は、明るく薄く軽い音です。練習中の最初の30分間程度は、現時点でまあまあの音が出ますが、その内に何かが壊れ汚くなり、最初の音が再現出来ません。そんな毎日の、繰り返しです。
でも初めて一年半ですから、こんなものかなって思って、毎日頑張っています。

篠笛の練習は、一時中止します。今、ケルテックウーマンのユーレイズミーアップの練習を行っていますが、篠笛の練習を始めたらフルートの音が汚くなってしまいました。ウーン困ったね。

近い打ちにホームセンターから、金魚は無理ですから、メダカを我が家に迎え入れます。メダカでも、命は命ですから心配ですが、チョッと寂しいので仲間を増やします。素人でも世話の出来る、ど根性メダカの見分け方は、有りませんよね???

どんな音が好きかで、フルートの音色は変わる!!!!
何だか目の前がす~~っと晴れたような気がします
実は先生と自分の音色がとっても違うこと
そしてそして実は先生の音色は私の理想とはちょっと違うことに内心ジレンマがありました
でも私は私の好きな音をてくてく目指していけばいいのかな、と・・・・
考えてみれば当たり前かもしれないけれど私には目からうろこ
すとんさん(と先生)、ありがとうございます

カスミ草さん

>CD を買いプロの音を聴いていますが、誰の音が良いのか分かりません。理想とする私の音は、明るく薄く軽い音です。

 たぶん『理想とする音』=『好きな音』でいいと思いますよ。で、その『好きな音』が別にプロ奏者の音でなくてもいいじゃないですか? 自分の中でしっかりと、その『理想とする音』のイメージがあれば、そこを目指せばいい…と私は思います。

 私はエミリー・バイノンの音が好きだし、そこを目指したいけれど、でも突き詰めていくと、もしかすると、エミリー・バイオンの音と、私が理想とする音は、ちょっと違うかもしれない。ならばその時、私は、自分の理想とする音をゲットしていこうと思ってます。

 篠笛とフルートの両立は、器用な人なら問題ないと思いますが、そうでないければ、篠笛とフルートの両方の演奏に影響が出てくると思います。これが良い影響なら良いのですが、今回のカスミ草さんの場合は、そうでなかったみたいですね。とりあえず今は、どちらか片方に集中した方がよいかも…です。

>素人でも世話の出来る、ど根性メダカの見分け方は、有りませんよね???

 メダカって「これください」と選んで買う事ができるかな? たぶん、お店の人がザザっと追いかけまして、捕まったモノを買うんだと思います。

 メダカは単体でもかわいいですが、やはり群れを作って泳ぐ姿がかわいいですよ。数をたくさん買って、水槽の中に流れを作ってあげると良いです。

フミエさん

 実は私、今回の事で、一つの謎が解けました。

 ネットではよく「フルートの音色は材質には影響せず、奏者が同じなら同じ音しか出ないので、材質にこだわる人間はバカだ」という趣旨の事が書かれているのですが、実際、私が色々なフルートを試奏してみると、材質どころか、メーカーやモデルごとに、実に異なる味わいの音を出します。だから「フルートは奏者次第」と言われても納得できないのですが、YouTUBEにある、ゴールウェイがたくさんのフルートを試し吹きしたビデオを見ていると、ゴールフェイが吹けば、どんなフルートも確かにゴールウェイの音しかしないので、本当に不思議でした。

 これがプロとアマチュアの差だったんですね。プロはどんな楽器であっても、自分の音にして吹いてしまう。私のようなアマチュアは、フルート自体の音に負けてしまって、自分の音を出すのが難しい…ってわけです。

 ん? だとすると、プロの人を連れて、フルートの試奏に行っても、あまり意味ないのかな?  かな? かな?

 それはともかく、どんな楽器であっても、自分の目指す音のイメージがしっかりしていれば、練習をして、そのイメージに少しずつでも近づけるって分かると、音作りの練習の励みになります。がんばって、いい音でフルート吹かなきゃ。

CDを聴いてイメトレだ!と思っても、CDを聴いた後で自分の音を聴くとトホホ感満載ですが、しっかり聴いて耳に焼き付けたほうがいいんでしょうね~。
ちなみに私は、ピアソラから「タンゴの歴史」を捧げられたマルク・グローウェルスというベルギーのフルーティストの音が好きです。いささかマニアックですが(笑)
「理想の音」に近づけるよう、日々練習練習!ですね。

るきさん

 マルク・グローウェルス! 私、CD持ってますよ。彼の『日本のメロディ』ってアルバムです。日本歌曲や童謡、愛唱歌などを、いかにも和風なアレンジの伴奏で吹いてます。たしかに美音、この音に憧れる、るきさんの気持ち分かります。この音、私も大好きです。

 しかし、フルートのCDを立て続けに聞いていると、フルートの音色って、実にたくさんあるなあ…って思います。ほんと、奏者によって皆、音色が違うんです。今まで、そこまで音色に気をつけて聞いていなかったから気がつかなかったけれど、こんなに奏者によって、フルートの音色って変わるんだなあ。そして、どれも皆、美しいです。やっぱ、プロって、だてにプロじゃないんだなって思いました。

