ひとこと

  •  放送業界&家電業界では、4K、8Kのテレビ放送で盛り上がっているみたいです。皆さん、4Kのテレビって欲しいですか? 私は廉価ならば欲しいですが、高価ならばパスです。だって、ウチのテレビって42型だもの、そんなに大きくないもの。DVDとBlue-rayの画質の違いだって分からないくらいだもの、4Kや8Kの画面を見ても、たぶん、その美しさは分からないんじゃないかな? いや、それ以前に、アニメとかバラエティとかドラマとかを、そんなに美しすぎる画面で私は見たいのか…って話です。もちろん、廉価なら見たいですが、たぶん最初のうちは高価だよね。100万円以上もするようなテレビは、よう買わんですよ、私。私に買って欲しければ、まずは10万円程度にしてください。話はそれからです。

お知らせ

  • ●2018年秋の本番のお知らせです。●門下の発表会は、次の通りです。●2018年11月18日(日) 横浜市神奈川区民文化センター かなっくホール 13時開場 13時30分開演です。●こちらは一番下手っぴなのが私なので、最初から聞いても面白いと思います。全体で2時間程度の発表会です。私の出番は二回に分けてますが、最初の出番は14時前後になる予定です。●レスピーギ作曲「Invito alla danza/舞踏への誘い」●ドナウディ作曲「Amor s'apprende/ 愛は取り付いてしまう」●ヴェルディ作曲「椿姫」より「De'miei Bollenti spiriti/燃える心を」●そういうわけで、一つよろしくお願いします。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメントについて

  • コメントは、どの記事に対して付けてくださっても結構です。歓迎します。ただし、以前書いた記事については、現在では多少考え方が変わってしまったものもあります。また、コメントをくださる場合は必ず“名前”の欄にハンドルネームをご記入ください。ココログ的には、コメントの際の名前の記入は任意となっていますが、このブログでは必須としますので、ご了解ください。また、その時に使用されるハンドルネームは、お一人様一つで統一してくださいますようにお願いします。複数ハンドルの同時使用、及び別人への成りすまし発言、捨てハンドルのご使用等は固くご遠慮願います。迷惑コメントやアラシ発言に関しては放置でお願いします。記事とは無関係のものや、プライバシーに触れたコメント、スパムコメント、エロ系コメント、商用コメント及びにネットマナーを無視したコメントに関しては、予告なしに削除する事もあることを御承知置きください。また、度重なる迷惑コメントに関しては、ニフティに「迷惑コメント」として通知し処理してもらうことにしました。

カテゴリー

メールについて

  • 記事の訂正および削除の依頼と、部外者に見られることなく、私(すとん)と連絡を取りたい方は、メールリンク(この下にある「メール送信」)をクリックしてメールでご連絡ください。その際、どの記事でもかまいませんから、コメントに「メールを送りました」と一報いただけると幸いです。私、メールを見る習慣がないので、黙っているといつまでもメールを放置してしまいますので、よろしくお願いします。メールを送ったことをお知らせいただいたコメントは、メール確認後、すみやかに削除させていただきますので、ご安心ください。

« 近所の声楽発表会を見てきて思った事 | トップページ | 縦に寝るのが、今の流行り? »

2013年1月11日 (金)

今更だけど、紅白とニューイヤーオペラコンサートの感想です

 今年の紅白は視聴率が良かったそうですね。めでたい事です。

 私も二十代の生意気盛りの頃は「紅白なんて、ジジイババアの見るもんだ!」とか言って、紅白歌合戦には見向きもしなかったものですが、私自身がジジイになってみると、紅白歌合戦って、なかなか面白いですよ。やっぱり紅白って、ジジイババアの見るものなのかもしれません(笑)

 紅白を見ながら年越しそばを食べるのが、ここ数年の私の年末の習慣になってます。…とは言うものの、いつもトリのスマップは見ないんだよねえ。だって、テレ東の「ジルベスターコンサート」を最初から見たいんだもの。だから、スマップの前でチャンネルを変えます。この「ジルベスターコンサート」のカウントダウンが、ここ数年の私の年越しですからね。

 今回の『威風堂々』はなかなか立派な演奏でした。あんまり上手くいったものだから、女子アナがマジ泣きしてましたね。

 それはさておき、紅白を見ていて気になった事。それは歌手の声。ポピュラー系の歌手ばかりが出演しているので、基本的に皆さん、程度の差こそあり、ノド声歌唱なんですが、その中でも、ノドを壊し、声が潰れてしまっている歌手もいれば、芸歴がうんと長いのに、未だに声が若々しく、高音も高らかな人もいます。ノドを壊してしまって、おっかなびっくりの発声で歌っていた歌手もいれば、長年のブランクを経て再活動した方は、歌うこと自体が久し振りなために、思いっきりノドを締めつけて苦しげに歌っていたり…。鍛えられた歌手の声で歌う人もいれば、話し声の延長で歌う人もいるし…、人生色々なら、歌声も色々です。

