ひとこと

  •  人生初。タピオカドリンクというモノを飲んでみた。ミルクティーにグミがたくさん沈んでいた…という感想。やたらと甘い。どことなく中華な風味。たぶん、もう二度と飲まないと思う。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« ノドの奥をしっかり開ける | トップページ | ペラッペラな上に、ハマらないんだよ »

2013年1月22日 (火)

しっかり息を支えるためには、腹筋を鍛えないとダメですね

 昨日の声楽のレッスン記事の続きです。

 散々、ノドの奥を開ける練習をしたら、どうやら私はヘバってしまったようです。

 これは別に、ノドを開けていたら疲れた…というわけではなく、発声をする時に息を支えながら発声するわけですが、この息を支えるのにヘバってしまったのでした。

 先生から「もっとカラダを鍛えてください」と言われました(汗)。キング先生にも、筋力の無さを散々指摘され続けてきた私ですが、先生が変わっても、言われる事は同じです(涙)。

 …とは言え、Y先生のところじゃ、休憩なしで小一時間は歌い続けるわけだし、この発声練習をしている段階でも、30分近く休み無く歌い続けていたわけで、そりゃあ、疲れても当然じゃない? キング先生の時には、5分も歌えば、すぐに休憩が入っていたもの。5分歌って疲れていた人が、真剣に30分も歌っていたらヘバって当然です。

 ヘバってしまったのに、それでも歌おうとすると、ついついノドで歌おうとしてしまうのが私なんです。ノド声を回避するためにも、もっとカラダを強くしないといけません。

 私の場合、特に弱いのは、体幹部の筋肉で、いわゆるインナーマッスルが弱いみたいです。対して、カラダを動かす筋肉、いわゆるアウターマッスルは、老いたりと言えども、まだまだ健在です。なにしろ、若い時に格闘技を散々やって鍛えたので、その時のお釣りがまだあるんですよ。

 でも歌(やダンス)では、アウターマッスルはあまり使いません。代わりに散々使うのが、インナーマッスルなんですね。妻はダンサーですから、このインナーマッスルがとても強くて、先生からよく誉められますが、私はいつも注意勧告の対象です。

 インナーマッスルが弱いと…姿勢が悪くなるだけでなく、息の支えが弱くなのだそうです。

 息の支えは、息を勢い良く出すために必要なテクですが、それだけではなく、息を出さないためのテクでもあります。どういう事かと言うと、息をたっぷり吸った後、その息を一度に出さずに、必要な圧力で少しずつ出すために、息を出さない方向に腹筋を動かしていくのも“息の支え”だからです。

 つまり『息をたっぷり吸う』『息を少しずつ吐く』『息を一定の圧力で吐き続ける』『少なくなった息をかき集めて、息を吐き尽くす』など、これらの異なる運動は、実はすべて“息の支え”なんです。

 そのためには、それぞれの場面で、腹筋を動かす方向が変わってきます。ですから、お腹を固めて歌うのは、あまりよろしくなく、場面に応じて腹筋を適切な方向に動かし続けて歌わないといけないわけです。そして、その動きは、外から見ても分かるほどに(練習だから…という事もあるのでしょうが)大胆にやるのです。

 これを歌っている間、ずっとやり続けるわけで、そりゃあ強い腹筋が必要となるわけです。強い腹筋を持っていなければ、作るしかないわけで、そのためには、毎日の腹筋運動が必要です。とは言え、体育会系のノリで腹筋運動しても、そこで作られるのは、アウターマッスルとしての腹筋です。歌で使うのはインナーマッスルとしての腹筋なわけで、鍛え方は、体育会系のやり方ではダメです。息を吐くのに使う筋肉は、息を吐いて鍛えるわけです。息を吐かないために使う筋肉は、息を吐かないようにして鍛えるわけです。つまり、呼吸の練習をする事で、息の支えに必要な筋肉は訓練されるわけです。

 Y先生から以前習った、機関車練習は効果的でしょう。後、今流行りのロングブレスも効果的だと思います。機関車とロングブレスの合わせ技を毎日忘れずに(ここ、ポイント)行う事で、老境に入った私のカラダもきっと鍛えられるに違いありません。