>CDを聴いた後で自分の音を聴くとトホホ感満載ですが

 私も…ですが、CDを吹き込んで発売するほどのプロは、やっぱり超人とか魔法使いのレベルの人なんだと思います。どう考えても、私には無理な事をサラってやっているんですよね。やっぱ、プロはすごいわ。

ゴールウェイは宇宙人ですか?
かれはティンフ・ホイッスルの音色がイメージあるのではと思いますが。
生まれたアイルランドの音色が心にあるんじゃないかなあ。

河童さん

 ティン・ホイッスル? 私は銀座山野で売っているので見知っている(売り場はどこだっけかな? 少なくともフルートのコーナーじゃないです)けれど、普通の人にはなじみのない楽器ですねえ…。なるほど、アイルランドの民族楽器か。

 私もティン・ホイッスル見知ってはいるけれど、音まで知りませんので、さっそくYouTUBEしました。で、その後、すぐにゴールウェイの演奏を聞きました。確かに通じるものはありますね。河童さんのおっしゃる「生まれたアイルランドの音色が心にあるんじゃないかなあ」は正解かもしれません。

 でも、ゴールウェイって、本当にバリバリ吹くんですよ(笑)。音色は、故郷の音なのかもしれないけれど、あのバリバリさは半端ないです。音色…ではなく、音量やエネルギーが常人離れしていると思います。

 宇宙人は冗談として、でも、ゴールウェイって、他のフルーティストの追随を許さない、ワン&オンリーの音で吹くことは、本当なんです。

 色々な意味で、孤高な人だと思うし、超人だし、なんか半端ない人だと思います。

おそくなりましたが、明けましておめでとうございます&寒中お見舞い申し上げます。
やっと、息子の学校が始まりました~

毎日寒いですね~こちら、毎日冷凍庫です…
東京方面で雪が降ったそうですが、すとんさんは、転んだりしませんでしたか?
気をつけてくださいね~

音色の話、おもしろかったです。
な~るほど!って、思いました。
身近な人(私の場合は先生)をお手本に練習しているので、自分の音色は先生に似てるな~っておもいます。
この度発表会で先生と一緒に吹いたのですが、デュエットって本当に勉強になりました。
アルテの15課再々スタートで、エチュードも1番をお稽古します。
すとんさんの過去ログで勉強させてくださいね。

ことしもよろしくお願いいたします(^o^)

まきりんさん、明けましておめでとうございます。

 さて、雪で…転びませんでしたが、転びそうになって、股裂きをくらい、右足首をひねってしまいました。こっちは雪…と言うより、雪が溶けた水が朝方凍って氷になるので、それで滑るのが怖いです。アスファルトの道を歩いていると、いきなり部分的に氷なんだもの、油断していると怖いです。

 フルート、再々スタート、おめでとうございます(で、いいんだよね?)。15課からですか、それはまた厄介なところからのスタートですね。15課…私は今年で三年目に突入予定です。エラく時間がかかってます。なんとか、三年目に突入する前(つまり丸二年の間に)15課を終わらせたいのですが…無理っぽいですね。

 15課そのものは面白くないですが、ミニヨン・エチュードはなかなか楽しいです。また、私も最初から吹いてもいいし、数曲はレパートリーに入れたいくらいです。

 今年もよろしくお願いします。

初めまして。 いつも楽しく拝見させて(勉強させて)いただいているYK と申します。

アマチュアはフルートそのままの音で吹く、ですか。。。
私の先生(ゴールウェイの知り合いの方です)がフルートをオーバーホールに出したときにいつもの14kのナガハラではなく、違うメーカーの9Kフルートを吹いていたのを覚えています。音色はあまり変わらなかったのですが、フルートの響き、というか音の厚みが違ったような感じがします。
録音ではわからないのかもしれませんが、ゴールウェイのフルート吹き比べも生で聞くと響きが違うのかもしれませんね。

YKさん、いらっしゃいませ。

>アマチュアはフルートそのままの音で吹く、ですか。。。

 もちろん、アマチュアと言っても、私のような初学者の事です。アマチュアの中にも、演奏歴が長く腕前も上級な方は、もちろん、ご自分の音色というのがあるでしょうから、この限りには入らないと思いますよ。

 プロの方は、どんな楽器でも自分の音で吹くと言っても、曲によって楽器を持ち替えるのは当たり前ですから、やはり使用する楽器で、多少の違いはあるのだろうと思います。もっとも、その違いが、我々観客に伝わるのか、録音した音源を再生しても伝わるのかは、個人的には、甚だ疑問です。とりわけ、響きと言ったものは、録音ではなかなか伝わりづらいものだろうと思います。

 なので、私は音楽は、録音されたものや、PAを使用したコンサートよりも、クラシック形の生音の生演奏を好むのです。やっぱり、生音は、違いますよ。

 YKさんのおっしゃる事、よく分かります。YKさんの先生が使用する楽器を変えた時に、フルートの響きが変わったとおっしゃるのも、そうなんだろうと思いますし、ゴールウェイの音も(生音は一度しか聞いたことないのですが…)録音と生では、印象が違いました。