 総じて言える事は、ずっと現役で歌い続けていた人は、割と良い状態を保っている方が多いし、聞いていて聞きやすい声で歌っています。これはスポーツと同じで、毎日きちんとトレーニングしていると、年齢の割に筋肉が劣化しないからでしょうね。

 歌わなかった期間がある人は、声が劣化しているのも、スポーツと同じで、筋肉は使っていないと衰えていくからでしょう。感覚だけが全盛期のままでも、カラダは衰えているわけですから、そりゃあなかなか上手くは歌えません。

 ノドを壊したり、声がダメになっている方は…厳しい言い方ですが、それ以前から、個性的な声で歌っていたと…私は思います。個性的な声は諸刃の剣で、その人自身を強く印象づけますが、ノドへの負担も高いのだと思います。これで、あまり売れていなければ、たぶんどうにかなるのだろうと思いますが、売れっ子さんが、個性的な歌い方をしていると、ノドや声に大きなダメージとなってしまうのでしょう。

 今年の紅白には出ていませんでしたが、安室奈美恵さんが、全盛期の頃、声をダメにしかけていましたが、出産と育児のために休養を取ったら、声が回復していたという事例もあります。彼女のような癖の強い発声でも、ちゃんと取るべき休養さえ取れれば、声って回復するものなんですね。

 そんな、歌手の声を聞き比べて、紅白を楽しんでいた私です。
 
 
 ニューイヤーオペラコンサートは、今年もテレビで楽しみました。

 歌付きの『ワルキューレの騎行』とか、ランスへの旅の『14声の大コンチェルタート』とか、滅多に聞けないものも聞けたし、最近の私のマイブームになっている『メリー・ウィドウ』もハイライトで聞けたし、大好きなオテロの冒頭シーンも見れたし、イル・デーブの望月哲也氏の出演に「うぉー!」と叫んでみたり、堀内康雄氏の『クレド』にしみじみとしてみたり、いや~、満腹満腹。

 さらに今年は『ウォーリーを探せ』じゃないけれど、合唱が出てくるたびに「Y先生はどこにいる!」と妻と二人で画面の隅から隅まで、目をサラのようにして探したり(全曲で見つけられました!)、なかなか楽しいニューイヤーオペラコンサートでした。

 いやあ、引きこもっていても、お正月は楽しいものです。

蛇足  ウィーンフィルのニューイヤーズコンサートは、私と同世代のウェザーメストでした。同世代の人間がウィーンフィルを振っているのを見るのは、なんか不思議な気分ですね。ちなみに、来年のニューイヤーズコンサートはバレンボイムの再登場だそうです。それもまた楽しみですね。

↓拍手の代わりにクリックしていただけたら感謝です。
にほんブログ村 クラシックブログ 声楽へ
にほんブログ村

« 近所の声楽発表会を見てきて思った事 | トップページ | 縦に寝るのが、今の流行り? »

声楽のエッセイ」カテゴリの記事

コメント

…どなたかコメントしないかなぁ…と待っていたのですが…(; ^ ゝ^ )
ウィーンフィルニューイヤーコンサート…メスト!!ステキですよね!…ローエングリーンのあのテレビアングルは何(笑)嬉しすぎる…
wikiにありますが彼はどこぞの男爵か子爵と養子縁組しているんですね(才能見込まれてパトロンになってもらうため?)
メスト氏は登山が好きで昨年2月にはヒマラヤに行ったってモストリー・クラシック2月号インタビューにありました(オーストリア人は山好きらしいです)
50才になったかならないかくらいでウィンフィルニューイヤー振るって若い方なのでは?
それなら日本人で大野和士さんとかどうでしょう?とも思ったり…

2010年のプレートルさんもかわゆいおじいちゃまでとても好きです(指揮者としてどうか?より、ステキとか可愛いとかでしか評価できなくてどーにも…ですが?)