 頑張るしかないので、頑張ります。
 
 
 そうそう、その他に先生に注意された事があるので書いておきます。

 腹筋が疲れてくると、私はノドで息を支えようとします。ノドは筋肉としては弱いので、本当にノドだけで息を支えていると、ノドが壊れてしまいますが、私はノドで息を支える時に、同時に肩や胸の筋肉も使っているだそうです。これは、私が発声していて、声がダメになった時(ノド声になった時)に、肩や胸の動き方が変わるので分かるのだそうです。なので、私の場合は、ノド声回避のために、肩の動きや、胸の動きにも注意を払う必要があるそうです。

 まあ、私は「ノドが強い」とよく言われていましたが、それはノドだけでなく、肩や胸まで動員してノドを使っていたわけで、そりゃあ、他人よりもノドが強くなるはずだよね。肩や胸は大きな筋肉だもの、壊れにくいよね(笑)。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« ノドの奥をしっかり開ける | トップページ | ペラッペラな上に、ハマらないんだよ »

声楽のレッスン&活動記録」カテゴリの記事

コメント

下腹部でしっかり支えができると上半身の開放につながります。
でも下腹部は腹筋も必要だけどインナーマッスルが必要だものね。
オフィスワークしながらのトレーニングもらいましたか?
もらってたらごめんなさい。わたしは普段の仕事の時にできる方法頂いたのでそちらちょっとおすそ分け。
デスクワークしている時に、
1.足のつけね→膝と 膝→足首 を90度にして床に足の裏をちゃんと付ける。
2.息を勢いつけてスタッカートのようにして吐きながら 足の付け根から足全体を形を変えずに引き上げる。1瞬静止してその形のまま下ろす。これを左右片方ずつ交互に繰り返す。
3.引き上げるときに吐いて、下ろす時に息をすとんと入れる。すーってすっちゃダメです。緩めるから息がすとんと入ってくるイメージで吸うといいと思います。
上半身はまっすぐ後ろや前に行かないように気をつけます。
下腹部は足の付け根もお腹も上に引き上げておいてから始めてください。
これ結構下腹部と背中側のインナーマッスルのトレーニングになります。
できてきたら両足揃えて(膝をくっつけて)やります。
仕事中 トイレに立つ前に3回、お茶入れる前に3回、座ったら5回、とか決めて密かにやってます。結構いいトレーニングですよ。
よかったらお試し下さい。って文章でつたわってるかな?ちょっと心配。
うちの師匠はわたしが普通にオフィスワークしているのを加味してトレーニングいろいろくださるので仕事の合間に出来るトレーニングはたくさん在庫があります。
ありがたいなぁ、ってすとんさんの日記読みつつ確認作業しています。
おすそ分けできるのはしていくので試してみてね~。

ミルテさん

 トレーニングはいただいてません。まあ、今は『息をしっかり吐く事』『クチの奥をしっかり開ける事』に集中しなさいって事なんだろうと思ってます。でも、毎日、ちょっとずつでもトレーニングはしないといけませんね。

 ミルテさんからおすそわけいただいたトレーニングは、要は、イスに座ったまま足踏みをしましょうっ事でしょうね。ただ、この足踏みにはモモ上げの要素も入ってますね。試しにやってみたら…結構キマシタ(汗)。

 私、オフィスに一人でいる事が多いので、この手の事をするのに、躊躇がありません。まあ、あんまり派手な動きをしていると、仕事しているのか遊んでいるか分からなくなりますからアウトですが…。

 では『私はイスに座ったら、5回やる』ってルールで行きたいと思います。

ミルテのコメント、いただきます!

実は私もすとんさんと同じなんです(◞‸◟)
発声練習で、へっとへとになります・・・。
体全体の筋力のない私なので、なお更ひどいです・・。
途中で息が続かなくなることばかり。
吸う力も弱いみたいで、「もっと深く吸って!」と何度も注意されます。

がんばります!!!

すずめおばさん

 声楽は、自分のカラダを楽器にするわけですから、カラダが弱いのは、やっぱりダメでしょうね。楽器としてのカラダを作っていくのも、声楽の練習の目的の一つだと思います。

 それにしても、私はまだまだですよ。五年もやってきたのに、まだまだですよ。まあ、上達の余地があるのは楽しみですが、現状、もう少し出来てもいいんじゃないの?とか思わないでもないです。

 まあ、グチはさておき、少しずつ、カラダを強くしていきたいと思ってます。一緒に頑張りましょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ノドの奥をしっかり開ける | トップページ | ペラッペラな上に、ハマらないんだよ »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2019 すとん