 プロは楽器が変わっても、自分が理想とする音で演奏できるでしょうが、細かなニュアンスや響きを変えるために、楽器の使い分けをあえてするんだろうと思います。

私を含めた素人は吹くたびに音色が変わってしまいますが、気に入った音色が時たま出ますよね。意図してそれを出せる頻度が増してくると、各個人の音色になるのだと思います。
最終的には、ストンさんの先生がおっしゃるとおりのことになるのでしょうね。

頭部管マニアとして、マニアックに頭部管集めてます。
休日で練習が佳境に入って、素人なりに調子がいいときは似た音色を出すようになってしまいます。
たぶん奏者以外にはプロの指導者でなければわからな違いと思います。
しかし吹奏感は別物ですね。その結果気持ちよく演奏できる(無理せずに音色をだせる)頭部管ばかり使うようになってしまいます。
ですから演奏者にとって材質やメーカーの違いは大きな要因ですが、聞く方には違いがなくなってしまうのでしょう。
演奏者は楽器を変えても自分の理想とする音色を標準的な演奏とするのだから!

河童さん

 おっしゃる通り、楽器が変わると、大きく吹奏感は変わりますね。河童さんのおっしゃるとおり、頭部管も大きく変わるでしょう。

 それに付け加えますと、私が熱心に試奏しまくっていた頃に感じた事として、楽器によって、キーメカの感じが違うのが結構気になっていました。

 キーレスポンスのわずかな違いなんですが、固かったり柔らかかったり、反応が良かったり、ちょっとモッサリしていたり、大きく動かさないといけないモノであったり、触るだけで反応してしまったり…。たかがキーメカなんですが、本当に違いましたねえ。これは、その楽器の設計によっても違うのでしょうが、調整でもだいぶ変わります。

 私はいつも、アゲハを調整してもらう時に、かなり敏感に反応するように調整してもらうので、アゲハの反応が鈍くなってくると、そろそろ調整が必要だなあと思うわけです。
 またアゲハは敏感な楽器なので、他の楽器を触ると、キーメカ遊びの多さにビックリする事が多いです。とは言え、メカの動きには遊びの部分も当然必要で、アゲハは遊びが少ないので、そのつもりが無くても、時折、変な挙動をして、私をビックリさせます。おそらくは、私が無意識で必要のないキーに触れてしまうのが原因なんだろうと思います。

 吹奏感なんて、奏者にとっては大問題ですが、観客には何ら関係のない事です。ですから、河童さんのおっしゃるとおり、観客からすれば、奏者がどこのメーカーのどんな材質のフルートを使っていようと、気にしないでしょう。どんなフルートを吹いても、その奏者の音になってしまうわけですからね。でも、演奏する側にとっては、吹奏感は大切ですね。我々は弘法大師ではないのですから、筆を選ぶべきです。我々にとっての筆とは楽器の事です。楽器は、それぞれの個性に応じたものを、しっかり選んで使うべきなんだろうと思います。

ハァー もう死にそう クラクラします
いつも変なアホな内容で御免なさいね
大きな水槽を買い、水草で満たし、ど根性メダカを20~30匹の予定を立て、ホームセンターに見に行ったのですが、【水槽を何処へ置けば良いのでしょう?】で迷っています。南海地震の範囲に我が家は有り、振動6とのことです。アン達とは一緒に逃げれますが、メダカは、無理ですよね。縁の出来た生き物の死は、辛いですよね。
高熱に負けそうな、ボケた老猫の、最後のメールに成らないように、明日朝一番に、匍匐前進で、病院に着くまでは、頑張ります。
すとんさんは、風邪を引いても大丈夫ですよ。大事に育てられ死んでいった金魚さん達が、守ってくれますよ。(奥様もね)
忙しいところ、こんな内容で御免なさい。でもメールすれば、元気が出るような気がして。

カスミ草さん

 お風邪ですか? 無理はなさらずに、早く寝てください(可能なら)。風邪は三日寝れば治ります。問題は、三日寝れるだけの余裕が生活にあるか…でしょうね。今、インフルエンザが流行ってますので、さっさと病院に行って、検査検査ですよ。

>【水槽を何処へ置けば良いのでしょう?】で迷っています。

 不測の事態については、考えても考えきれないのですから、考えない事です。だいたい、地震が来た時の事など、何が起こるか分からないわけだし、来てみなきゃどうなるかも検討もつきません。

 なので、金魚水槽の置き場は…地震の事は考えずに決めましょう。玄関付近に置くウチは多いですね。来客に見せびらかすには、ちょうど良いです。私も以前は玄関に金魚を置いておきました。そういう家、多いんじゃないかな? ちなみに、日当たりの良いところに置くと、水槽があっと言う間に真緑になりますから、直射日光のあたる場所は避けた方がいいです。

 私は、今は居間に置いてます。だって、毎日金魚を眺めたいじゃない? なので、カスミ草さんも毎日メダカを眺めたいなら、居間とか台所とか食堂などの人が集まるところに置くと良いですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メトのライブビューイングで「仮面舞踏会」を見てきました | トップページ | チェンジ再び »

フォト

↓参加しています

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2014 すとん