紅白は…子供達は喜んで見ていますが、私は殆んど見てなくて…SMAPは最近たまに聞こえてくるとハーモニーもメタメタであきらかに練習不足で、紅白のトリはなんとか聞ける感じになっていましたが…今年はクラシックの人いなかったんですね。

安室ちゃんはツアー先のカウントダウンだとか子供が言ってました。

続いてすみません…VPOの『エルンストの思い出』ではピッコロ氏に蠅叩きを渡していたのに(コンバスは象…ダンボ?…)はすごいウケちゃったんですけど…ほんとは蜂鳥みたいな感じだと思うけど、“物”で表すと蠅叩きなのネ…と、twitterを見ていたら「余計な事をやりすぎ」みたいに言ってる方もいて…でも…新年の御祝だからいいじゃない?堅い事言わないでwと思ってしまった私でした(メスト氏はシェフですよね?)
現地のTV視聴率は61%なんだそうです。

YOSHIEさん

 ウィーンフィルも良かったですよね。決してワルツが悪いとは言いませんが、ワルツが何曲か続いて、ワーグナーに変わった瞬間、私は空気の色が変わった事を感じました。ぱっと、華やいだんですよ。「ワーグナー、すげ~」って思いましたもの。どの二つが同時代の音楽だったんだ~って思うと、なおさら、ワーグナーのきらびやかさと、ウィンナーワルツのかろやかさを思い知りました。両者とも、本当にすごいです。

 メスト氏は、男の私が見ても、カッコいいです。

>それなら日本人で大野和士さんとかどうでしょう?とも思ったり…

 メスト氏はオーストリア人というアドヴァンテージを持っています。なんでも、カラヤン以来の[成功した]オーストリア人指揮者なんでしょ? そりゃあウィーンの音楽シーンの特等席が彼には待っていますって。大野さんもすごく良い指揮者だと思うけれど、彼は有色人種ですからね。白人社会では、アドヴァンテージどころかハンデキャップを背負っているわけですから、残念ながら、そうは簡単にはいかないでしょう。

 ピッコロ氏に蝿叩きを渡した理由が私には分からなかったのですが、そういう事だったんですか? うむ、だったら、ハチドリとか、さもなくても小鳥の模型(バードカービング)を渡せばよかったのに…。そういう発想はなかったのかな?

 でも、なんか面白かったから、私的にはOKですよ。あのコンサートはお祭りだし、新年のお祝いだし、目くじら立てるものじゃなく、楽しむものでしょ。それにしても、視聴率61%はすごすぎですよ。

 そうそう、今年の紅白はクラシックの人がいなかったんですね。おそらく、その代わりが由紀さおりだったのかなって思います。つまり、クラシックの代わりにジャズをやりましたって事だと思います。ま、由紀さおりがモノホンのジャズかと言われると、ウルサガタからは文句が出そうですが、でもたぶん、そういう事なんだろうと思います。来年は、オペラの人を出してほしいぞぉ。

>ワーグナーに変わった瞬間……空気の色が変わった

>>!!!そうだったんですね、何か…「わぁぁ?!なんだろう!?」って思ってて……華やかになったのかww


>ワルツが何曲か続いて

>>あの…ウィンナワルツは私もすごく好きで…素敵だけど、でもやはり聴くというよりは踊るためのものでダンスミュ-ジックというと叱られるかもだけど、エアロビのディスコナンバーとか、私はPETSHOP BOYSがすごく好きなんですけど、好きだけど、どの曲もティストが似てる…というか、やはりダンスナンバーなので、そこはそういうもんなのだろうな…って…ウィンナワルツも座して聞いてるだけだとなんかそういう感じがあるように思うんですよね。
そこへいくとオペラは目で耳で…体がに不具合があって踊れない方も楽しめる娯楽なわけで。歌舞伎なんかもそうですけど。
だからワーグナーやベルディ(スッペも)が入ったのはすごく良かったですね。
ワーグナーって独学なんですね、驚いてしまいました…


ピッコロは…ストレートに書くと、場合によっては、うるさい…五月蝿い…の〈蝿〉かな?って。

世のピッコロ吹きさん(でも大概はフルートと持ち替え?)が聞いたら気を悪くしかねないですね(汗)

>東洋人 ハンデ

>>あらためて小沢さんって偉大なんだ…と。

YOSHIEさん

 そう言えば、ウィンナワルツは確かにダンスミュージックですね。もっとも、ウィーンフィルが演奏するそれはかなり洗練されていますが、でもやっぱりダンスミュージックである事に間違いはないですね。だから、聞く側(ってか演出に)遊びが必要になってくるわけか、納得。

 ピッコロ…五月蝿い。確かにピッコロ吹きさんが眉をひそめそうだけれど、そういう感覚って分からないでもないです。ただ、私自身はフルート吹きですから、ピッコロをそういう感覚でとらえた事はないけれど、冷静になれば、甲高くて大音量な楽器ですからねえ…、それにしてもハエですか? そこは国民性とか文化の違いがあって、感覚が違うのかな?

 そうそう、ピッコロって、演奏者自身が耳栓をして演奏をするケースもあるそうですから、確かに五月蝿いって言えば、五月蝿いのかもしれないです。

 確かに、小澤征爾という方は、素晴らしい指揮者なんだと思います。彼が活躍した時代は、絶対に今よりも人種差別が強かったはずだもの。そんな時代の中で、あれだけの働きをし、実績を残したんですからね、そりゃあ、並大抵の指揮者とは違うし、本当に偉大な指揮者なんだと思います。

 そう言えば、小澤って、ウィーン国立歌劇場の音楽監督としては、メスト氏の前任者に当たるわけなんですよね。メスト氏もすごいけれど、小澤もすごいや。

何だか雪で大変な成人式で気の毒ですね。で私は…というと、またメスト様を見ていたりw(単に頭が沸いてるだけとも言う)。私はクラオタじゃなくてオケには詳しくないのですがウィンフィルニューイヤは別枠(一生現地には行けない)
2chまでチェックしたりして(爆)ウィンフィルニューイヤースレッド http://archive.2ch-ranking.net/archive_m.php?board=livenhk&time=1357361241
225:あれだ、多分ウィンナワルツばかりじゃみんな寝るから目覚ましだ…(ローエングリンの事)

ですとw確かに…

でも読んでいたらウィンフィルは二流だって(T_T)。どこがいいか?って、ロイヤルコンセルトヘボウ…オケ各付けhttp://c.2ch.net/test/-/classical/1332719783/そうなの??…ま、いいや…でも英国欄の19位にサイトウキネンオケが入ってて少しブラボゥでした。
あ、今年はお花屋さんスタッフに日本人の女性やバレエにも日本人男性ダンサーがいてなんか嬉しかったですね。それとヴァイオリンの和樹・ヘーデンボルグさんも結構映ってる?
ウィンフィルのジルベスターとニューイヤーは演奏曲目同じなんですね。知らないこと沢山(当たり前だけど)
そうそうクラオタのすとんさんがダンスやるというのは改めて順当だな…と

YOSHIEさん

 はい、雪で大変な中、お出かけして、ようやく帰って来ました(笑)。出かける前から、今日はヤバイって分かっているのにねえ(涙)。

 ところで、どこのオケが一流で、どこが二流かなんて、オケオタのネタ話としては面白いけれど、私的には、あんまり意味のない話だと思ってます。だって、それぞれ得意分野は違うし、ジャンルも違うからね。少なくとも、ウィンナーワルツをやらせたら、ウィーンフィルは、他の追随を許さないと思うけどな。

 コンセルトヘボウは確かにすごいと思うし、私、大好き。特にあそこのフルート首席のエミリー・バイノンは私にとっては女神様だもの。でも、あそこはベルリンフィルなんかと同じで、シンフォニーを中心に演奏するオケであって、オペラを中心に演奏する、ミラノ・スカラ座とか、マリインスキーとか、メトロポリタンとかと比較するのは間違っていると思うし、放送音源の録音がメインの仕事である、放送交響楽団(N響もそうだね)も、同じモノサシで比較しちゃいけないと思う。ウィーンフィルは数少ない、シンフォニーもオペラも両方やるオーケストラだから、ここはホント、孤高のオケだと思う。つまり、それぞれのオケが違うフィールドで活躍しているんだから、比較自体が無意味じゃないかなって私は思ってます。

 まあ、こういうのって、態のいい「人気ランキング」でしょ? だったら、自分が好きなオケが世界一って、思っていればいいと思います。

 ちなみに、私にとって、世界一のオーケストラは……ううむ、やっぱり、神奈川フィルかな? 地方オケで地味かもしれないけれど、なかなか良いオーケストラなんですよ、マジで。で、次点はメトロポリタンだね。 えっ? 順序が逆じゃないかって? いえいえ、私的には、世界一は神奈川フィルで、二位はメトロポリタンなんです。いいじゃない、好きな順番なんだから(笑)。

>そうそうクラオタのすとんさんがダンスやるというのは改めて順当だな…と

 かな? どちらにせよ、ウィンナーワルツは踊ってみたいと思ってますが、あれは結構、上級なダンスらしくって、なかなかそこまでレッスンがたどり着きません(薄笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近所の声楽発表会を見てきて思った事 | トップページ | 縦に寝るのが、今の流行り? »

フォト

↓参加しています

  • 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

アマゾンでどうぞ

アマゾンで検索

トラックバックについて

  • 2011年12月1日以降の記事において、トラックバックの受付を止める事にしました。それ以前の記事に関しましては、トラックバックの受付自体は継続いたしますが、承認公開制にさせていただく事にしました。また今までトップページに表示していました「最近のトラックバック」という項目の表示も止めました。よろしくお願いいたします。
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ

このブログは2007年8月14日から始めました

  • Copyright(C) 2007-2018 すとん